転職エージェントが使えないのはウソ?転職エージェントを120%活用する秘訣を大公開!

転職エージェントが使えないのはウソ?転職エージェントを120%活用する秘訣を大公開! 転職サイト

転職エージェントでは、求職者と企業を結ぶあらゆるサービスが展開されています。プロ視点での求人紹介・面接対策・入社日や給与条件の交渉まで、求職者にとって心強いサービスが提供されているので近年人気です。

 

一方で「転職エージェントに登録したけど、希望に合った求人を紹介してもらえない…」「キャリアカウンセラーとの相性が合わないな…」など、転職エージェントを有効活用するのは難しい…と感じたことはありませんか?

 

実際、使えない転職エージェントは一定数存在します。本記事では、使えない転職エージェントの5つの特徴を紹介するので、良質な転職エージェントに出会いたい人は是非最後までご覧ください。

 

転職活動は時間との戦いです。今日まで応募できた求人が、明日には締め切られているなんてことも日常茶飯事。「とにかく早く転職活動を始めたい!」という方は以下のランキングからおすすめ転職エージェントに登録しておきましょう。

どんな人でも使いやすい転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|業界最大手の安心感
  2. dodaエージェントサービス|充実の転職サポート
  3. ハタラクティブ|若手の転職実績多数

エージェントと並行して、自分自身でもより適性の高そうな転職先を探したいと考えている方にはこちらの記事もおすすめです。>>【最新2021年】おすすめ転職サイト13選!年代・性別ごとに登録すべき転職サイトを徹底解説!

 

転職エージェントが使えないと言われる理由は?使えないエージェントの5つの特徴

転職エージェントが使えないと言われる理由は?使えないエージェントの5つの特徴

すべての転職エージェントが使えないわけではないですが、使えない転職エージェントは一定数存在します。使えない転職エージェントの特徴は以下の5点です。

 

  1. 希望通りの求人を紹介してくれない
  2. エージェントからの連絡が遅い
  3. 連絡が多すぎてしつこい、うっとうしい
  4. エージェントが上から目線
  5. 面接を多く組むことにこだわりすぎ

 

1つずつ解説するので、一通り確認して使えないエージェントを避けましょう。

 

使えない転職エージェントの特徴①:希望通りの求人を紹介してくれない

希望を伝えたにも関わらず、希望とずれた求人を紹介されることがあります。こういった事態は、転職=ゴールと考えているエージェントに起こりがちです。あなたの希望は考慮されず、受かりやすい求人ばかりプッシュしてくるでしょう。

 

求職者にとっては「転職=ゴール」ではなく「転職=スタート」です。本来の転職エージェントのゴール「転職を通して幸せな人生を実現すること」からずれた提案をするエージェントは避けるが吉です。

 

使えない転職エージェントの特徴②:エージェントからの連絡が遅い

連絡が来るまで数日待たなければいけないエージェントもあります。これは、キャリアカウンセラー1人が担当する求職者が多いエージェントに起こりがちです。カウンセラー1人の仕事量が多く、捌き切れていない可能性があります。

 

エージェントの仕事量が多すぎると、テキトーに受かりやすい求人を紹介される、なんてことも起きるかもしれません。ただでさえも不安な転職活動で余計な心配の種を増やさないためにも、レスポンスが遅いエージェントは避けましょう。

 

使えない転職エージェントの特徴③:連絡が多すぎてしつこい、うっとうしい

使えない転職エージェントの特徴③:連絡が多すぎてしつこい、うっとうしい

応募を急かすなど、連絡が多くしつこいエージェントも存在します。「ノルマを達成しなければいけない」などエージェントの都合でしつこく連絡しているケースがほとんどです。

 

エージェントの連絡がしつこいと焦ってしまい、自分の希望と全く違う企業に応募してしまう可能性も。自分のペースで本当に就職したい企業を探すためにも、連絡が多すぎるエージェントは避けた方が良いでしょう。

 

使えない転職エージェントの特徴④:エージェントが上から目線

求職者に対して上から目線な言動をとるエージェントも存在します。「この経歴じゃ、書類選考が通るのも奇跡だ。」など心無い言葉を投げかけられた求職者もいるようです。

 

エージェントの仕事は「どうしたら求職者が希望の企業に転職できるか?」「どうしたら求職者が面接に通るようになるか?」など、改善点を見出すこと。それをせず、ただ「あなたの経歴では無理です」など上から目線で否定しかしないエージェントは使えないので、避けるが吉です。

 

使えない転職エージェントの特徴⑤:面接を多く組むことにこだわりすぎ

「数打てば当たる」「とりあえず受けてみよう」の精神で、やたらと面接を多く組ませてくるエージェントも存在します。

 

たしかに、本命企業用に練習として、いろいろな企業の面接を受けることは良いことです。しかし、志望動機を1社ごとに考えなければいけないなど、面接は受けすぎると心身の疲労につながります。「どこか1社に引っ掛かればいい」と考えるエージェントからは身を引くのが吉です。

 

転職エージェントが使えない原因はあなたかも?使えない人の3つの特徴

転職エージェントが使えない原因はあなたかも?使えない人の3つの特徴

転職エージェントが使えないのは、すべて転職エージェントのせいとは言い切れません。実は、求職者側に原因が潜んでいる場合もあります。転職エージェントを上手く使えない人の特徴は以下の3点です。

 

  1. 転職エージェントを利用して未経験から正社員で働きたいと思っている
  2. 転職エージェントに転職活動の全てを任せて良いと思っている
  3. 職歴や経歴が平均点を大きく下回っている

 

1つずつ解説するので「自分は当てはまっていないだろう!」と思う人も、要注意ポイントを確認しておきましょう。

 

特徴①:転職エージェントを利用して未経験から正社員で働きたいと思っている

無職やフリーターから正社員を目指すために、転職エージェントを使うのは得策ではありません。エージェント利用者の殆どは正社員経験者です。そのため、即戦力になる正社員経験者が優遇され、正社員未経験のあなたの優先度が低くなってしまいます。

 

優良求人を紹介してもらえないなど、手厚いサポートが受けられないでしょう。大手総合型転職エージェントはこの傾向が強いです。そういった場合は、転職サイトから求人を探して自身で応募するのがおすすめです。

 

特徴②:転職エージェントに転職活動の全てを任せて良いと思っている

転職エージェントはできる限りのサポートをしてくれますが、あくまでもサポートです。転職するのは、あなた自身。エージェントに頼りきりになると、転職できたとしても「あれ…こんなハズじゃなかったのに…」と後悔する可能性が出てきます。

 

自分の将来がかかっているので、主体的に、あなた自身の考えで動きましょう。エージェントに自分の考えを伝えた上で、プロ視点の意見・アドバイスを求める使い方が良いです。

 

特徴③:職歴や経歴が平均点を大きく下回っている

特徴③:職歴や経歴が平均点を大きく下回っている

あなたの職歴や経歴が平均点を大きく下回っている場合に、転職エージェントを利用するのはオススメできません。転職エージェントは企業に紹介した人が採用された時に報酬が発生する仕組みです。そのため、職歴や経歴で「この人は採用されにくいな…」と判断されると、対応を後回しにするなど手間をかけてくれなくなるでしょう。

 

20代であればフリーター・既卒向けの転職エージェントがあるので、経歴が思わしくない人は利用する転職エージェントを変えてみるのも一つの手です。

 

転職エージェントはどんな人におすすめ?いますぐ登録すべき人の3つの特徴

転職エージェントはどんな人におすすめ?いますぐ登録すべき人の3つの特徴

今すぐ転職エージェントに登録すべき人の特徴は以下の3点です。

 

  1. 仕事をしながら転職活動をする人
  2. 初めての転職で自信がない人
  3. 面接や履歴書作成が苦手な人

 

1つずつ解説していきます。「転職エージェントに登録しようか迷っている」「自分は転職エージェントを利用すべきなのか?」と悩んでいる人は、自分が上記の特徴に当てはまっているか確認していきましょう。

 

特徴①:仕事をしながら転職活動をする人

在職中に転職活動を行う人は、積極的に転職エージェントのサポートを受けましょう。やることが山積みな転職活動。本業と両立するにはどうしても時間が足りません。

 

しかしエージェントを利用すれば、各企業への応募・面接日程調整・採用担当者への連絡・入社日の調整など、時間のかかる部分を代行してくれます。事務作業をエージェントに任せて、限られた時間を有効活用しましょう。

 

特徴②:初めての転職で自信がない人

転職未経験で自信がない人も、転職エージェントのサポートを受けることを強くオススメします。エージェントには過去の転職データが蓄積されているので、転職未経験のあなたの疑問・悩みは聞けばすぐに解決するでしょう。

 

特に、転職未経験者が1人で転職活動をすると、知らぬ間に間違った方向に進んでしまうことがあります。エージェントはそれを軌道修正してくれる良きパートナーです。

 

特徴③:面接や履歴書作成が苦手な人

特徴③:面接や履歴書作成が苦手な人

「志望動機をうまく言葉にできない…」「面接はいつも上がってしまう…」など履歴書作成や面接が苦手な人は、積極的に転職のプロからアドバイスをもらいましょう。エージェントは転職のプロ集団です。

 

「この言い回しだと、あなたの志望動機が伝わりやすいですよ」「この言葉はこの言葉に言い換えましょう」など、今までの豊富な転職実績を元に個別に的確なアドバイスをしてくれます。

 

転職エージェントは地方で使えない?WEB面談なら地方でも問題なし!

転職エージェントは地方で使えない?WEB面談なら地方でも問題なし!

地方に住んでいると、「転職エージェントと面談する際は都会までいかないとダメなのか」など、転職エージェントが活用できるか不安になる方も多いでしょう。

 

結論としては、地方でも転職エージェントを使えます。今は時代の流れもあって、WEB面談が主流です。そのため、近くに転職エージェントの支店がない場合でもオンラインで面談ができます。

 

最近は「リージョナルキャリア」などを筆頭に地方特化型エージェントもサービスを展開しているので、より詳しい地元企業の情報や求人を得やすいです。大手総合型転職エージェントと地方特化型転職エージェントを併用することで、より効率的で網羅的な転職活動ができるでしょう。

 

どのエージェントを使うのが自分の状況や条件に合っているのか、詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。>>【最新2021年】おすすめ転職エージェント9選|各社の特徴・強みを徹底比較!

 

転職エージェントの選び方は?総合型と特化型があることを知っておこう

転職エージェントの選び方は?総合型と特化型があることを知っておこう

転職エージェントには総合型と特化型の2種類があります。総合型エージェントは年齢や業界を問わず、数多くの求人に触れられるので誰にでもオススメです。

 

一方、特化型エージェントは特定の業界・年齢・役職に強いので、希望業界や職種を絞って転職活動したい人にピッタリでしょう。

 

「どちらを選べばいいの?」「それとも併用した方がいい?」と悩んでいる人は、それぞれの特徴を確認して自分に合ったエージェントを選んでください。

 

総合型の転職エージェントはどんな人にもおすすめ

総合型転職エージェントの最大の強みは、全業界を網羅した大量の求人を取り扱っていることです。「この業界に転職したい!」と明確な転職ビジョンがある人から「とりあえず色々な業界を見てみたい」という人まで、全ての人にオススメできます。

 

総合型転職エージェントは様々な業界への転職をサポートしてきた実績があるので、あなたの適性を判断し、意外な業界を勧めてくれるかもしれません。自分が考えもしなかった業界に出会えるのは、総合型転職エージェントならではの嬉しいポイントです。

 

志望業界が決まっているなら特化型の転職エージェントも検討しよう

特化型転職エージェントの最大の強みは、業界・年齢・役職など特定の条件での転職活動に精通していることです。IT業界に特化したエージェントであれば、元エンジニアなどIT業界に詳しいアドバイザーがついてくれます。業界の最新情報や狙い目の企業など、より具体的な話ができるので心強いです。

 

また、業界特化だけではなく、管理職などハイクラス向けの特化型エージェントもあります。転職ビジョンが明確で、狭く深く転職活動をしたい人にピッタリでしょう。ただし、業界によっては特化型エージェントは総合型エージェントに比べて求人数が少ない場合も。

 

特化型エージェントを使う場合は、総合型エージェントと併用することをオススメします。

 

おすすめの転職エージェントは?絶対登録すべき3つの転職エージェントを紹介

おすすめの転職エージェントは?絶対登録すべき3つの転職エージェントを紹介

使えない転職エージェントが存在する一方で、転職活動を有利に進めたいなら絶対登録すべきエージェントもあります。登録を強くオススメする転職エージェントは以下の3つです。

 

  1. リクルートエージェント
  2. dodaエージェントサービス
  3. ハタラクティブ

 

それぞれに強みや弱みがあるので、2つ以上のエージェントに登録すればより転職に有利になるでしょう。1つずつ特徴を解説するので、自分に合いそうなエージェントに早速登録して転職活動を始めてください。

どんな人でも使いやすい転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|業界最大手の安心感
  2. dodaエージェントサービス|充実の転職サポート
  3. ハタラクティブ|若手の転職実績多数

 

おすすめ転職エージェント①:リクルートエージェント

おすすめ転職エージェント①:リクルートエージェント

引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントの最大の強みは、業界No.1の転職成功実績と求人数を誇ることです。公開求人数約10万件、非公開求人数約14万件、計約24万件の求人に出会えます。また、リクルートグループが長年にわたり培ったノウハウを活かす、経験豊富なアドバイザーが揃っているので心強いです。

 

「自分のアピールポイントが分からない…」という人も、アドバイザーが細かくヒアリングしてくれるので、客観的なアピールポイントを見出すことができるでしょう。リクルートエージェントは万人に向いているので、今すぐ登録しておきましょう。

リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント②:dodaエージェントサービス

おすすめ転職エージェント③:dodaエージェントサービス

引用元:dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスの最大の強みは、アドバイザーの他に採用プロジェクト担当が1人つくことです。採用プロジェクト担当は企業と同じ目線を持っています。

 

「企業がどういう人材を欲しがっているのか」「企業が採用活動している上で困っていることはなにか」など、企業の内情を熟知しているので、活用しない手はありません。

 

内定獲得への最大の近道は、相手企業を知ること。ぜひ採用プロジェクト担当がつくdodaエージェントサービスを利用して、企業リサーチを有利に進めてください。

dodaエージェントサービスに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント③:ハタラクティブ

おすすめ転職エージェント②:ハタラクティブ

引用元:ハタラクティブ

ハタラクティブの最大の強みは、20代のフリーター・既卒などの正社員就職実績が多いことです。ハタラクティブ利用者の3人に2人が正社員未経験なので、これといった経歴がない人でも安心して利用できます。初めての就職で分からないことだらけの人でも大丈夫です。アドバイザーが個別にあなたの疑問・悩みを解決してくれるでしょう。

 

ただし、求人の質は他エージェントと比べて劣るので、ハタラクティブはあくまでも初めて正社員を目指す人用のエージェントと言えます。経歴に自信がない人は、ぜひハタラクティブを利用して人生を軌道に乗せましょう!

ハタラクティブに今すぐ登録する

 

20代の方が転職先を探す際に、ひとつの判断基準としてこちらの記事も読んでおくことをおすすめします。【2021年】27歳の平均年収はどれくらい?男女別や中央値も紹介

 

まとめ:転職エージェントは使い方次第で転職活動の強い味方になる!

おすすめ転職エージェント③:dodaエージェントサービス

今回は「使えない転職エージェントの特徴」と「絶対登録すべき転職エージェント」について解説しました。

 

使えない転職エージェントの特徴を押さえて、あなたの時間をムダにするエージェントを避けましょう。一方で、自分に合った優良エージェントを選べば、転職活動を有利に進められることも分かりました。

 

まだ転職活動のビジョンが定まっていない人は、総合型転職エージェントに登録して転職市場を覗いてみてください。絶対登録すべき転職エージェントは以下の3つです。自分の人生を変える運命の求人・アドバイザーに出会うために、ぜひ登録しましょう。

どんな人でも使いやすい転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|業界最大手の安心感
  2. dodaエージェントサービス|充実の転職サポート
  3. ハタラクティブ|若手の転職実績多数