転職に成功したけど辞めたい。転職してすぐに辞めるっていいの?

転職ノウハウ

つらい転職活動を終えて内定をもらった時、大きな喜びを感じますよね。履歴書や職務経歴書を何度もブラッシュアップし、何度も面接をしてやっと得た内定。

ほとんどのケースでは、転職活動に成功すると、 長くその会社に勤めることが一般的でしょう。しかし、転職をしても辞めたいと思う方は一定数います。

なぜ、せっかく希望したところに転職することができるのに辞めたいと思う方が一定数いるのでしょうか?そこで今回は転職をしたけど辞めたいをテーマに説明をします。

また、転職をして辞めたくなった場合、すぐに辞めたほうが良いケース・辞めない方が良いケースについて知りたい方も多いでしょう。

今回の記事では、転職をしたけどすぐに辞めたくなるケースやすぐにやめたほうが良いケース・辞めないほうが良いケースについてわかりやすく説明をします。

転職を検討している方にとって転職が決まっても辞めたいと思う実態について知ることは大きな役に立つと思いますのでぜひ参考にしてくださいね。

転職してすぐに辞めたほうが良い場合

転職 辞めたほうが良い

まずは転職に成功したもののすぐに辞めたほうが良いケースについて説明をします。

転職してすぐに辞めたほうが良い主なケースは2つです。

  • ブラック企業
  • 想像していた業務環境とかけ離れている環境

転職してすぐに辞めたほうが良いケースについてわかりやすく説明しますね。

ブラック企業

不幸なことにもし転職した先がブラック企業の場合、すぐに転職するようにしましょう。転職エージェントを付けている場合、よほどのことがない限りブラック企業に転職することはないと思います。

しかし、転職エージェントを使わず独力で転職活動を行った場合や転職エージェントを利用しても転職エージェントが該当企業をブラック企業であると認識していない可能性もあります。

もし転職先がブラック企業であると判明した際は、すぐに辞めるようにしましょう。ブラック企業に在籍していていいことは一切ありません。心身が消耗する前にすぐに辞めるにしましょう。

想像していた環境とかけ離れている環境

転職した職場が想像していた環境とかけ離れている場合も躊躇なく辞めるようにしましょう。たとえば執務環境や労働環境が劣悪だったり入社前に開いていた条件と違う場合などはすぐに辞めるのがベターです。

根本的な条件や環境はすぐに改善されるものではありません。特に当初聞いていた条件と異なる場合は迷うことなく辞めるようにしましょう。

このようにせっかく転職に成功した場合でもすぐに辞めたほうがベターなケースはあります。

どうしても転職に成功した場合、すぐに辞める決断は付きにくいものだとは思いますが上記のケースに当てはまる場合は問答無用で辞めるようにしましょうね。

すぐに辞める前に考えるべき4つのこと!

転職 辞める 考える

今までのところで転職に成功してもすぐに辞めるべき例について説明をしました。もちろん上記ケースのようにすぐに辞める方が良いこともありますが、すぐに辞めるべきではないケースも、もちろんあります。

この章では、転職先の会社が嫌でもすぐに辞める前に考えるべき代表的な項目は、4つありますのでぜひ参考にしてくださいね。

  1. 一時的な感情で辞めたいと思っていないか
  2. 環境が変わり負荷が増えたことによって辞めたいと思っていないか
  3. 業務環境が変わったことが負担になり辞めたいと思っていないか
  4. 人間関係に疲れて辞めたいと思っていないか

わかりやすく説明しますので、しっかり読んでいただけると幸いです。

一時的な感情で辞めたいと思っていないか

転職先を辞めたいと思うのは、一時的な感情かどうかしっかり確認するようにしましょう。職場が変わると誰しも気を使うことが多くなり一時的に楽になるために辞めてしまいたいと思うものです。

しかし、職場に慣れるにしたがって辞めたい気持ちは収まってくるものですので単純に一時的に辞めたいと思うだけであればよく考えるようにしましょう。

一時の感情で辞めてしまうことは後々大きな後悔をすることに必ずなります。 最悪の場合、人生最大の後悔になってしまう可能性もありますのでくれぐれも一時的な感情で辞めることだけはやめましょう。

環境が変わり負荷が増えたことによって辞めたいと思っていないか

人間だれしも環境が変わると大きな負荷がかかるものです。慣れ親しんだ職場であればリラックスする時間を作ることもできますが、転職直後の会社でリラックスする時間を作ることはまず難しいです。

リラックスする時間を作るどころか、転職直後は、業務時間中ずっと緊張状態になってしまいやすいです。緊張状態が続くとどうしても人間楽な方向に考える生き物なので転職先を辞めることが頭に浮かぶでしょう。

しかし、このような状態で下す決断に正しいものはまずありません。数日たつと慣れてくると思いますので、最初の数日は大変だとは思いますが将来のことを考えて我慢するようにしましょう。

業務環境が変わったことが負担になり辞めたいと思っていないか

職場の環境だけでなく、業務環境が変わっても人間、大きなストレスを感じることになります。

人間関係などの職場環境だけでなく、仮に転職前の会社と同じ業務を行うことになっても業務の進め方は会社によって異なることが一般的です。

大きな違いはもちろんですが些細な違いであっても確実にストレスは溜まっていきます。

同じ業務内容でも大きなストレスを感じるのですからもし業務内容が違う会社に転職をした時のストレスが相当なものになるでしょう。

しかし、この問題もある程度時間が経ち、業務環境に慣れてくれば解決することができる問題です。業務環境の変化によるストレスだけですぐに辞めることは避けましょう。

人間関係に疲れて辞めたいと思っていないか

転職 人間関係

ストレスなく気持ちよく働くためには人間関係が良好なことは非常に重要です。いくら自分の希望している業務を行うことができても人間関係が悪い中、働くことは大きなストレスになるでしょう。

特に転職したばかりの場合、人間関係はゼロに近い状態ですので、周りが冷たく思うこともあるでしょう。しかし人間関係については悩んでもうまくいくものではないですし、職場に合わない人はいるものです。

いい関係を無理やり築こうとしても精神が目減りするだけなので無理しないようにしましょう。

転職して短期間で仕事を辞めるメリット・デメリットとは

転職 辞める メリット デメリット

転職して短期間で仕事を辞めることにはメリットもありますしデメリットもあります。転職して短期間で仕事を辞める代表的なメリット、デメリットについて1つずつ紹介しますね

メリットは、試用期間などで社会保険や厚生年金に加入していない場合、 転職した事実が残らないことです。試用期間が終わり、社会保険や厚生年金に介入すると確実に履歴が残りますので転職した事実はしっかり残ることになります。

しかし、試用期間中に辞めてしまえば、社会保険や厚生年金など公的な記録には残らない事は短期間で仕事を辞めるメリットといえるでしょう。

デメリットは、短期間で辞めると忍耐力などに問題があるのではないかと思われる可能性が高いことです。石の上にも3年という言葉がありますが、経験や技術を積むにはある程度の期間が必要です。あまりにも早く辞めてしまうと何の経験もせず辞めてしまうことになり、忍耐力がないと判断されてしまう可能性がある事はデメリットでしょう。

後悔しない転職を行うために必要なことは3つ!

転職 後悔しない

せっかく転職活動をするのであれば長くその会社にいたいと思いますよね?では後悔しない転職を行うために必要な事は一体何なのでしょうか?

後悔しない転職を行うために必要な事はたくさんありますが代表的なものは3つに集約されます。

  • 業務内容についてしっかり確認する
  • この人と働いてみたいと思える人がいるかどうか
  • 報酬面など聞きづらいこともエージェントを通すなどしてしっかり確認するようにする

後悔しない転職を行うために必要なことについてわかりやすく説明をしますね。

業務内容についてしっかり確認する

何よりも転職を希望する会社の業務内容についてはしっかり確認するようにしましょう。転職サイトの求人情報だけではわからないところもたくさんありますので、実際の面接等の時に確認するのが良いです。

しかし、面接の場合、合格したい気持ちが強くなるものですので聞きづらい事はなかなか聞けない傾向にあります。もし自分で聞きづらい場合は、転職エージェントに相談するようにしましょうね。

この人と働いてみたいと思える人がいるかどうか

企業はなんだかんだ人で成り立っています。いくら業務内容が素晴らしくてもの人と働いてみたいと思える人がいなければ長く続けていく事は難しいでしょう。

面接官でもいいですし会社全体の雰囲気を見ることができれば実際に働いている人をよく見るようにするのが良いです。

もし可能であれば転職エージェントを通して現役の社員の方と面談するのも1つの方法になります。この人と働いてみたいと思う会社に転職することができれば長くその会社で仕事を続けることができるでしょう。

報酬面など聞きづらいこともエージェントを通すなどしてしっかり確認するようにする

若いうちは、給料等の報酬面についてあまりこだわらない方郡も多いですが、年齢を重ねるにつれ家庭を持つようになると報酬面は非常に重要になります。

報酬面などの条件面はなかなか面接官には聞きづらいと思いますので転職エージェントを通してしっかり確認するようにしてくださいね。

まとめ

転職 まとめ

今回は、転職に成功したけど辞めたいと言うケースについて詳しく説明をしました。せっかく転職に成功したのに、自分の持っていた会社でないという事は非常に悲しいことです。

もちろん、短期で辞める事は悪いことだけではありませんが長く同じ会社で仕事を続けられることに越した事はないでしょう。

今回の記事を参考に、ぜひ転職活動を成功させていただければ幸いです。