【3分解説】年収300万の手取りはいくら?世間一般の評価や生活レベルについて解説

【3分解説】年収300万の手取りはいくら?世間一般の評価や生活レベルについて解説 転職サイト

「年収300万円の手取りはどれくらい?」「年収300万円だと裕福な生活はできる?」等記事をご覧の方は、このような疑問を持ったことがあるでしょう。

 

当記事では、額面から手取りを計算する方法を、3分で理解できるように簡潔にまとめました。またそれだけではなく、以下の内容についても触れていきます。

 

  • 年収300万円の手取額ってどれくらい?
  • 年収300万円の難易度や価値はどれくらい?
  • 年収300万円の生活レベルは?
  • もっと給与を上げるための方法は?

 

当記事を読めば、年収300万円の手取額や社会的な価値、難易度や生活レベルがわかります。さらに年収・手取りを増やすための方法なども理解できるでしょう。「年収300万円でどれくらい手取りがある?」「年収300万円のリアルな生活レベルが知りたい」このような疑問を持つ方は、必ず当記事を最後まで読んでくださいね。

 

※ なお、『いますぐ転職したい』という方は、「パソナキャリア」がおすすめ!

 

パソナキャリアなら、高収入の職場に転職が可能。オリコンによる顧客満足度調査で3年連続1位を獲得した実績もあるため、初めての方でも安心です。スマホから3分でカンタンに申込が出来て、無料で専属の転職エージェントがつきます。あなたも高収入の仕事に就けるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐパソナキャリアに登録する

 

収入アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. パソナキャリア|収入アップに特化した転職実績
  2. リクルートエージェント|圧倒的求人数であなたにぴったりの求人を紹介
  3. doda(デューダ)エージェント|ここでしか応募できない非公開求人多数

 

より年収の高い企業を探すため、日頃から自身で転職サイトをチェックしておくと良いでしょう。自分の条件に合致した転職先を探したい方には、こちらの記事がおすすめです。【最新2021年】おすすめ転職サイト13選!年代・性別ごとに登録すべき転職サイトを徹底解説!

年収300万の手取りはいくら?会社にもよるが約240万ほど!

年収300万の手取りはいくら?会社にもよるが約240万ほど!

年収300万円の方のおおよその手取り額は、高くても年間で約240万円、月にして約20万円ほど。低い場合には、225万円ほどだと思っておきましょう。額面で年収が300万円あっても、税金や様々な控除によって、一般企業では手取りは225万円〜240万円前後に落ち着きます。

 

逆に手取りで年収300万円を目指すのであれば、額面で370万円〜390万円ほどが必要になってきます。所得税の課税方式は累進課税で、その他の控除も多くの場合は収入が増えると大きくなっていきます。そのためより多く稼がなければ、手取りで300万円を目指すのは難しいのですね。

 

また手取りでの年収300万円を目指す際の、額面370万円〜390万円は、あくまでも最低限の数値です。お住まいの地域の住民税や扶養の関係などにより、額面年収が380万円あっても手取りで300万円に届かない場合も。

 

当記事では引き続き、額面と手取り額の計算方法や、一般的に控除される科目について解説します。これらを理解すれば、あなたが望む手取り額を得るために必要な額面の金額への理解が深まるでしょう。

 

年収300万の手取りを計算する方法は?支給額と控除額を把握することが重要

年収300万の手取りを計算する方法は?支給額と控除額を把握することが重要

  • 年収300万円の手取額
  • 手取りで300万円欲しい場合に必要な額面年収

 

ここまでは上記の内容について解説してきました。より正確に目指す手取額を得るための額面について把握するためには、給与の支払額・控除額を理解することが必要です。ここからは「額面金額から手取り金額を計算する方法」を解説します。

 

「総支給額とは何か」「控除額とは何か」といった内容についても紹介するので、一緒に学んでみましょう。すでに十分理解している、という方はこちらは読み飛ばしていただいても構いません。

 

手取り金額の計算方法は?総支給額から控除額を引いたものが手取りになる

手取り金額をごく簡単に計算するのであれば、「総支給額(額面)ー控除額=手取り金額」が最もわかりやすいでしょう。実は手取り金額の計算はかなり簡単なのです。ただし、総支給額や控除額の内訳については、少し複雑な部分も。

 

  • 総支給額(額面):基本給、各種手当、残業代など
  • 控除額:保険料や税金など、給与から天引きされるもの

 

基本給や各種手当は、ご自身の勤め先によって決まっているはずです。また控除額についても、勤め先や自身の不要状況によって金額が変わるので、金額は一概には言えません。正確な金額を知るためには、自身の給与明細をチェックするか勤め先の経理担当者に聞いてみましょう。

 

ではこれから転職したい方や、自身の勤め先以外の手取り額を計算したい場合、控除額がわからないので計算はできないのでしょうか。実は、ざっくりとした控除額の金額なら、推測することが可能です。一般的な企業での控除額は、「総支給額の20%〜25%程度」となります。例えば、総支給額が300万円の場合は、控除額を以下のように推測することができます。

 

  • ¥3,000,000×0.2=¥600,000
  • ¥3,000,000×0.25=¥750,000

 

このように、年収の総支給額が300万円であれば、控除額はおよそ60万円〜75万円となります。そのため手取りの年収は225万円〜240万円なる、と推測することができますね。

 

総支給額の内訳は?給与以外の支払い内容を解説

総支給額と一口に言っても、その内訳には様々なものが含まれます。ざっくりと言えば、総支給額とは「基本給に各種手当てや残業代などを加算した金額」です。基本給にその他の手当てなど支給される金額全てを足せば、総支給額が算出できます。

 

基本給以外に支給される手当の種類や金額は会社によって様々です。ここでは一般的な会社で採用されている手当などについて、簡単に紹介します。

 

総支給額の内訳①:残業代

規定の労働時間以上に働いた場合は、原則として残業代が支払われます。ただし会社によっては「みなし残業」が存在している場合も。みなし残業とは、基本給の中に最初からある程度の残業代を含んでいるとする考え方のことです。みなし残業の有無は会社によって異なるので、必ずチェックしておきましょう。

 

総支給額の内訳②:家賃補助・住宅補助

家賃補助・住宅補助は、社員の家賃を全額もしくは一部企業が補助してくれる制度です。基本的には、「会社から〇〇km以内に住む」「〇〇市内に住む」といった会社の設けた条件に当てはまる場合にのみ支給されます。

 

総支給額の内訳③:交通費や立替経費

通勤にかかる費用負担として交通費が支給されます。大抵は上限金額が設けられており、一般的には1.5万円〜2万円ほどが上限となるでしょう。また、営業などで移動する際の交通費を一時的に社員が立て替えた場合は、建替経費といった形で給与に交通費が反映されます。

 

総支給額の内訳④:資格手当

一部の企業は、業務において必要な資格を取得することで、資格手当を支給してくれます。また業務との関連性が低くても、社員の資格取得に必要な費用を一部負担してくれるような制度を作っている会社もあるようです。

 

総支給額の内訳⑤:出張手当

立替経費とほとんど同様ですが、出張の際に使った宿泊費や交通費は、出張手当として総支給額に充当される場合がほとんどです。また宿泊費・交通費とは別に「出張したことそのものに対する手当」として、プラスアルファで所定の金額が支給される場合もあります。

 

控除額の内訳は?総支給額から天引きされるお金を解説

控除額の内訳は?総支給額から天引きされるお金を解説

「総支給額から天引きされる税金や保険料」のことを総称して、控除額と呼びます。控除額には様々な内容があり、金額も企業や不要状況によって変動するので、一概に「〇〇がいくら控除される」とは言えません。ここでは一般的な控除の内容と、概ねの金額感などを解説します。

 

控除について理解すれば「控除されるべきものがキチンと控除されているか」「控除額が多すぎないか」といったこともわかるようになるでしょう。

 

控除額の内訳①:健康保険料

健康保険料は、自治体や会社が加入している保険組合によって金額が変わります。概算で、額面全体の5%ほどの金額が健康保険料になると思っておきましょう。健康保険料を支払っているおかげで、医療機関で3割負担で治療を受けることができます。

 

控除額の内訳②:介護保険料

将来的に介護が必要になった際のための保険料が、介護保険料です。40歳以上になると加入義務が発生するため、原則必ず給与から天引きされます。おおよそ給与の0.9%が介護保険料になると思っておきましょう。

 

控除額の内訳③:厚生年金

厚生年金を支払うことで、将来的に年金を受け取ることができます。会社と折半して払うものなので、厚生年金全額のうちの半分はあなたの給与から、もう半分は会社から支払われています。厚生年金も様々な条件によって変動しますが、おおよその金額としては給料の9%ほどだと思っておきましょう。

 

控除額の内訳④:雇用保険料

雇用保険料は、失業した際などに失業給付を受けるための保険料です。保険料率は勤務している会社の業種によって異なりますが、概ねの金額は給与の0.3%ほどになります。

 

控除額の内訳⑤:所得税

所得税は所得のうち非課税のものを除いた全てに対してかかる税金で、5%〜45%の間で変動する仕組みになっています。所得が上がれば税率も上がり、所得が下がれば税率も下がる仕組みです。

 

控除額の内訳⑥:住民税

住民税は自身が住んでいる都道府県や市区町村に治める税金です。前年度の年収によって金額が決まり、翌年の6月から翌々年の5月まで、12ヶ月かけて支払います。注意点として、住民税は前年の収入に対してかかるものなので、退職後にも発生することを覚えておきましょう。

 

年収300万は低い?世間一般の平均年収と比較

年収300万円は、残念ながら低所得層に含まれてしまいます。先述したとおり、額面での年収300万円の手取り年収は225万円〜240万円。

 

国税庁が発表した令和元年分民間給与実態統計調査結果では、日本の平均年収は額面で436万円、手取りに直すと約350万円前後となっています。額面年収300万円、手取り年収225万円〜240万円は、残念ながら完全に負け組です。

 

また手取り年収が300万円だったとしても、平均年収の手取り額はおよそ350万円ほど。平均から50万円も開きがあるので、低所得に分類されてしまうでしょう。額面年収300万円・手取り年収300万円、どちらの場合も年収を上げる方法を模索した方が良いかもしれませんね。

 

年収300万の生活レベルは?独身・既婚・家賃の有無で大幅に変わる

年収300万の生活レベルは?独身・既婚・家賃の有無で大幅に変わる

ここまでで年収300万円は、手取りで300万円でも額面で300万円でも、低所得に分類されるということがわかりました。ここではより生活が厳しいであろう、額面年収300万円の場合の生活レベルを考察します。

 

ただし単に生活レベルと言っても、様々な条件によって同じ収入でも生活レベルは異なります。今回は以下の条件での生活レベルを考えてみましょう。

 

  • 独身の場合:「実家暮らし」なのか「一人暮らし」なのか
  • 既婚の場合:子供の有無、賃貸、分譲など

 

ここでは額面年収300万円の収入を、手取り年収240万円、手取り月収20万円と仮定して生活レベルを考えます同じ月収20万円でも上記のような条件で生活レベルは変わるので、ご自身に当てはめてみてください。

 

独身・実家暮らしならいい生活ができるが、一人暮らしだと節約した方がいい

実は額面年収300万円≒手取り月収20万円でも、それなりに良い暮らしができる条件があります。それは独身で実家暮らしだ、という場合。食費と家賃として実家に5万円程度を収めても、残り15万円を好きに使えます。

 

実家暮らしだと収入の4割を貯蓄すると良い、という話があるので8万円を貯金したと仮定しましょう。それでもまだ月々の自由に使えるお金が7万円残ります。

 

では一人暮らしの場合はどうでしょうか。一例として都内で部屋を借りると、ワンルームでも8万円程度が家賃になります。残り12万円から、光熱費や通信費等で2万円、食費で4万円使うと仮定すると、残る金額は6万円。6万円のなかから交際費や雑費を出すと、貯金はできても2万円〜3万円ほどでしょう。

 

結婚していると状況次第だが子供がいるとかなり厳しい!共働きが必須

額面年収300万円≒手取り月収20万円だと、結婚していると少し厳しい状況になるかもしれません。パートナーが働いていれば良いですが、一馬力で2人が生活するにはかなり厳しいでしょう。

 

都内で生活するのであれば、2人が十分に生活できる広さの部屋として、10万円程度の家賃は検討したいところ。さらに光熱費や通信費、二人分の食費となると、残った10万円のほぼ全てを使い切ってしまいます。

 

都心部を離れて郊外に引っ越したとしても、2人で生活するのであれば家賃は6万円ほどみておきたいですね。その場合でも、十分な交際費は確保できず、貯金は現実的ではありません。パートナーが仕事をするか、自身の給与が大幅に上がらなければ、良い暮らしはできないと思っておきましょう。

 

さらに子供を作る場合、額面年収300万円≒手取り月収20万円の一馬力での生活は、東京都内ではほぼ不可能。地方への引っ越しが必要なレベルです。手取り20万円の一馬力で子供ができたという方は、今すぐ転職などで給与を上げるか、地方への引越しを検討すべきでしょう。

 

収入を増やしたいなら転職がおすすめ。年収300万円前後にオススメの転職エージェント3選

収入を増やしたいなら転職がおすすめ。手取り20万円の人にオススメの転職エージェント3選

年収300万円前後でこのままでは不安だ、収入をもっと上げたい、と感じるのであれば転職するのがおすすめです。年収300万円前後しか給与が出ない職場では、大幅な昇給は現実的ではないでしょう。もちろん現在の職場で頑張りたいなら、時間をかけて昇給しても良いでしょうが、今すぐ収入を増やしたいなら転職一択です。

 

といっても自分で転職先を探して、今より条件の良い会社を見つけるのは、なかなかに難しいでしょう。良さそうな会社を見つけても、給与面以外の問題が出てくる場合もあります。そこで当サイトでは、転職

 

転職エージェントは転職のプロなので、今より条件の良い企業を紹介して欲しい、といったニーズにバッチリ応えてくれますよ。収入アップに特化したおすすめの転職エージェントを3社紹介するので、今の収入に不安がある方は必ず登録しておきましょう。

収入アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. パソナキャリア|収入アップに特化した転職実績
  2. リクルートエージェント|圧倒的求人数であなたにぴったりの求人を紹介
  3. doda(デューダ)エージェント|ここでしか応募できない非公開求人多数

おすすめ転職エージェント①:パソナキャリア

パソナキャリア

引用元:パソナキャリア

パソナキャリアは利用者の年収アップ率に定評のある、年収アップに特化した転職エージェントです。実際にパソナキャリアを利用して転職した人のうち、67.1%が年収アップに成功したというデータもあるので、年収アップを目指すなら必ず登録するべきですね。

 

また、オリコンによる顧客満足度調査で3年連続1位を獲得した実績もあるため、名実ともに信頼できる転職エージェントです。キャリアアドバイザーに対する満足度が非常に高く、面接の指導から転職の前段階である現在の会社の退職についてのアドバイスまで、どんなことでもサポートしてくれますよ。

 

今の年収に不満がある人や、将来のために昇給しやすい仕事に転職したい、という方は必ず登録しましょう!

パソナキャリアに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント②:リクルートエージェント

リクルートエージェント

引用元:リクルートエージェント

リクルートエージェントは万人におすすめできる転職エージェントで、ブランド力も抜群です。その最大の特徴は求人数の多さで、他社を圧倒する求人数を誇ります。

 

求人数が多いということは、転職のチャンスが多いということでもあります。リクルートエージェントにはとにかく大量の求人が集まっているので、今以上の収入をえられる企業も必ず見つけられるでしょう。

 

また、サポートも手厚く履歴書の添削や面接対策もバッチリです。本気で収入を増やしたい、転職したい、と考えているなら絶対に登録しておきましょう。

リクルートエージェントに今すぐ登録する

 

おすすめ転職エージェント③:doda(デューダ)エージェント

doda(デューダ)エージェント

引用元:dodaエージェント

dodaエージェントの特徴は、なんといっても多数の非公開求人を持っていることです。非公開求人とは、誰でも応募できるわけではなく、転職エージェントからの紹介でのみ応募することができる求人です。非公開なだけあって、条件が格段に良かったり、レベルが高いポジションの求人だったりします。

 

なんとdodaエージェントの求人は非公開求人が全体の8割を占めているので、登録すると普通では巡り合えない求人と巡り合うことができるでしょう。もしすでに他の転職エージェントに登録する予定があっても、dodaエージェントには絶対に登録しておくべきですね。

dodaエージェントに今すぐ登録する

まとめ:年収300万円は低所得層!生活が厳しいなら転職を検討しよう!

まとめ:手取り20万円は低所得層!生活が厳しいなら転職を検討しよう!

この記事では、額面年収300万円ほどの場合の手取り年収の金額や算出方法、生活レベルについて解説しました。結論としては、額面年収300万円の手取り年収は225万円〜240万円ほど。都心で生活をするなら、かなり厳しい生活になる可能性があるようです。

 

残念ながら年収300万円は、社会的にも低所得層だと判断されてしまいます。一人暮らしでもギリギリ、結婚などを考えているのであれば、年収300万円は現実的ではないでしょう。

 

もし今以上の年収が欲しいなら、ぜひ転職を検討してみましょう。今にもあなたにぴったりの求人への応募が始まっているかもしれません。当サイトで紹介した転職エージェントを活用すれば、素晴らしい求人と巡り合って、今以上の収入を手に入れられるでしょう。

収入アップにぴったりな転職エージェントTOP3

  1. パソナキャリア|収入アップに特化した転職実績
  2. リクルートエージェント|圧倒的求人数であなたにぴったりの求人を紹介
  3. doda(デューダ)エージェント|ここでしか応募できない非公開求人多数

 

より満足のいく転職先を見つけ確実に就職するるために、こちらの記事も併せて読まれることをおすすめします。>>【社会人向け】転職活動中に読むべき本おすすめ7選!転職成功に導く良書を紹介!