未経験ニートがITエンジニアになるには!?人生を逆転させる最短ルートを解説

未経験ニートがITエンジニアになるには?人生を逆転させる最短ルートを解説 プログラミングスクール

「今はニートだが、そろそろ就職して収入を得たい」
「ニートを脱してせっかく働くなら、周りの人より稼ぎたい」
とお考えではないでしょうか?就職して高収入を得たいニートの人には、IT業界への就職がおすすめです。この記事では、ニートの人へIT業界への就職をすすめる理由や、未経験のニートがIT業界へ就職する方法を徹底解説。

 

記事の後半では、ニートがIT業界への就職を目指す際におすすめのプログラミングスクール7選も紹介します。最後まで読めば、ニートがIT業界へ就職するメリットを理解することが可能です。そして、IT業界へ就職するために通うべきプログラミングスクールを選択することができるでしょう。

 

この記事で紹介するプログラミングスクールの中でも、以下の3つが特におすすめです。いずれもサポート体制が整っており、途中で挫折せずプログラミングを学べます。ぜひ下記のスクール名をタップして無料説明会に参加してみましょう。

 

※ なお、『いますぐプログラミング学習を始めたい』という方は、「DMM WEBCAMP」がおすすめ!

 

DMM WEB CAMPなら、最短3ヶ月で未経験からITエンジニアへの転職が可能。転職できなかった場合には、受講料が全額返金される、「転職保証」が付いているので安心です。

 

スマホやPCから1分でカンタンに申込が出来て、無料のカウンセリングやキャリア相談を受けられます。あなたも未経験からプログラミング学習を始められるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐDMM WEBCAMPに申し込む

 

おすすめのプログラミングスクール

  1. GEEK JOB|20代限定!受講から就職まで無料
  2. DMM WEBCAMP|優良企業に就職できる転職保証付き
  3. テックキャンプエンジニア転職|30代のニートもIT業界へ就職できる

【2021年版】おすすめプログラミングスクール20選!特徴や評判を徹底比較!」では、おすすめのプログラミングスクールを20校紹介しています。プログラミングスクール選びでお悩みの人は、ぜひ併せてご覧ください。

 

ニートが一発逆転を狙うならIT業界への就職がおすすめ!理由を3つ紹介

ニートが一発逆転を狙うならIT業界への就職がおすすめ!理由を3つ紹介

現在はニートだが稼ぎたいという気持ちがあるなら、IT業界への就職がおすすめです。「IT未経験のニートがIT業界に就職なんてできるの?」と不安に思われる人も多いことでしょう。 結論から言うと、ニートでもIT業界に就職できます。ここでは、ニートにIT業界への就職をおすすめする理由を3つ紹介します。

  • IT業界は常に人材不足
  • 学歴や職歴が問われない
  • 他の職種に比べて年収が高い

以下で順に詳しく説明します。

 

①IT業界は常に人材不足

IT業界が人材不足に陥っている理由は主に2つあります。1つは、IT人材として活躍しているベテラン層の高齢化が進んでいることです。経験豊富な現役エンジニアが高齢化により退職していくスピードに、新しくIT業界に参入する若いエンジニアの数が追いついていません。

 

もう1つは、IT技術の発展に伴いIT人材の需要が高まっていることです。AIやIoTなどのビッグデータが盛んになるも、その技術変化のスピードにIT人材の育成が間に合っていません。 

 

経済産業省による IT 人材需給に関する調査報告書(2019年3月)によれば、2018年の時点で約22万人のIT人材が不足。このままでは、2030年には約45万人のIT人材が不足すると想定されているほどです。今後もあらゆる場面でIT化が進むことが予測されます。IT人材の需要はますます高まっていくことでしょう。

 

②学歴や職歴が問われない

エンジニアの需要が高い一方で、エンジニアの数が不足しているので、IT未経験のニートなど学歴や職歴がない人でもIT業界に就職できます。企業側としては、たくさん仕事はあるのにこなせるエンジニアがいないので、とにかく人材を集めたいのです。

 

IT系の仕事は、「スキルがなければ働けない」というイメージがあります。しかし、IT人材の不足に備えて、未経験者でも就職できるよう、入社後の教育体制を整えている企業も多いのです。なかには、現場で働きながら必要なスキルを身につけることが可能な就職先もあります。

 

事前に独学である程度知識を身につけておけば、面接でアピールできます。自分の努力次第でスキルが磨けるので、学歴に関係なくキャリアアップや昇給が可能な職種です。

 

③他の職種に比べて、年収が高い

③他の職種に比べて、年収が高い

ITエンジニアの平均年収は約500万円と言われています。職種やスキル、経歴によって年収は異なりますが、年収1,000万円を超える人もいます。国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査結果によれば、日本人の平均年収は441万円でした。

 

ITエンジニアは専門的な知識やスキルが必要なため、平均よりも年収が高い傾向にあります。高いスキルを身につければ将来的には起業したり、フリーランスとして独立したりすることも可能です。フリーランスのメリットは、とにかく自由なことでしょう。

 

自由な生活で1,000万円以上を稼ぐこともITエンジニアなら夢ではありません。稼ぎたい人は自分の努力次第で高い収入を目指せるITエンジニアになるために、プログラミングを学んでみてはいかがでしょうか。

 

ニートがIT業界に就職する最短ルートはプログラミングスクール!

ニートがIT業界に就職する最短ルートはプログラミングスクール!

プログラミングを学んでIT業界に就職したいが、何からはじめたら良いか分からないという人もいらっしゃることでしょう。プログラミング学習のはじめ方について知りたいなら、「初心者がプログラミングを学ぶ方法を解説!絶対にしてはいけない学習法とは?」をご覧ください。

 

言語の選び方や学習の進め方などを詳しくお伝えしています。最短でIT業界へ就職したいのなら、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。プログラミングスクールに通えば、手厚いサポートを受けながらプログラミングを学習できます。

 

スクールによっては就職先の紹介を受けることも可能です。プログラミングスクールに通うことが、ニートがIT業界に就職する一番の近道と言えるでしょう。ニートがIT業界に就職する場合に考えられる方法は主に以下の4つです。

  • アルバイトから正社員への登用を目指す
  • ハローワークを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 就職支援付きのプログラミングスクールを利用する

4つの方法について順に解説しながら、プログラミングスクールへ通うことをおすすめする理由について述べていきます。

 

アルバイトから正社員への登用は期待できない

IT業界に未経験でアルバイトとして入社し、正社員への登用を目指すという方法があります。ITエンジニアの仕事の中でも、下流工程に属する簡単な作業であれば、アルバイトとして仕事を募集しているケースも珍しくありません。

 

コツコツと仕事を継続していれば、勤務態度が評価され、少しずつ他の仕事も任せてもらえるようになり、正社員になれるケースもあります一方、実際には社員登録されないまま辞めていく人の方が多いことも事実です。

 

お金を稼ぎながらプログラミングの知識に触れたいのならば、アルバイトという選択肢も良いでしょう。ただし、確実に正社員として就職したいのであれば、アルバイトとして入社し正社員を目指す方法はあまりおすすめしません。

 

人気のIT企業はハローワークへの求人を出していない

ハローワークの求人で就職先を探すという方法もありますが、あまり期待はできません。今でもハローワークに求人を出している企業はありますが、昔に比べるとかなり数は減っています。その理由として、ハローワークに求人を出しても希望する人材を獲得できないケースが多いためです。

 

有料ではありますが、他の求人サービスを利用した方が求人への応募率も高く、人を集めやすいのです。人材不足が深刻なIT企業はお金を払ってでも人材がほしいため、ハローワークではなく有料の求人サービスを利用する傾向にあります。

 

転職サイトは書類選考で落とされる可能性が高い

転職サイトは書類選考で落とされる可能性が高い

ハローワークと比較すると、転職サイトのほうがIT業界の求人数が多く掲載されています。ただし、応募者が多いため競争率が高く、ニートだと書類選考の段階で落とされやすいです。しかし、中には実際に転職サイトを利用して就職に成功したニートもいるので、挑戦してみても良いでしょう。

 

代表的な転職サイトは「リクナビNEXT」と「マイナビ転職」です。この2つの転職サイトはブランド力と実績があり、優良企業の求人が多いため、安心して利用できます。転職サイトに掲載されている未経験でも応募可能な求人には、実は2種類あります。

  • 全くの未経験でもOKな求人
  • とりあえず未経験OKとしているが、本当は経験者が欲しい求人

どちらかと言うと、後者の企業の割合が高い印象です。未経験のニートが転職サイトを利用してITエンジニアの職に就くのは、ハードルが高めであると言えます。

 

就職支援付きのプログラミングスクールがおすすめ!

ニートがIT業界に就職する場合に考えられる方法は色々ありますが、一番の近道はプログラミングスクールに通うことでしょう。プログラミングスクールであれば、プログラミングの知識を身につけたうえで就職できるので、就職先の選択肢が大きく広がります。

 

プログラミングスクールの中には、実際にWebアプリケーションの開発を行うところまで学習内容に含んでいるスクールもあります。学習の中で実践的なスキルを習得でき、作成したWebアプリケーションは就職活動時に自分の実績としてアピールすることが可能です。

 

また、就職支援を受けられるスクールが多いこともおすすめする理由の1つです。スクールの中にはプログラミング学習後の就職率が90%を超えているところもあります。学んだスキルを活かして確実に就職するには、プログラミングスクールが最適と言えるでしょう。

 

未経験ニートにおすすめのIT系の職種はインフラエンジニア

未経験ニートからエンジニアとして就職する場合におすすめなのが、インフラエンジニアです。インフラエンジニアは簡単に言うと、施設に常駐してデータベースに異常がないかを監視する仕事です。異常があった場合はランプが光るので、一目でわかります。

 

自分で対応出来なければより詳しいエンジニアを呼んで対応してもらう形になるので、比較的楽な業務であると言えるかもしれません。ただし、常に監視するという性質上、夜勤が多くなったり、土日が仕事になったりすることがあります。

 

学歴や職歴に関係なく、技術や知識を磨いて行けば上流行程を目指せるのがメリットです。初心者の内は仕事をしながらコツコツと学習を続けると良いでしょう。

 

未経験ニートにおすすめのプログラミングスクール7選

未経験ニートにおすすめのプログラミングスクール7選

IT業界に就職するためにプログラミングスクールへ通いたいが、数が多すぎてどのスクールが良いのか分からないというニートの人も多いことでしょう。

 

ここでは、未経験のニートがITエンジニアを目指すのにおすすめのプログラミングスクールを7つ紹介します。紹介するプログラミングスクールの特徴を一覧にまとめたのでご覧ください。

プログラミングスクール名 学べる言語 受講スタイル 料金 就職支援
GEEK JOB(ギークジョブ) Java、PHP、Rubyなど オンライン・オフライン ・スピード転職コース:無料
・プレミアム転職コース:¥398,000(税別)
19歳~32歳
DMM WEB CAMP(ディーエムエムウェブキャンプ) HTML/CSS、JS、jQuery、Rubyなど オンライン・オフライン ・短期集中コース:¥28,072(税込)/月~
一括料金¥690,800(税込)
・専門技術コース:
¥38,706(税込)/月~
一括料金¥910,800(税込)支援適用で実質¥350,800(税込)
あり
テックキャンプエンジニア HTML/CSS、Ruby、Ruby on Rails など オンライン・オフライン ¥19,600(税込)/月 39歳以下
プログラマカレッジ Java、SQL、JavaScriptなど オンライン・オフライン 無料 30歳以下
TechAcademy(テックアカデミー) Ruby、PHP、Java、Pythonなど オンライン ・転職保証コース:¥327,800(税込)
・webアプリケーションコース4週間:¥174,000(税込)
20歳~31歳
0円スクール Java オンライン・オフライン 無料 18歳~35歳
サムライエンジニア Swift、Android、Java、HTML/CSSなど オンライン・オフライン ・デビューコース:
¥3,667(税込)/月~
・エキスパートコース:¥17,416(税込)/月~
・転職コース:転職成功で実質無料
あり

プログラミングを学びはじめる際には、明確な目的を定めることが重要です。明確な目的を定め、目的を達成するために必要な言語を学べるスクールを選択する必要があります。

 

スクールにより、料金やサービス内容が異なるので、自分に合ったプログラミングスクールを見つけましょう。中には無料で受けられるスクールもあるので、最後までチェックしてくださいね。

 

①GEEK JOB(ギークジョブ)

①GEEK JOB(ギークジョブ)

引用元:GEEK JOB公式HP

学べる言語 Java、PHP、Rubyなど
受講スタイル オンライン・通学
コース・料金 ・スピード転職コース:無料
・プレミアム転職コース:¥398,000(税別)
就職支援 19歳~32歳

GEEK JOB(ギークジョブ)は、プログラミングを学び短期間で就職したい20代のニートにおすすめです。97.8%という高い就職決定率を誇ります。ギークジョブの運営会社は転職支援も行っているからです。

 

紹介先企業には大手企業も数多くあります。また、就職支援も手厚く、面接練習や履歴書の添削まで行ってくれます。ギークジョブでは、下記の3つの条件を満たすと無料で学ぶことが可能です。

  • 20代であること
  • 就職する意思があること
  • 東京の校舎に通えること 

上記の条件に該当し無料で学ぶ場合JavaとPHP、Rubyの中から1つを選んで集中的に学習します。Rubyを無料で学習できるスクールはそう多くないでしょう。Rubyは初心者でも学びやすく、需要が高いプログラミング言語です。短期間でアプリ開発の仕事への就職を目指せます。

 

さらに、ニートにとって魅力的なのは、ギークジョブの学習が個別自習形式であることです。周りを気にせず自分のペースで学習することができ、わからないことがあればメンターに質問もできます。

 

20代であれば無料でプログラミングを学び短期間で就職できるので、下記よりギークジョブの無料カウンセリングに申し込みましょう。

今すぐGEEK JOBの無料カウンセリングに申し込む

 

②DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

②DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

引用元:DMM WEBCAMP公式HP

学べる言語 HTML/CSS、JS、jQuery、Rubyなど
受講スタイル オンライン・オフライン
コース・料金 ・短期集中コース:¥28,072(税込)/月~
一括料金¥690,800(税込)
・専門技術コース:
¥38,706(税込)/月~
一括料金¥910,800(税込)→支援適用で実質¥350,800(税込)
就職支援 あり

DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)は、未経験でもITエンジニアになれるというキャッチフレーズで人気のプログラミングスクールです。転職成功率はなんと98%と言われています。転職できない場合には全額返金される転職保証制度もあります。

 

 

転職保証制度の対象となるかは確認が必要なので、無料カウンセリング時に聞いておきましょう。少しでも早く就職したい人は、短期集中コースがおすすめです。フルタイムで学習を進めることで、最短3ヶ月でエンジニア就職を目指せます。

 

就職経験がなくても、履歴書の添削から面接対策までキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので安心です。ディーエムエムウェブキャンプの求人案件の中には、福利厚生が整っている会社や自由な働き方ができる会社が多くあります。自由な環境で働ける職場であれば、ニートの人も馴染みやすいでしょう。

 

ディーエムエムウェブキャンプの学習カリキュラムの特徴は、チーム開発を経験できることです。自分1人の個人開発をカリキュラムに含んでいるプログラミングスクールは多くありますが、チーム開発ができるスクールは少ないです。

 

ディーエムエムウェブキャンプを実際に利用した人の評判では、チーム開発を経験できたことについて喜びの声が寄せられていました。

 

条件に該当すれば転職保証を受けられるので、まずは下記より無料カウンセリングに申し込んで詳しい話を聞いてみましょう。

今すぐDMM WEBCAMPの無料カウンセリングに申し込む

 

③テックキャンプエンジニア転職

③テックキャンプエンジニア転職

引用元:テックキャンプエンジニア転職公式HP

学べる言語 HTML/CSS、Ruby、Ruby on Railsなど
受講スタイル オンライン・オフライン
コース・料金 ・短期集中スタイル
・夜間・休日スタイル:¥19,600(税込)/月
就職支援 39歳以下

テックキャンプエンジニア転職は、オンラインで学習したいが挫折しないか不安という人におすすめのプログラミングスクールです。未経験者がプログラミングを学んで手に職をつけ、働けるようになるまでには約1,000時間の勉強が必要と言われています。

 

テックキャンプであれば約1,000時間で身につく知識やスキルを、約600時間で習得することが可能です。学習時間を短縮できる秘訣は、テックキャンプが独自に開発した学習教材にあります。未経験からでも学びやすい教材を提供し、効率的に学べるカリキュラムを組むことで短期間での習得を実現しているのです。

 

もちろんオンライン学習でも手厚いサポートにより挫折せず学べる環境が用意されています。オンライン学習を選択しても、気分次第で全国の教室を利用することが可能です。その日の気分に合わせて学習スタイルを変えられる自由さもニートにとって挫折しにくいポイントと言えるでしょう。

 

さらに、テックキャンプの講師は選考を通過したエンジニアたちです。他のスクールでは大学生や卒業生などが講師を務めているところもあるので、講師陣のレベルは担保されていると言えるでしょう。

 

転職支援が可能な年齢を30歳未満に制限しているスクールもある中、テックキャンプエンジニア転職は39歳未満まで支援を受けられます。ぜひ下記よりテックキャンプエンジニア転職の無料カウンセリングに申し込みましょう。

今すぐテックキャンプエンジニア転職の無料カウンセリングに申し込む

 

④プログラマカレッジ

④プログラマカレッジ

引用元:プログラマカレッジ公式HP

学べる言語 Java、SQL、JavaScriptなど
受講スタイル 通学・オンライン
コース・料金 無料
就職支援 19歳~29歳

プログラマカレッジは無料で学べるプログラミングスクールです。料金がかからないことはニートにとって大きな魅力でしょう。プログラマカレッジはプログラミングを習得した受講生を企業に紹介することにより、企業から報酬を得ています。

 

つまり、プログラミングを無料で習得できるうえに、就職支援まで受けられるのです。一方、就職先が限られるというデメリットも持ち合わせています。あなたの希望の条件にピッタリの企業に就職できるとは限りません。

 

プログラマカレッジで学んだ受講生の正社員就業率は96.2%という高い実績を誇っています。就職活動に必要なスキルである「ビジネスマナー対策」「面接対策」のサポートも行っているので、就職活動の経験がないニートでも安心です。また、プログラマカレッジではチームでの開発が経験できる点も魅力の一つ。

 

プログラマーは一人で黙々と作業をするイメージがあるかもしれませんが、実はほとんどの現場がチームで動いています。そのため、実際の仕事に近いチームでの開発作業を行なった経験は、就職活動をする上でアピールポイントになります。

 

無料でプログラミングを学び高い確率で正社員として就職できるので、下記よりプログラマカレッジの無料カウンセリングに申し込みましょう。

今すぐプログラマカレッジの無料カウンセリングに申し込む

 

⑤TechAcademy(テックアカデミー)

⑤TechAcademy(テックアカデミー)

引用元:TechAcademy公式HP

学べる言語 Ruby 、Java、PHP、Pythonなど
受講スタイル オンライン
コース・料金 ・エンジニア転職コース:¥327,800(税込)
・Webアプリケーションコース(4週間):
¥174,900(税込)
就職支援 20歳~31歳

TechAcademy(テックアカデミー)はオンライン専門のプログラミングスクールです。他サービスと比べてコースの数が豊富です。コース選びに迷わないために、事前に学習する言語や目的をはっきりさせておきましょう。

 

テックアカデニーでは、受講生1人ひとりにパーソナルメンターがつきます。週に2回のマンツーマンメンタリングでは、パーソナルメンターが学習の進捗状況を確認し、計画通り学習が進むようにサポートしてくれます。また、毎日15時から23時の8時間、チャットサポートも利用可能です。

 

学習を進めていくうえでの不安や将来のビジョンについても親身に相談にのってくれるので、オンラインでも挫折しにくいでしょう。なお、メンターは対応が丁寧で、チャットサポートも返信が早いと評判です。

 

「TechAcademyキャリア転職支援コース」を選べば、就職支援を受けることもできます。30歳未満で就職や転職の意思がある未経験の人であれば、誰でも受講可能です。下記よりTechAcademyの無料カウンセリングに申し込んでみてください。

今すぐTechAcademyの無料カウンセリングに申し込む

 

⑥0円スクール

引用元:0円スクール公式HP

学べる言語 Java、HTML、 JavaScript 、jQuery、CSS、 Bootstrap、SQL
受講スタイル 通学
コース・料金 初心者コース、開発コース、どちらも無料
就職支援 18~35歳

0円スクールは、18歳〜35歳までのIT業界に携わりたい人に無料で学べる環境を提供するプログラミングスクールです。違約金も発生しないので、通学費用を出すのが難しい人におすすめのスクールと言えます。開発用のパソコンも貸し出してくれますよ。

 

未経験でも最短3ヶ月でプログラマーを目指せるのも魅力の1つです。言語はJavaを中心に、JSPやjQueryなど主にWEBアプリケーションの開発に関わるものを学習できます。Javaは汎用性が高い言語のため、身につけておいて損はありません。

 

Webアプリの開発を通してノウハウを学ぶカリキュラムなので、現場で活かせる知識やスキルを身に着けることができます。学習の進み具合に合わせて個別に指導してくれるスタイルは、挫折することが少ないと評判です。完全無料でプログラマーとして就職したい人にはピッタリのスクールと言えるでしょう。

 

なお、注意点としては教室以外ではテキストを閲覧できない点が挙げられます。教室の開校時間は18〜18時半までのため、日中帯を空けておく必要があります。バイトと掛け持ちしたい人などは気をつけましょう。

 

また、学習できる言語がJavaをはじめとしたWEBアプリ開発に使われる言語に限定されている点も注意が必要です。まだ学習したい言語が決まっていない人にとってはキャリアの幅を狭めてしまうリスクがあるでしょう。

 

実践的なカリキュラムで多くの知識やスキルが身にるけられるので、ぜひ下記より無料説明会に申し込んでみてください。

今すぐ0円スクールの無料説明会に申し込む

 

⑦SAMURAI ENGINEER(サムライ エンジニア)

⑦SAMURAI ENGINEER(サムライ エンジニア)

引用元:侍エンジニア公式HP

学べる言語 HTML/CSS、Ruby、PHP、Java、など
受講スタイル オンライン・オフライン
コース・料金 ・デビューコース:¥3,667(税込)/月~
・エキスパートコース:¥17,416(税込)/月~
・転職コース:転職成功で実質無料
就職支援 あり

侍エンジニアもオンラインで挫折せずプログラミングを取得できる環境が整っています。公式HPによれば、侍エンジニアの受講生の中でプログラミング未経験者は90%を占めています。そのうち挫折率は8%という非常に低い水準を保っているのです。専属の講師が学習のはじめから最後まで一貫してサポートをしてくれます。

 

1人ひとりのスキルやペースに合わせたオリジナルのカリキュラムに沿って学習をすすめるので、無理なく学習を行えると評判です。基本的にはオンラインで自由に学習を行います。自分で学習する中での疑問は、週に1回の60分マンツーマンレッスンで解消することが可能です。

 

講師は企業で働く現役のエンジニアや、フリーランスエンジニアがほとんどです。講師から実際の仕事現場の様子を教えてもらえることも魅力でしょう。

 

プログラミング未経験の受講生が90%を占める中、94.1%という転職成功率を誇っています。下記より侍エンジニアの無料カウンセリングに申し込んでみましょう。

今すぐ侍エンジニアの無料カウンセリングに申し込む

 

未経験でITエンジニアに就職するときつい?

未経験でITエンジニアに就職するときつい?

ITエンジニアは、きつくて大変という話を聞いたことがある人もいらっしゃることでしょう。IT業界は常に変化し続けている業界です。日々更新されていく情報をキャッチアップし、常にスキルを磨き続けることが求められます。

 

一方、自分の努力次第でスキルを身につけるごとに確実に評価され、年収もアップするのです。ここでは、未経験からITエンジニアになった場合にきついと感じる理由をお伝えします。

 

①就職先を慎重に選ぶ必要がある

一口にITエンジニアと言っても、業務内容や働き方は就職先によって様々です。未経験からITエンジニアに就職した直後は、はじめから大量の業務を与えられることは珍しく、補佐的な業務から担当することが多いでしょう。

 

はじめから業務量が膨大すぎて辛いという場合は、いわゆるブラック企業に就職してしまった可能性があります。未経験でITエンジニアとして就職するのであれば、就職先を慎重に選ぶ必要があるのです。しかし、自分1人で探して見極めることは難しいですよね。

 

その点就職支援付きプログラミングスクールに通えば安心です。プログラミングスクールは、受講生に紹介する就職先に対して、厳しい審査をしています。誤ってブラック企業に就職してしまう可能性はありません学習から就職まで一貫してサポートしてくれるので、自分に合う適切な就職先を見つけやすいでしょう。

 

②ITエンジニアは自ら勉強し技術を磨き続けていく必要がある

②ITエンジニアは自ら勉強し技術を磨き続けていく必要がある

IT技術は常に進化を続けています。ITエンジニアは進化していく技術に置いて行かれないように、日常的に勉強し技術を磨き続けていく必要があるのです。

 

学ぶことが多くて辛い、苦しいと感じる人は、ITエンジニアとしての適性がない可能性があります。勉強し続ける職場環境や、自ら学習し技術を磨き続けていく状況に適正がないと、ITエンジニアとして成功することは難しいでしょう。

 

③クライアントの納期に追われる

エンジニアの仕事はクライアントワークが基本となるため、納期に追われながら仕事を進めるケースが多いです。クライアント希望のタイトなスケジュールに対して、一定以上の質が求められるため、納期がストレスに感じるでしょう。

 

また、クライアントからのイレギュラーな依頼や突発的なトラブルが発生した場合、臨機応変に対応する必要があります。納期を守りながらイレギュラー対応する点は、ITエンジニア就職のきつい部分と言えるでしょう。

 

④残業・休日出勤が多め

ITエンジニアはプロジェクトの進捗状況に応じて、残業や休日出勤が多くなる傾向にあります。特に、システムリリースの直前と直後は、トラブルが起こりやすいことから、イレギュラーな出勤も増えるでしょう。

また、残業や休日出勤が多い企業にエンジニア未経験で就職した場合、慣れるまでに体力とメンタル面ともにきつい可能性があります。

 

⑤業務の専門性が高い

ITエンジニアはプログラミング関連の知識はもちろん、ITやPC関連の知識、技術が求められます。IT業界が未経験の場合は、覚えることが多く、きついと感じる人もいるでしょう。

 

また、専門用語やPC周辺機器の使い方がわからなければ仕事にならないため、覚えるまで職場で肩身の狭い思いをする可能性があります。仕事の合間を縫って、IT関連の用語や知識を学習する姿勢が大切と言えるでしょう。

まとめ:IT業界未経験のニートには、プログラミングスクールがおすすめ!

まとめ:IT業界未経験のニートには、プログラミングスクールがおすすめ!

ニートがITエンジニアを目指す最短ルートは、プログラミングスクールに通うことです。プログラミングスクールなら、学習途中で挫折しにくく、スクールによっては就職支援まで受けられます。中には、無料のプログラミングスクールもあるので、自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう。

 

プログラミングを習得し就職すれば、実績を積み将来的にはフリーランスエンジニアとして独立し自由に働くことも可能です。IT業界は人材不足なので、未経験のニートでも就職しやすいです。

 

ITエンジニアの職種の特性上、スキルや知識を身につければその分評価され、学歴や経歴に関係なく年収もあがりやすい傾向にあります。稼ぎたいと考えているニートの人は、プログラミングスクールに通ってITエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

 

この記事で紹介したプログラミングスクールの中でも、以下の3つが特におすすめです。いずれもサポート体制が整っており、途中で挫折せずプログラミングを学べます。ぜひ下記のスクール名をタップして無料説明会に参加してみましょう。

おすすめのプログラミングスクール

  1. GEEK JOB|20代限定!受講から就職まで無料
  2. DMM WEBCAMP|優良企業に就職できる転職保証付き
  3. テックキャンプエンジニア転職|30代のニートもIT業界へ就職できる