【2021年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介

【2021年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介 転職サイト

社会人生活にようやく慣れてきた27歳。「自分の年収は、周りと比べて低いの?それとも普通?」「周りより生活レベルが低いかも…何とか年収を上げられないかな…」など、年収について考える機会が増えたのではないでしょうか?

 

本記事では、27歳の平均年収について27歳全体と男女別に詳しく解説します。今さら人に聞けない「額面と手取りの違い」も、本記事を読めばしっかり理解できるでしょう。

 

平均年収に届いていなくても大丈夫、27歳ならまだまだ軌道修正できます。記事の後半で、年収を上げる3つの方法も併せて解説するので「いつの間にか周りと差がついちゃった…」と思う人は是非最後までご覧ください。

 

※ なお、『いますぐ転職したい』という方は、「パソナキャリア」がおすすめ!

 

パソナキャリアなら、高収入の職場に転職が可能。オリコンによる顧客満足度調査で3年連続1位を獲得した実績もあるため、初めての方でも安心です。スマホから3分でカンタンに申込が出来て、無料で専属の転職エージェントがつきます。あなたも高収入の仕事に就けるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐリクルートエージェントに登録する

年収アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|他社を圧倒する求人数
  2. マイナビエージェント|安心のキャリアアドバイザーのサポート
  3. doda(デューダ)エージェント|年収査定機能で市場価値をチェック

 

「【最新2021年】おすすめ転職サイト13選!年代・性別ごとに登録すべき転職サイトを徹底解説!」では、自分で積極的に転職先を探して年収を上げる方法を解説しています。当記事と併せて読むと良いでしょう。

 

27歳の平均年収はどれくらい?中央値や男女別の年収まで解説!

27歳の平均年収はどれくらい?中央値や男女別の年収まで解説!

平均年収は「平均値」と「中央値」の2種類で算出できます。平均値は、対象データをすべて足し、データの個数で割った値。中央値は、対象データを値の大きい順に並べた時に中央に位置する値のことです。

 

つまり平均値は、一部の高所得者や低所得者のデータによって、平均年収の値が引き上げられたり引き下げられたりと影響を受けます。一方中央値は、順位が真ん中の平均年収を表すだけなので、特定のデータから影響を受けません。より現実的な真ん中の値が知りたい場合は中央値を参考にしましょう。

 

ここでは、27歳全体の平均年収の他に、男女別の平均年収も詳しく解説します。平均値と中央値をそれぞれ算出しているので、自分の年収と比較してみてくださいね!

 

27歳全体の年収はどれくらい?平均と中央値に分けて解説

27歳全体の平均年収は平均値で382万円、中央値で350万円です。同じ27歳でも業種や職種によって年収に大きなバラつきが出ています。平均年収の中央値が最も高い業界は金融業界で、その平均年収は372万円。

 

反対に平均年収の中央値が最も低い業界は小売/外食産業で、平均年収は308万円となっており、トップの金融業界と64万円もの差がついています。現在中央値の350万円より年収が低い人は、年収を上げるための努力をしないと、トップの群とどんどん差が開いてしまうでしょう。

 

27歳男性の平均年収、中央値は?407万円以下は負け組かも…!

27歳男性の平均年収は平均値で407万円、中央値で360万円です。平均値が400万円を超えました。27歳男性はマネージャーなど管理職に就く人がちらほらと出てくるので、平均値が400万円を超えたと考えられます。

 

現在中央値の360万円より年収が低い人は、プレイヤーから管理職に回ることを視野に入れましょう。管理職に就くと、基本給やボーナス支給額の上昇のみならず、管理職手当も支給されます。専門性のある職業でない限り、プレイヤーで居続けると中々年収が上がらず、平均値407万円に届くのは夢のまた夢です。気づけば負け組の一員になっているかもしれません…。

 

27歳女性の平均年収、中央値は?男性より57万円も低い結果に…

27歳女性の平均年収、中央値は?男性より57万円も低い結果に…

27歳女性の平均年収は平均値で350万円、中央値で320万円です。平均値は、男性の407万円より57万円も低い結果になっています。結婚を機に会社を辞める女性が多かった昔の名残で、今でも「女性は定年まで働かないだろうから出世する必要がない」と考える企業が多いのが現状です。

 

とはいえ、最近は男女の収入差が縮まりつつあります。新しく設立されたベンチャー企業などは、年功序列ではなく成果主義を取り入れている所も多いです。女性でも能力次第では男性と同等またはそれ以上に稼ぐことができるでしょう。

 

「頑張ってるのに中々年収が上がらない…」と感じている人は、あなたのパフォーマンスを正当に評価してくれる環境に移るのも1つの手です。

 

27歳の平均年収、手取り額はどれくらい?手取りは意外と少ないので注意

27歳の平均年収、手取り額はどれくらい?手取りは意外と少ないので注意

ここまでは額面の年収で解説してきましたが、自分が受け取れる手取り額は額面年収より大幅に減ります。額面の年収で生活設計すると「あれ…お金が全然足りない…」という事態に陥る可能性があるので注意が必要です。

 

ここでは、よくある手取りに関する以下3つの疑問について解説します。

 

  • 額面と手取りの違い
  • 実際手元にどれくらいお金が入ってくるのか
  • 手取りが少なくなる理由

 

1つずつ詳しく解説するので「そもそも額面と手取りの違いが分からない…」「手取りが少なくなるのは何で?」と手取りに関する疑問がある人はここでしっかり理解しましょう。

 

額面より手取りが少なくなる理由は?各種控除で手取りはかなり減る

額面は会社があなたに支払う金額の合計です。基本給の他に通勤手当や時間外手当などで構成されています。一方手取りは、額面から所得税や健康保険料などの各種税金等を差し引いたあなたが実際に受け取れる金額です。この各種税金控除が、手取りが少なくなる理由なのですね。

 

所得税や健康保険料の他に、住民税・雇用保険・厚生年金保険料なども額面から引かれます。また、各種税金の控除額は一定ではなく、変動するので注意が必要です。例えば、所得が大きくなれば引かれる所得税率も大きくなります。

 

27歳平均年収の手取りは?約286万ほどが平均に

27歳全体の平均年収の手取りは286.5万円です。手取りは額面の75~85%といわれているので、おおよその手取り額は額面の年収×0.75~0.85で簡単に算出できます。27歳全体の手取り額は、平均年収382万円×0.75%=約286.5万円ですね。手取りに換算すると、300万円にすら届きません。

 

額面年収が382万円で、手取りが286.5万円なので、税金だけで約100万円が持っていかれていることになります。平均年収では、良い生活ができないことが分かるでしょう。平均またはそれ以下の年収の人は、若い今のうちに年収を上げるための行動を起こしてください。

 

平均額を稼ぐためには、具体的に月収でどのくらいの給与が必要になるか知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。>>【3分解説】手取り25万円欲しければ額面はいくら必要?額面からの計算方法を簡単解説

 

27歳平均年収の生活レベルは?平均以下、平均以上と比較

27歳平均年収の生活レベルは?平均以下、平均以上と比較

平均年収の額面382万円を手取り換算すると286.5万円で、額面と手取りに乖離があることが分かりました。手取り286.5万円を12ヶ月で割ると、ひと月に使えるお金は23.8万円。

 

結論、平均年収では優雅な暮らしはできません。しかし平均年収より100万円ほど給与が増えると、一気に生活レベルが上がります。以下で、平均年収の生活レベルを平均以上・平均以下の年収と比較するので、ぜひ将来設計をする参考にしてみてくださいね。

 

現在平均年収に届いていない人も、平均年収に到達すれば大分楽な生活を送ることができます!ここで平均年収以上の生活レベルを覗いて、「いいな…うらやましいな…」と思ったら、年収アップにつながる行動をすぐに起こしましょう。

 

27歳平均年収の生活レベルは?平均でも都会に住むと金欠に

27歳平均年収382万円の手取りは286.5万円で、ひと月に使えるお金は23.8万円です。

 

  • 家賃8万円
  • 食費4万円
  • 水道光熱費1万円
  • 通信費1万円
  • 雑費1万円
  • 交通費1万円
  • 交際費3万円
  • 合計:19万円

 

一般的な支出を引くだけで、手元に残るお金はあっという間に約5万円になりました。

 

他にも、車やバイクを持っている人は維持費・駐車場代。ローンや奨学金の返済がある人もいるでしょう。平均年収では将来のために貯金をするのは難しいです。地方であればギリギリ生活できますが、都会であれば我慢を強いられる生活になるでしょう。平均年収を稼いでいても、とても勝ち組とはいえません…。

 

27歳年収430万円の生活レベルは?可処分所得が増えて生活に余裕がでる

平均より50万円年収が多い、年収430万円の場合はどうでしょうか。27歳年収430万円の手取りは322万円で、ひと月に使えるお金は26.8万円です。手取りが25万円を超えました。

 

  • 家賃8万円
  • 食費4万円
  • 水道光熱費1万円
  • 通信費1万円
  • 雑費1万円
  • 交通費1万円
  • 交際費3万円
  • 合計:19万円

 

一般的な支出を引いても、手元には約8万円が残ります。他の固定費や奨学金の返済があったとしても、手元にある程度のお金が残るでしょう。貯金に回すもよし、趣味にお金をかけるもよし、家賃をあげて良い部屋に住むのもよしです。

 

年収が430万円、月の手取りが25万円を超えると、一般的な生活においては我慢を強いられることが殆どありません。年収がたった50万円増えるだけでも、生活の質が向上することが分かりますね。

 

27歳年収330万円の生活レベルは?地方在住でも少し苦しいかも…

27歳年収330万円の生活レベルは?地方在住でも少し苦しいかも…

27歳年収330万円の手取りは247.5万円で、ひと月に使えるお金は20.6万円です。

 

  • 家賃8万円
  • 食費4万円
  • 水道光熱費1万円
  • 通信費1万円
  • 雑費1万円
  • 交通費1万円
  • 交際費3万円
  • 合計:19万円

 

一般的な支出を引くと、残りはたったの約1.5万円。他に固定費や返済があれば、すぐ赤字になります。そのため、固定費を削らなければなりません。

 

例えば、家賃の目安は手取りの3分の1なので、家賃を6万円以下に抑えるなどの対策が必要です。都心に近づけば近づくほど家賃は上がります。都心から離れた交通の便が悪い地域に住まなければならないなど、生活においてかなりの我慢を強いられるでしょう。

 

地方在住でも余裕はありません。毎月の生活で手一杯なので、貯金ができず将来に不安を抱える人も多いようです。

 

年収アップを目指すには?27歳で年収アップを目指す方法を3つ紹介!

年収アップを目指すには?27歳で年収アップを目指す方法を3つ紹介!

27歳の平均年収では、生活レベルは高くないと知って愕然としたことでしょう。生活レベルを上げるには、年収を上げるしか方法はありません。27歳ならまだ間に合います。まだまだ若いので、年収を上げるために様々なことに取り組む余裕があるはずです。

 

27歳ができる主な年収アップ術は以下の3点です。

 

  1. 現職で成果を出して昇進する
  2. 副業でトータルの収入を増やす
  3. 転職してキャリアアップを目指す

 

1つずつ解説するので、自分に合う年収アップ術を見つけて、今日から行動を起こしましょう!今行動を起こした人だけが、将来の幸せを掴み取ることができます!

 

27歳の年収アップ術①:現職で成果を出して昇進する

環境を変えずに取り組める年収アップ術が、現職での昇進です。27歳は職場で戦力として重宝される年齢。スキルを磨けば昇進して昇給が見込めるでしょう。ただし、それはあなたの会社が成果主義の場合のみです。

 

年功序列制が強い会社であれば、どれだけスキルを磨いても、あなたの順番が来るまでは昇進できません。また、昇進基準など会社に依存する要素が多いため、年収アップの確実性は低いといえます。

 

27歳の年収アップ術②:副業でトータルの収入を増やす

隙間時間を利用して取り組める年収アップ術が、副業です。近年、政府が副業を促進している背景もあり、副業を始める人が増えています。転売・WEBライティング・動画編集・プログラミングなど様々な種類の副業がありますが、中でも強くオススメするのがプログラミング。

 

プログラミングは一度勉強して知識をつければ、ITエンジニアに転職するなどキャリアの幅が広がります。専門色が強いので食いっぱぐれることもほとんどありません。現職で年収の天井が見えているなら、副業としてプログラミングの経験を積み、業界年収トップ3のIT業界に転職するのも良いでしょう。

 

27歳の年収アップ術③:転職してキャリアアップする

27歳の年収アップ術③:転職してキャリアアップする

現職での昇進の見込みが低い場合や、給料の天井が見えている場合は、転職がオススメです。27歳ならまだまだ若いので、多くの会社があなたを受け入れてくれるでしょう。今までの経験を活かして同じ業界に転職するのもよし、業界年収が高い業界に新たに飛び込むのもよしです。

 

転職活動に取り組むのであれば、転職エージェントを利用しましょう。なぜなら、エージェントが企業に対して年収交渉をしてくれるからです。プロが転職と年収アップのサポートをしてくれるので、現職で昇給を目指すより、いち早く目標年収に到達できるでしょう!

 

27歳は転職に適している?20代後半の転職が成功しやすい3つの理由

27歳は転職に適している?20代後半の転職が成功しやすい3つの理由

「転職したいけど、年齢的に遅くないかな…」と不安を抱いている人もいると思います。結論としては、27歳は転職に適した年齢です。なぜなら、企業が欲している中途採用者の条件に27歳が当てはまっているからです。20代後半の転職が成功しやすい理由は主に3つあります。

 

  1. 企業がポテンシャルをみてくれる
  2. 前職の文化に染まりきっていない
  3. ある程度の経験・スキルが期待できる

 

1つずつ詳しく解説するので、20代後半の転職で求められることの理解に役立ててください。27歳は転職市場で非常に価値が高いので、自信を持って転職活動に臨めるでしょう!

 

転職が成功しやすい理由①:企業がポテンシャルをみてくれる

同じ中途採用でも30代になると即戦力を期待されますが、20代であればポテンシャル採用が通用します。ポテンシャル採用とは、経験やスキルを重視するのではなく「人柄」や「素養」など今後開花するだろう潜在能力(ポテンシャル)を重視した採用のことです。

 

企業はあなたを教育する前提で採用するので、未経験の業種・職種にも転職しやすいでしょう。ポテンシャル採用は20代の特権です。27歳だと、30歳まで3年を切っています。手遅れになる前に行動を起こしましょう!

 

転職が成功しやすい理由②:前職の文化に染まりきっていない

前職の文化に染まりきっていないことは、20代後半の強みです。企業はあなたがその企業に馴染めるかどうかを重要視します。30代以上になると、前職の文化が染みついている場合が多いです。そのため、新しい環境に順応するのが難しいと判断され採用されにくくなります。

 

一方20代は前職の文化に染まっていないのはもちろん、社会人経験も浅いので謙虚で素直な態度を持ち合わせている場合が多く扱いやすいです。スポンジのように教えを吸収する20代は、様々な企業から重宝されるでしょう。

 

転職が成功しやすい理由③:ある程度の経験・スキルが期待できる

転職が成功しやすい理由③:ある程度の経験・スキルが期待できる

20代後半の転職では、仕事の経験やスキルは重視されませんが、社会人としてのマナーや常識は求められます。なぜなら、企業はそれらを教育するコストをかけたくないからです。社会人のマナーや常識を教育するのであれば新卒を選びます。

 

「未経験の業界に転職するから、アピールできる経験やスキルがない…」と不安な人は、社会人の常識・マナーが備わっていることを、面接で積極的にアピールしましょう。入社後、スムーズに実務に入れると判断されれば採用されやすくなります。

 

今すぐ転職活動に取り組みたいという方は、以下のランキングから転職エージェントに登録するのが良いでしょう。今この瞬間にも、あなたにぴったりの求人が掲載されているかもしれませんよ。

年収アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|他社を圧倒する求人数
  2. マイナビエージェント|安心のキャリアアドバイザーのサポート
  3. doda(デューダ)エージェント|年収査定機能で市場価値をチェック

あなたは転職するべき?転職するべき人、しないほうがいい人を分類

あなたは転職するべき?転職するべき人、しないほうがいい人を分類

27歳は転職に適していることが分かりました。しかし、実は転職しない方がいい人もいます。

例えば、転職をすでに1回以上経験している人はすぐに転職するべきではないでしょう。なぜなら短期間に転職を繰り返すと、「またすぐ辞めるのではないか…」と企業側に判断され、採用されにくいからです。その場合は、数年辛抱し、現職で結果を出してステップアップする形で転職すると良いでしょう。

 

上記は1例です。以下で転職しない方がいい人と、転職すべき人の特徴をそれぞれ解説するので、自分がどちらに当てはまっているか確認してみてくださいね。

 

今現在転職しない方がいい人の特徴に当てはまったとしても、生涯転職するべきではないということではありません。状況が変われば転職すべき人側になり得ますよ!

 

現職で頑張りましょう!27歳で転職しないほうがいい人の特徴

転職をすでに1回以上経験してる人の他に、転職後に何がしたいかが不明瞭な人も転職するべきではありません。「年収を上げたいからとりあえず大手企業に入りたい」などと考える人が、これに当てはまります。

 

仮に運よく転職できたとしても、「こんなハズじゃなかった…年収は上がったけど職場環境は転職前の方が良かった…」と後悔する可能性が。転職を視野に入れるなら、日頃から「転職後に何をしたいか」について考えましょう!

 

転職して年収を上げたいけれど、転職後にやりたい仕事が明確ではない場合は、転職エージェントなどプロに相談するのも一つの手ですね。

 

年収アップの可能性大?27歳で転職すべき人の特徴

転職後に何がしたいかが明瞭な人や、会社から正当な評価をされていないと感じる人は今すぐ転職することをオススメします。20代後半はポテンシャル採用が通用するので、未経験の職種・業種であっても採用されやすいです。未経験の業界に挑戦したい人は、20代の今がラストチャンスだと思って積極的に転職しましょう!

 

また、現職で成果を挙げているにも関わらず、年功序列のため中々年収が上がらないという人も今すぐ転職しましょう!転職エージェントに登録すれば成果主義の企業が見つかるのはもちろん、プロの担当アドバイザーが企業担当に年収交渉をしてくれます。

 

他にも転職活動におけるヒントを探す方法はあります。より満足のいく転職先を見つけたいと考えている方にはこちらの記事がおすすめです。>>【社会人向け】転職活動中に読むべき本おすすめ7選!転職成功に導く良書を紹介!

 

27歳で転職するなら?転職エージェントを活用するのがおすすめ!

27歳で転職するなら?転職エージェントを活用するのがおすすめ!

27歳で転職するなら、転職エージェントの利用をオススメします。転職エージェントは各企業への応募・面接日程調整や入社日の調整などを代行してくれるので、在職中に転職活動する人には強力な味方になってくれるでしょう。

 

他にも、年収を上げたい旨を伝えれば年収アップが見込める求人を紹介してくれたり、直接企業に年収交渉をしてくれたりします。

 

転職活動を今すぐにしない人であっても、オファーやスカウトがくる求人のレベルで簡単に自分の市場価値を測れます。このように、様々なメリットがある転職エージェント。登録して損はないので、ぜひ利用してみてくださいね!

 

【20代後半必見】27歳におすすめの転職エージェントTOP3

【20代後半必見】27歳におすすめの転職エージェントTOP3

転職活動を効率的に進めたいなら、転職エージェントを利用すると良いことが分かりましたね。しかし、多種多様なエージェントが存在しているので、どのエージェントに登録したらいいか分からないと悩む人もいると思います。ここでは、27歳の転職に適した3つのエージェントを紹介します。

 

 

それぞれに強みがあるので、1つずつ特徴を解説します。転職活動を始める人はもちろん、自分の市場価値を測りたいという人も早速登録してみてください!

 

おすすめ転職エージェント①:リクルートエージェント

おすすめ転職エージェント①:リクルートエージェント

引用元:リクルートエージェント

国内最大級の求人数を誇るリクルートエージェント。一般公開されている求人のほか、非公開求人も約14万件ほど取り扱っています。転職サイトで「公開求人を見ているけどピンと来ない…」と感じている人は、是非リクルートエージェントに登録してください。

 

プロのアドバイザーがあなたの経歴を元に適性を判断し、「この人は企業に推薦できる」と判断すれば非公開求人を紹介してくれるでしょう。リクルートエージェントを利用して転職した人の60%が年収アップを実現したというデータもあるので信頼できます。普段からキャリアの棚卸を行い、アドバイザーに自分のアピールポイントを伝えられるようにしておくことが重要です。

リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント②:マイナビエージェント

おすすめ転職エージェント②:マイナビエージェント

引用元:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、誰もが知る大手企業の求人だけでなく、成長著しい今注目の中小企業の求人も多数取り扱っています。自分で優良中小企業を見つけるのは難しいですが、マイナビエージェントに登録すれば、プロが薦める隠れた狙い目の企業に簡単に出会えます。

 

また、マイナビエージェントでは年収30%増を実現した利用者もいます。リクルートエージェントなどの最大手転職エージェントと比べると利用者が少ないのも特徴の1つ。その分、職務経歴書の添削や面接対策など、サポートがより手厚く丁寧だと人気です。

マイナビエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント③:doda(デューダ)エージェント

おすすめ転職エージェント③:doda(デューダ)エージェント

引用元:doda(デューダ)エージェント

リクルートエージェントに次いで、取り扱い求人数が多いdodaエージェントサービス。約10万件の求人を取り扱っていますIT・金融・モノづくりなど、それぞれの業界に精通したアドバイザーがいるので、業界に特化した専門的なカウンセリングを受けられるでしょう。

 

また、dodaエージェントサービスに登録すると、3分でできる年収査定を受けられます。あなたのプロフィールと職務経歴を入力するだけで、適正年収を一発査定!doda会員186万人の膨大なデータを元に査定するので、査定の信頼度も高いです。転職希望者だけでなく、自分の市場価値を簡単に調べたい人も、dodaに登録して早速診断してみましょう!

dodaエージェントに今すぐ登録する

 

まとめ:年収500万は負け組かも。勝ち組を目指すなら転職エージェントを活用しよう

まとめ:年収500万は負け組かも。勝ち組を目指すなら転職エージェントを活用しよう

27歳の平均年収は平均値で382万円、中央値で350万円。しかし、手取りに換算すると平均年収を稼いでいても決して良い生活ができるわけではないことが分かりました。年収を上げて暮らしのレベルを上げたいなら、20代の今のうちに行動を起こしてください!

 

現職での昇進・副業・転職と、年収を上げる3つの方法を紹介しましたが、いち早く結果を出したいのであれば転職するのが最も確実でしょう。転職エージェントを利用すれば、転職のプロがあなたを手厚くサポートし正しい方向へ導いてくれるので、効率よく転職活動できます。

 

絶対登録すべき転職エージェントは以下の3社です。能動的に動いた人が、いち早くゴールにたどり着きます。早速転職エージェントに登録して、年収アップの階段を駆け上がりましょう!

年収アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|他社を圧倒する求人数
  2. マイナビエージェント|安心のキャリアアドバイザーのサポート
  3. doda(デューダ)エージェント|年収査定機能で市場価値をチェック