年収500万円は勝ち組なのか|男女や年代別の違いや年収アップの方法を徹底解説

年収500万円は勝ち組なのか|男女や年代別の違いや年収アップの方法を徹底解説 転職サイト

「年収500万円って勝ち組なのかな?」「世間的に勝ち組と言われる程度まで年収を上げたい」と思うことはありませんか?

 

社会人になると、どうしても年収のことも頭に入れないといけません。しかし、年収がどのくらいなら勝ち組なのか気になりますよね。そこで、今回は以下の3点を中心に紹介します。

 

  1. 年収500万円が勝ち組なのかを性別や年代で比較
  2. 年収500万円の生活レベル
  3. 年収をさらに増やす具体的な方法

 

結論から言うと、年収500万円は少なくはありませんが、勝ち組とは断言できません。当記事を読めば、年収500万円がどうして勝ち組と言い切れないかの理由も分かり、さらに勝ち組になるためにするべきことも分かります。年収について気になる人は、ぜひ最後まで見てください。

 

今すぐ年収アップのために何かしたい!という方は、以下の転職エージェントに登録することをおすすめします。優秀なエージェントが今より給与の高い職場を紹介してくれるでしょう。

年収アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|他社を圧倒する求人数
  2. マイナビエージェント|安心のキャリアアドバイザーのサポート
  3. doda(デューダ)エージェント|年収査定機能で市場価値をチェック

上記の他にも転職エージェントは数多くあります。自分に適したエージェントをじっくりと探したい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。>>【最新2021年】おすすめ転職エージェント9選|各社の特徴・強みを徹底比較!

 

エージェントと並行し、日頃から自分自身でも給与の高い職場を探すのがより効率的です。年代や性別ごとにわかりやすくまとめてある、こちらの記事も併せて読んでおくことをおすすめします。>>【最新2021年】おすすめ転職サイト13選!年代・性別ごとに登録すべき転職サイトを徹底解説!

 

年収500万は勝ち組?負け組?男女や年代別に徹底比較

年収500万は勝ち組?負け組?男女や年代別に徹底比較

一般に年収500万円なら、それなりに裕福な暮らしも送れて、不満もないのではないかと思う人も多いでしょう。しかし、年収500万円が勝ち組かどうかは、男女や年代別でも変わってきます。そこで、今回は以下の3つを基準にした結果をまとめました。

 

  1. 20代ではどうか
  2. 30代ではどうか
  3. 女性ではどうか

 

結論としては、男性の場合は30代なら勝ち組とは言えませんが、女性の場合はかなり希少価値の高い存在であることが判明しました。さらに詳しく結果が知りたい人は、以下の内容を参考にしてください。

 

年収500万以上の人の割合は?年収500万の希少価値は高い

まずは世間一般での、年収500万円の割合から確認しましょう。平均年収は男性の場合は400万円前後で、女性なら350万円前後となります。額だけで見れば、平均よりかなり上の値で、その割合は約10%となっています。

 

しかし、年収500万円なら理想の生活ができるかというと、実際には余裕があるかと言われるとそうではありません。後述しますが、状況によっては勝ち組とは言い切れないというのが実情です。以下ではもう少し細かく、年代や性別に分けて年収500万円の価値について解説します。

 

20代男性の年収500万は勝ち組?20代なら十分勝ち組といえる

20代の男性の場合、年収500万円は非常にレアな存在であると分かりました。

 

20代の男性の平均年収は350万円前後で、年収500万円の人の割合は約7%と非常に低いです。そのため、20代ですでに年収500万円に到達していれば、勝ち組に属していると言えるでしょう。ただし、20代で年収500万円に到達しても、そこから年収が伸びずに500万円のままなら少しまずいというのが実情です。

 

20代で年収500万円に到達した人は、以降も給料が伸びるようおごらずに仕事に打ち込みましょう。

 

30代男性の年収500万は勝ち組?結婚を考えると正直厳しい

30代男性の年収500万は勝ち組?結婚を考えると正直厳しい

30代男性の場合を見てみましょう。30代男性の場合は、生活環境によってはかなり厳しく勝ち組とは到底言い切れないのが実情です。

 

30代男性の平均年収は約480万円で、年収500万円の人の割合は約15%と急に伸びてきます。さらに言うと、30代後半になると平均年収は500万円を超え始めるので、勝ち組ではありません。未婚なら少しくらい貯金する余裕がありそうですが、年収500万円で結婚するとなると、かなり苦しそうですよね。

 

30代の男性で年収500万円の人は、年収をアップさせる方法を真剣に考える必要がありそうです。年収が500万円に到達していない方は、以下の記事にも目を通し、一度自分の収入について振り返ってみても良いでしょう。

 

>>【3分解説】手取り25万円欲しければ額面はいくら必要?額面からの計算方法を簡単解説

 

女性の年収500万は勝ち組?20代、30代を問わず500万は上位層

女性の場合を見てみましょう。女性の場合は、20代・30代問わず年収500万円ならかなり希少価値の高い人材です。

 

女性の場合は、年齢によって平均年収にそこまで差がなく、20代なら320万円で30代なら370万円となっています。年収500万円の割合としては、20代の女性なら約4%で30代なら約9%と、かなり希少なことが分かりますよね。女性の場合は、年収500万円が目指すべき指標の1つとなるでしょう。

 

年収500万の生活レベルは?既婚、未婚、地方在住などの条件ごとに比較

年収500万の生活レベルは?既婚、未婚、地方在住などの条件ごとに比較

年収500万円になると生活レベルはどのくらいなのか、暮らしの面で困らないのかなど気になる人も多いでしょう。そこで、未婚・既婚・地方などの条件に分けて、年収500万円の生活レベルを比較します。

 

下記の内容を見ていただければ、年収500万円でどのくらいの生活ができるのか、イメージできるはずです。

 

年収500万の手取り額は?想像以上に手取りは少ないので要注意

年収500万円の場合、手取りの額は状況によりますが、およそ400万円と考えていいでしょう。月に換算するとおよそ30万円前後です。

 

この金額が十分かどうかは、個人のライフスタイルなどにも依存するので、決めつけはできません。とはいえ、現状の家賃や食費などの生活費も計算にいれると、「好きに使える金額は想像より少ないな」と感じませんか?

 

少なくとも、「趣味や旅行などの娯楽にお金をたくさん使えるわけではなさそう」というのが分かるはずです。年収500万円の人の手取り額は想像以上に少ないとだけ覚えておきましょう。ここからは、さらに細かく条件に分けて見ていきます。

 

未婚で年収500万は勝ち組?地方在住なら楽に生活できる

1人暮らしの場合は、地方と都会でおそらく以下のような差が出るでしょう。(あくまでも目安で、個人差はあります)

都会 地方
家賃 80,000円 55,000円
食費 45,000円 35,000円
ガス代 3,000円 3,000円
電気代 5,000円 5,000円
水道代 5,000円 5,000円
合計 138,000円 103,000円

ここから、通信費・交際費・その他雑費などで、6万円ほど使用すると考えます。仮に月の手取りが30万円の場合は、地方なら手元に残るのは約14万円で都会なら約10万円程度になりそうです。

 

地方在住ならかなりお金も溜まりそうですが、都会に住む人によっては、物足りなく感じる人もいるかと思います。そういった意味では、未婚でも年収500万円の都会生活は裕福とは言えないかもしれません。

 

既婚で年収500万は勝ち組?都会在住ならむしろ負け組かも

では既婚の場合はどうでしょうか。既婚の場合は、単純に人が増えれば食費などが一気に増えるでしょう。また、子供がいれば家にそれなりの広さも必要になりますし、家賃もそのままとはいきません。こちらも簡単にシミュレーションしてたところ、以下の表のようになりました。

都会 地方
家賃 110,000円 70,000円
食費 60,000円 50,000円
ガス代 5,000円 5,000円
電気代 7,000円 7,000円
水道代 8,000円 8,000円
合計 190,000円 140,000円

さらに既婚の場合の通信費・交際費・その他雑費などを7万円とすると、残る金額は地方なら約9万円で都会なら約4万円程度になりそうです。

 

地方であれば多少の余裕がありそうですが、都会ではかなり苦しく贅沢はできそうにありませんね。子供が増えれば生活もさらに苦しくなるでしょうし、決して余裕はないはずです。このように、都会で結婚をした場合は、年収500万円は勝ち組とは言えないでしょう。

 

年収500万の難易度は?職種によっては難しい

年収500万の難易度は?職種によっては難しい

年収が500万円より少ない人のなかには、「実際に年収500万円に到達するのはどれくらい難しいのか」「到達しやすい職種はあるのか」などの疑問があるはずです。

 

結論から言えば、年収500万円は業種によって到達できる難易度にかなり差があります。需要が伸びている業界や、人手不足な業界などなら簡単に年収500万円に到達できるでしょう。その逆で、誰でもできる仕事や需要があまり期待できない業界では、500万円のハードルは険しくなります。

 

ここでは、平均年収の低い職業と、高い職業を一覧にしてまとめました。個人の成果や年齢で多少のバラつきはありますが、傾向は概ね変わりませんので、参考にしてみてください。

 

年収500万を目指すのが難しい職種は?平均年収が低い職種一覧

ここでは年収500万円への到達が難しいとされる、代表的な職業を紹介します。

美容やアパレル業界 320万円
運送・輸送業 450万円
飲食サービス業 350万円
農林水産業 300万円
介護業界 320万円

年収の低い職業は専門性も低く、肉体的な労働が多い傾向にあります。誤解を恐れずに言えば、誰でもできてしまうため、希少性が少ないということです。これらの業界では、どれだけ年齢を重ねても昇給は僅かなもので、年収500万円に到達するのがとてもシビアになります。

 

もちろん、年収だけが仕事の決め手になるわけではありませんが、給料がたくさん欲しい人には上記の業界はおすすめできません。

 

年収500万を目指せる職種は?平均年収が高い職種一覧

続いて、年収500万円への到達が現実的である、代表的な職業を紹介します。

医師 1,200万円
大学教授 1,000万円
コンサル業界 800万円
外資系金融 1,200万円
不動産業界 760万円 

年収の高い職業の傾向としては、高い専門性を要求される傾向にあります。専門性が高まれば、それだけ希少な人材になるので年収が上がるのも自然なことでしょう。また、大学で学ぶような専門的な知識は不要ですが、金融やコンサル業界も年収が1,000万円ほどの高給な業界になります。

 

もちろん、どの業界でもトップにいけば年収が高くなるのは当然ですが、上記のような業界なら平均年収が500万円を超えることは難しくありません。

 

今から年収500万を目指すには?年収アップの具体的な方法を3つ解説

今から年収500万を目指すには?年収アップの具体的な方法を3つ解説

年収500万円を達成して、少しでも勝ち組に近づきたいと思う人は多いでしょう。年収は高いに越したことはありませんし、年収アップの方法を知っておいて損はないですよね。

 

ここでは、現在一般的な職業に就いている人が年収をアップするための方法について、3つ紹介します。

 

  1. 現職で昇進する
  2. 副業して収入源を増やす
  3. 今より給与の高い仕事に転職する

 

年収アップまでの時間などに差はあれど、基本的にどれも再現性の高い年収アップの方法です。少しでも稼げる額を増やしたい人は参考にするといいでしょう。

 

年収アップの方法①:現職で昇進する

現職での昇進は、多くの人が考えるであろう年収アップの手段の1つです。昇進の方法には、以下のようなものがあります。

 

  1. できる業務を増やす
  2. 他の社員より成果を出す
  3. 社内で信頼を獲得する
  4. 年齢などの理由で重役につく

 

現職が気に入っている人や、手堅く着実に年収を上げていきたい人におすすめできます。ただし、昇進で年収を上げるのは、「評価されるまでに時間がかかる」・「そもそも評価が他人に依存している」という2点を覚悟しなければなりません。

 

そういった意味では、早い段階で年収を上げたい人にはあまりおすすめできないと言えます。ただ、先述したように手堅さなどは間違いなくあるので、堅実タイプな人は現状の仕事を必死でこなすのがよいでしょう。

 

年収アップの方法②:副業して収入源を増やす

副業による収入源の増加も、立派な年収アップの方法の1つです。最近では副業を解禁する会社が増え、それに伴って副業にチャレンジする人も以前より多くなりました。

 

副業収入の主なメリットに以下の3つが挙げられます。

 

  1. スキル次第で稼げる額が青天井である
  2. スキルや経験が得られ、転職もしやすくなる
  3. 本業に依存しない収入源ができ、心にゆとりができる

 

副業の具体的な内容としては、今後の需要やリスクの少なさなどの関係で、以下の3つに取り組む人が多いです。

 

  1. WEBライター・ブログ
  2. YouTube動画の編集
  3. プログラミング

 

特にプログラミングは、習得しておけばエンジニア転職などの選択肢を広げられるのでおすすめです。スキル習得や営業での案件獲得に時間がかかるものの、余裕がある人なら始めるといいでしょう。

 

年収アップの方法③:今より給与の高い仕事に転職する

年収アップの方法③:今より給与の高い仕事に転職する

転職は年収を増やすための最もおすすめの手段です。業界によって大きく年収に差があるため、転職するだけで一気に年収が上がることもありえます。もちろん、同じ業種でも企業の規模によっても年収は大きく変わるので、業種はそのままがいいという人にもおすすめです。

 

以下の3つのポイントが意識できれば、給与の高い企業への転職に失敗しません。

 

  1. 転職先の労働条件は必ず把握する
  2. 転職先の業界は今後の需要があるかを確認する
  3. 不安なら転職エージェントなどを活用する

 

自分の努力や成果に対する現状の給与に不満を感じる人は、転職を検討するといいでしょう。他にも今よりも条件の良い仕事に就くための大きなヒントになる以下の記事にも目を通せばより質の良い転職活動 が行えるかもしれません。

 

>>【社会人向け】転職活動中に読むべき本おすすめ7選!転職成功に導く良書を紹介!

 

年収アップには転職エージェントを活用するのがおすすめ

年収アップには転職エージェントを活用するのがおすすめ

年収アップを目指して転職しようと検討する人は、転職エージェントの活用をおすすめします。エージェントは無料で以下の3つの業務をこなしてくれるので、転職に不慣れな人や不安な人には非常に心強いでしょう。

 

  1. 退職のアドバイスなどしてくれる
  2. 面接対策や履歴書の指導をしてくれる
  3. 転職先の企業との面接予定などを組んでくれる

 

また、転職エージェントに登録すれば、一般的な求人サイトにほとんど掲載されない非公開求人にも申し込みやすくなります。非公開求人は「事業の戦略に直結する人員をすぐに募集したい」「ある程度見込みのある人だけを採用したい」などの意図があり、好条件になりやすいです。そのため転職エージェントを利用すれば、キャリアアップも目指しやすくなるでしょう。

 

以上のことを踏まえると、年収アップのうえで転職エージェントの利用はかなり有効と言えます。年収を上げたいけど、転職に不安があるという人は転職エージェントに登録するべきです。登録は無料で簡単なので、以下で紹介する転職エージェントのうち気に入ったものに登録してみましょう。

 

年収500万を目指すためには?おすすめ転職エージェントTOP3を紹介

年収500万を目指すためには?おすすめ転職エージェントTOP3を紹介

年収500万円を目指すなら、同業種での転職より、他業種への転職をおすすめします。あなたの状況によりけりですが、年収500万円より少ないなら業界全体の需要が低いか、もともと年収が少ないという可能性があるからです。

 

そこで、さまざまな業界の求人を掲載している3つの大手転職エージェントを紹介します。

 

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. dodaエージェント

 

これらの3つの転職エージェントは登録者数も多いですし、信頼性もばっちりです。それぞれの転職エージェントについて紹介しますので、参考にしてみてください。

 

おすすめ転職エージェント①:リクルートエージェント

リクルートエージェント

引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントは万人におすすめできる転職エージェントで、ブランド力も抜群です。リクルートエージェントをおすすめする理由は以下の3つ。

 

  1. 求人数は他社を圧倒する
  2. 求人の業界も幅広い
  3. 職務経歴書エディターというサービスがある

 

リクルートエージェントはとにかく求人数で他社を圧倒しており、幅広い業界から求人を探せます。登録しないのは、理想の求人を探すうえでかなりの損失と言えるでしょう。また、職務経歴書エディターを使えば、書き方に不安のある人でも簡単に職務経歴書が書けるようになります。

 

リクルートエージェント運営会社の信頼も厚く、転職エージェントとしての実績もあるので、とりあえず登録しておけば間違いありません。

リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント②:マイナビエージェント

おすすめ転職エージェント②:マイナビエージェント

引用元:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、初めての転職を考える20代におすすめしたい転職エージェントです。とにかくサポートが手厚く、プロのキャリアアドバイザーがあなたの転職の悩みや不安を解消してくれます。具体的には、面接の練習を何度もしてくれたり、履歴書の添削指導など転職が未経験の人にとって心強いサポートが充実しています。

 

さらに、転職活動のサポートには期限はないため、ゆとりをもって転職活動もできるでしょう。転職が初めてで不安な20代から30代の人は、マイナビエージェントに登録することをおすすめします。

マイナビエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント③:doda(デューダ)エージェント

おすすめ転職エージェント③:doda(デューダ)エージェント

引用元:dodaエージェント

dodaエージェントは、転職者満足度NO.1と言われるほどの人気な転職エージェントです。転職サイトとしての役割もあるので、自分で求人を探してからサポートを受ける選択もできます。

 

dodaエージェントがおすすめな理由は以下の3点です。

 

  1. 非公開求人の割合が高い
  2. 転職サポートが充実している
  3. doda年収査定という独自サービスがある

 

dodaエージェントに登録しておけば優良な非公開求人も見逃しません。doda年収査定を使えばあなたの市場価値が把握できるので、あなたに相応しい企業も選べます。doda転職に登録すれば、納得のいく転職活動ができるでしょう。

dodaエージェントに今すぐ登録する

 

年収500万以上を目指すためには?おすすめ転職エージェントTOP3を紹介

年収500万以上を目指すためには?おすすめ転職エージェントTOP3を紹介

年収500万円以上になると、業種はそのままでキャリアアップするのがおすすめです。年収が500万近くなら、その業界の需要は少なくないですし、他業種へ転職するとかえって年収が下がることも考えられます。

 

そこで、おすすめしたいのが、ハイクラス向けの求人を多く掲載している以下の3つの転職エージェントです。これらの3つに登録しておけば、同業種でさらに条件のいい企業とも巡り合えるでしょう。

 

  1. type転職エージェント
  2. パソナキャリア
  3. JACリクルートメント

 

以下で各転職エージェントについて、詳細にご紹介します。

 

おすすめ転職エージェント①:type転職エージェント

おすすめ転職エージェント①:type転職エージェント

引用元:type転職エージェント

type転職エージェントは、関東の都会を中心にしたエリアの転職に強い転職エージェントです。大手転職エージェントに比べると、やや案件が少ないなどの難点もあります。しかし、転職エージェントとしては20年とかなり長い歴史を持っており、信頼も申し分ありません。

 

またtype転職エージェントは、無料の転職相談会なども定期的に開いており、そこではプロのアドバイザーから助言が貰えます。

 

さらにtype転職エージェントは、給与水準の高いIT・WEB系の求人の割合が高いことでも有名です。ITやWEB業界に転職したい人からの評価もかなり良好で、さらにその業界に精通しているコンサルタントからアドバイスも貰えます。都市圏でIT・WEB系の職業に転職したい人は登録しておきましょう。

type転職エージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント②:パソナキャリア

おすすめ転職エージェント①:type転職エージェント

引用元:パソナキャリア

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーの満足度が非常に高く、顧客満足度1位を獲得したこともある人気の転職エージェントです。パソナキャリアのサポートは、面接の指導から転職の前段階である現在の会社の退職についてのアドバイスまで、非常に多岐に渡ります。

 

また、パソナキャリアは有名企業などの非公開求人も多く、かなりのキャリアアップも見込めます。実際に、パソナキャリアで転職した人の内の67.1%が年収アップに成功しているというデータが何よりの証拠です。しっかりしたサポートを受けて、年収アップを着実に進めたい人はパソナキャリアに登録しましょう。

パソナキャリアに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント③:JACリクルートメント

おすすめ転職エージェント③:JACリクルートメント

引用元:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラスな求人の量と質が業界でもトップクラスな転職エージェントです。具体的には、外資系や管理職などの優良な求人が多数あり、年収が800万を超える案件が8割超えるとも言われています。

 

コンサルタントに関しては、かなりシビアに評価されるため、市場価値が低すぎる人にはややドライという評判もあります。しかし、スキルをそなえた40代にはとても優秀なコンサルタントが熱心にサポートしてくれ、サポートの質も高いと評判です。

 

スキルやキャリアに自信のある40代で、特に外資系などの業界を目指す人は必ず登録しておきましょう。

JACリクルートメントに今すぐ登録する

 

まとめ:年収500万は負け組かも。勝ち組を目指すなら転職エージェントを活用しよう

まとめ:年収500万は負け組かも。勝ち組を目指すなら転職エージェントを活用しよう

今回は年収500万円が勝ち組なのか、どうすれば勝ち組の仲間入りができるかについて紹介しました。

まとめると、年収500万円はライフスタイルにもよるが勝ち組とは言えないし、既婚者の場合なら生活が厳しいのが事実。もしすぐに年収をグンと上げたいなら、会社内での昇進よりも、高年収の業界への転職をおすすめします。平均年収の高い業界であれば、年収500万円のハードルが一気に下がるからです。

 

そして、転職を検討するなら以下の転職エージェント3つに登録しましょう。エージェントが転職サポートしてくれるので、転職も失敗しにくくなるでしょう。登録も無料ですぐにできますし、実績も申し分なく登録して損はありません。また、よりハイクラスな求人を探すなら他の転職エージェントも併用するといいでしょう。

年収アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. リクルートエージェント|他社を圧倒する求人数
  2. マイナビエージェント|安心のキャリアアドバイザーのサポート
  3. doda(デューダ)エージェント|年収査定機能で市場価値をチェック