【5分で分かる】フリーランスエージェントとは?どんな人が使うべき?メリットやデメリットは?

転職エージェント

フリーランスにもエージェントサービスがあるのをご存知ですか?

フリーランスエージェントを利用すれば、自分に合った条件の良い仕事が見つかります。

この記事では、フリーランスエージェントの基礎知識や利用すべき人、利用上の注意点を解説します。

いい転職エージェントの選び方は別記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

ランサーズ

フリーランスの仕事探しなら、ランサーズがおすすめです。

案件数も豊富で、副業から本業まで自分の好きな稼ぎ方で好きなだけ稼げます!

ランサーズの詳細はこちら

フリーランスエージェントとは?

フリーランスエージェントとは?

フリーランスエージェントとは、フリーランスに仕事を紹介してくれるエージェント。

主な流れとしては、フリーランスのスキルや求めている職種、働き方、報酬などを聞いた上でエージェントが仕事を紹介する仕組みです。

エージェントによっては、フリーランスの働き方や税務のサポートまで行ってくれるところもあります。

フリーランスエージェントのメリット4つ

フリーランスエージェントのメリット4つ

フリーランスで活動していると、さまざまな悩みがつきもの。仕事を続けていく上で、不安や不満もあるのではないでしょうか。

フリーランスエージェントは、フリーランスの悩みを解決・軽減してくれます。

  • 仕事に週通できる
  • 案件がなくなる心配がない
  • 単価が高い
  • 福利厚生を受けられる可能性がある

仕事に集中できる

フリーランスエージェントに依頼すれば、営業や案件の獲得をエージェントが行ってくれるため、仕事の時間を割く必要がなくなります。

その分、業務に本腰を入れて取り組めるため、効率的で質の良い仕事ができるようになるでしょう。

案件がなくなる心配がない

案件がなくなる心配がない

フリーランスは、「今の契約が終わったら、次はどうなるのか……」と不安に感じる人も多いはず。

フリーランスエージェントに依頼すれば、案件の獲得はエージェントが行ってくれます。

フリーランスエージェントにはさまざまな案件があり、他のフリーランスとの競争からも逃れられ、案件獲得しやすくなるのです。

不安を感じずにフリーランスとして活動できるのは、精神的負担もなくなる大きなメリットになるでしょう。

単価が高い

フリーランスエージェントからの案件は、単価が高いものばかり。他の営業活動を行うなかで「報酬が割に合わない」と感じたことはありませんか?

しかし、生活していくなかで、報酬の低い仕事でも受けなければならないこともありますよね。

フリーランスエージェントからの仕事なら、単価の高い仕事ばかりです。どれほどの報酬を望んでいるかヒアリングして、希望条件に合う仕事を紹介してもらえます。

報酬面で不満を抱えているなら、フリーランスエージェントを利用しましょう。

福利厚生を受けられる可能性がある

福利厚生を受けられる可能性がある

フリーランスエージェントに登録すると、福利厚生を受けられる場合もあります。

フリーランスエージェントには、さまざまなサポートがあり、施設の利用や税務サポートなど、さまざまな特典があります。

エージェントによって異なりますが、通常福利厚生のないフリーランスにとっては、かなり大きいメリットになるでしょう。

少しでも仕事の負担を減らすために、福利厚生の充実度からフリーランスエージェントを選ぶのも良いですね。

フリーランスエージェントのデメリット2つ

フリーランスエージェントのデメリット2つ

フリーランスエージェントのデメリットも知っておきましょう。フリーランスに限ったことではありませんが、エージェントサービスには合う合わないがあるからです。

まずはデメリットを理解して、自分に合うかどうか考えてみましょう。主なデメリットは2つ。

  • 担当者によるサポートの差
  • 手数料がかかる

もしデメリットを強く感じるのであれば、フリーランスエージェントは向いていないかもしれません。メリットとデメリットのバランスを考えた上で、利用を検討しましょう。

担当者によるサポートの差

フリーランスエージェントに限ったことではありませんが、担当者によってサポートの差が異なる場合があります。

エージェントは数名いるので、性格の合う合わないや、対応の親身さなど、人によって異なるでしょう。

凄く親身で丁寧な方もいれば、ドライで冷たさを感じる方もいるかもしれません。どんなエージェントサービスでも、担当者による差はつきものです。

確実に満足できるわけではないという点で、デメリットとなるでしょう。

手数料がかかる

フリーランスエージェントは、手数料がかかります。

クラウドソーシングサイトでも同じですが、仕事を受注し報酬が発生したり、案件受注が確定すると、エージェントの利益となる手数料(仲介料)が発生したりするのです。

有名なフリーランスエージェントの手数料は以下の通り。

  • Midworks……10%~15%
  • PE-BANK……8%~12%

約10%前後の手数料が引かれるのは、フリーランスにとって大きいのではないでしょうか。

その分高単価な仕事を受注できますが、普段直接契約の多いフリーランスにとっては、デメリットといえます。

フリーランスエージェントを利用する上での注意点2つ

フリーランスエージェントを利用する上での注意点2つ

フリーランスエージェントを利用する上で、いくつか注意しておくべきことがあります。

基本的に、「フリーランスの仕事であれば、どんな職種でも可能」というものではないと、理解しておきましょう。

主な注意点は2つです。

  • 常駐型の案件がメイン
  • エージェントにより職種の偏りがある

なかには、「自分の職種の案件がない」「希望の案件がない」ということもあります。

注意点を理解した上で、自分が使えるかどうか、どのフリーランスエージェントを利用するべきか、判断してください。

常駐型の案件がメイン

フリーランスエージェントで紹介している案件の多くは、常駐型がメインです。
在宅やリモートの案件は少ない傾向にあります。

フリーランスの働き方は、大きく「在宅」か「常駐」2つに分けられるでしょう。

  • プログラミング・エンジニア:常駐型が多い
  • ライター・デザイナー:在宅が多い

そのため、在宅リモートや副業のように隙間時間で働きたい方は、向いていない場合があります。
リモート案件を多くしているフリーランスエージェントもあるので、登録前に確認しておきましょう。

エージェントにより職種の偏りがある

フリーランスエージェントを利用する際は、事前にどんな仕事があるのか確認しておきましょう。

利用するサービスによって、職種の偏りがあるためです。

  • MIdworks:エンジニア案件が豊富
  • PMO NAVI:コンサルタント案件がメイン
  • クラウドテック:IT系に幅広い

このように、エージェントによって案件の種類が異なります。

誤って自分の職種に合わないエージェントに登録すると、効率的に案件を獲得することができません。

どんな仕事が多いのか、必ず確認しておきましょう。

フリーランスエージェントはこんな人におすすめ

フリーランスエージェントはこんな人におすすめ

フリーランスエージェントを利用するべき人はどんな人か解説します。

前提として、今の働き方や案件で満足している方は、フリーランスエージェントを利用する必要はないでしょう。

フリーランスエージェントがおすすめなのは、現状に不満や不安を抱えているフリーランスの方です。

  • 営業が苦手
  • 営業の時間を割けない
  • 単価を上げたい
  • 相談できる相手が欲しい
  • フリーランスの働き方に不安がある

営業が苦手

営業が苦手な方には、フリーランスエージェントを強くおすすめします。

どれだけのスキルを持っていても、営業が苦手だと、良い案件を獲得できません。

  • どのように自分をアピールして良いのかわからない
  • 営業の文面がまとまらない
  • どこに営業して良いのかわからない
  • 仕事が決まらないことがある

このような悩みを抱えているなら、確実にフリーランスエージェントを利用した方が良いです。あなたのスキルや魅力を汲んだ上で、フリーランスエージェントが仕事を紹介してくれます。

営業の時間が割けない

営業の時間が割けない

仕事が忙しいときは、なかなか営業の時間がとれないでしょう。

しかし、フリーランスは常に営業をしなければいけないため、本業の時間や睡眠時間を削って営業をしなければいけません。

そんなときに、フリーランスエージェントに登録しておけば、営業に時間を割く必要がなくなります。

営業の時間が割けない方は、フリーランスエージェントに登録した方が効率的です。

単価を上げたい

現在の単価に満足していない、または単価を上げたいと考えているなら、フリーランスエージェントがおすすめです。

フリーランスエージェントで扱っている案件は、基本的に報酬の高い仕事ばかり。

求人サイトでは見つからないような、高額案件も見つかるでしょう。

また、求人サイトで高額案件を見つけても、競争率が激しく、案件を獲得できない場合も。

フリーランスエージェントなら、他には出していない非公開求人もあるので、獲得率が高くなるのです。

相談できる相手が欲しい

相談できる相手が欲しい

フリーランスは、企業勤めと比べれば、孤独な働き方です。

仕事につまずいたときや将来が不安になったとき、すぐに相談できる相手がいません。

フリーランスエージェントは、ただ仕事の紹介をするだけではなく、フリーランスの相談を聞いてくれます。

「仕事の悩みや相談を聞いてほしい」「今後どうしていけば良いのか不安」と考えているなら、エージェントに相談してみましょう。

フリーランスの働き方に不安がある

フリーランスは、不安の多い働き方といえます。

税務処理は自分、賠償責任などもなければ、健康診断などもありません。

サポートの手厚いフリーランスエージェントならば、賠償責任から健康診断、税務処理までサポートしてくれる場合があります。

「安心して今後も働いていきたい」と考えているなら、確実にフリーランスエージェントを利用した方が良いです。

案件の獲得は「ランサーズ」と同時活用がおすすめ

ランサーズ

基本的に多くのフリーランスは、いくつかの求人サイトを同時進行で利用しています。

同時に利用することで、仕事がなくなるリスクを減らせるためです。

安定した仕事の獲得方法として、フリーランスエージェントがありますが、同時にクラウドソーシングサイトの「ランサーズ」も登録しておくと良いでしょう。

ランサーズは、幅広い案件があり、職種の偏りがありません。

副業やリモートワークの案件もあるので、ランサーズに向いている職種の方もいるでしょう。

常に仕事を獲得し続けるために、ランサーズも活用すると効果的です。

ランサーズの詳細はこちら

フリーランスの味方となるフリーランスエージェント

フリーランスの味方となるフリーランスエージェント

フリーランスエージェントは、フリーランスの強い味方になるでしょう。

案件の獲得はもちろん、サポートが充実しているため、フリーランスの悩みを解決してくれます。

  • 案件が獲得できない
  • 少しでも営業負担を減らしたい

など、少しでも現状に不満を感じているなら、フリーランスエージェントがおすすめです。

フリーランスエージェントを活用して、より働きやすい環境を作りながら、収入をあげていきましょう。

フリーランスの仕事探しなら、ランサーズがおすすめです。

案件数も豊富で、副業から本業まで自分の好きな稼ぎ方で好きなだけ稼げます!

ランサーズの詳細はこちら