【2021年】プログラミング言語を徹底比較!おすすめ言語11選

【2021年】プログラミング言語を徹底比較!おすすめ言語11選 プログラミングスクール

近年、プログラミング言語を扱えるプログラマーへの需要は高まっています。しかし、反して現役プログラマーの数はとても少ないです。将来性の高いプログラミング言語を学習して、高収入のプログラマーへの転職を目指しませんか。そのためには自分の目的に合ったプログラミング言語を選ぶ必要があります。

 

※ なお、『いますぐプログラミング学習を始めたい』という方は、「DMM WEBCAMP」がおすすめ!

 

DMM WEBCAMPなら、最短3ヶ月で未経験からITエンジニアへの転職が可能。転職できなかった場合には、受講料が全額返金される、「転職保証」が付いているので安心です。

スマホやPCから1分でカンタンに申込が出来て、無料のカウンセリングやキャリア相談を受けられます。あなたも未経験からプログラミング学習を始められるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐDMM WEBCAMPに申し込む

 

おすすめのプログラミングスクール

  1. DMM WEBCAMP|短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけられる
  2. TECH CAMP|最短ルートでNo.1エンジニアを目指せる
  3. プログラマカレッジ|受講料が無料、3,500社の就職先を受講生に紹介している

【2021年版】おすすめプログラミングスクール20選!特徴や評判を徹底比較!」では、おすすめのプログラミングスクールを20校紹介しています。プログラミングスクール選びにお悩みの人は、ぜひ併せてご覧ください。

 

プログラミング言語とはコンピューター専用の言葉

プログラミング言語とはコンピューター専用の言葉

プログラミング言語とは、人間がコンピューターに伝わるように使用している命令のことです。人間にもコンピューターにも理解できる共通言語のようなものとなります。プログラミング言語を通して、コンピューターは人間の命令を理解し、実行することとなります。

 

プログラミング言語は全て合わせると200種類以上あります。コンピューターの種類や作るものによって使用する言語は変わります。そして、学んだプログラミング言語により、将来の仕事が変わってきます。

 

簡単で習得しやすい言語を学ぶことも大切ですが、将来どのような仕事を手がけたいのか、ということも判断材料として考えていく必要があります。自分の年齢などを気にする方もいますが、プログラミング言語自体、歴史の古いものがあまりありません。

 

最近新しく出てきたものなどは、知らない人も多いので学んでおけば希少なエンジニアとして優遇されることでしょう中には様々な種類のプログラミング言語を習得する方もいます。しかし、基本的には一つのプログラミング言語を習得してそれを元に仕事をしていく形となります。

 

つまり、最初にどのプログラミング言語を選ぶかはとても大切なことです。また、一つのプログラミング言語を学ぶと、その言語と互換性のある言語も理解することができます。つまり、どのプログラミング言語を選ぶかで、あなたの世界は広くも狭くもなっていきます。

 

よく吟味して、自分に合うと思える、目的にふさわしいプログラム言語を選んでいただくと、後々の後悔がないことでしょう。

 

主なプログラミング言語11選!

主なプログラミング言語11選!

200種類以上もある言語のうち、現在多く使われているもの、需要が高いものを厳選して11種類にまで減らしましたどの言語を学んだら良いか、現代の傾向から比較できるように表にしてあります。

プログラミング言語 企業常駐案件 クラウドソーシング エンジニア数 仕事内容
JAVA 5点 3点 4点 Webサーバーサイド/WebAPI//ロボット
PHP 4.5点 5点 4点 Webサーバーサイド/WebAPI
Ruby 3.5点 2点 3点 Webサーバーサイド/WebAPI
JavaScrip 4点 3.5点 3点 Webフロントエンド
Kotolin 3点 3点 2点 Androidアプリ
Swift 3.5点 3.5点 3点 iPhoneアプリ
ReactNative 3点 3点 1点 iPhone・Androidアプリ作成
Go言語 3点 1点 1点 Webサーバーサイド/WebAPI作成
Python 3.5点 3点 2点 Webサーバーサイド/ロボット/IoT/AI
C# 3.5点 3点 2点 ブロックチェーン/ゲームUnity/Webサーバーサイド
R言語 3.5点 1点 1点 統計解析

企業常駐案件、クラウドソーシングが多いほど需要が高いプログラミング言語だといえます。しかし、それに対するエンジニア数は需要とは比例していないということにも注目しておくと良いでしょう。需要が高く、エンジニア数が少ないほど給与額も上がり、仕事にも困らない傾向にあります

 

こちらの表を元に、どのプログラミング言語を選ぶべきか考えていきましょう。どの言語を学ぶべきか自分で判断できない場合には、プログラミングスクールの無料相談会に参加し、講師にたずねてみることをおすすめします。

 

プログラマカレッジは、完全無料で未経験から学べるプログラミングスクールです。オンラインで無料相談できるので、下記より申し込んでみてください。

今すぐプログラマカレッジに無料で相談する

 

①C言語|アプリの作成が可能なプログラミング言語

C言語はプログラミング言語の祖と呼ばれています。難易度が高く、決して初心者向きとはいえません。1972年に開発されたコンパイル型の汎用プログラミング言語です。登場から40年以上経っているにもかかわらず、現在でも組込系のソフトウェア開発や比較的規模の大きなシステムで使用されています。今後も活躍が期待できる言語です。

 

「C++」はC言語を拡張して使えるようにした言語で、元のC言語よりも使いやすくなっています。また、これらはC言語と互換性があり、C言語を学んでいればC++も使うことができます。車の自動運転開発システム、スマホアプリケーションやゲーム、WEBサービスのバックエンド開発でも使用されています。

 

ニーズが高く、扱えるエンジニアの需要も高いといえます。C#はJAVAの良いところを取り入れたWeb系の言語で、C言語とは異なります。ブロックチェーンやゲーム開発で使われています。仮想通貨やゲーム業界に興味のある方は、C言語を覚えると良いでしょう。案件数も非常に多く、今後更に増えていく予定です。

 

②JAVA|アプリケーションによく使用される

JAVAの開発は1991年に開始され、2005年、Javaを使用するエンジニアは世界中で450万人を超えました。Javaを使用した機器は25億個、Javaを組み込んだSmart Cardは10億枚生産されました。

 

JAVAは長い歴史を持ち、様々な環境で安定的に動作します。そのようなこともあり、世界的にみても使用されている言語、習得したい言語として1位を記録するほど人気の言語となっています。現在でもJAVAはAndroidアプリの開発、ITシステム開発、Web開発、家電製品で使用されています。

 

プログラム言語の中でも比較的普及率が高い傾向にあります。JAVAが登場してから20年以上がたちますが、JAVAはあらゆる分野・製品の開発に利用されてきていて、JAVAがなければ動かないシステムが世界中にあふれているのです。

 

また、OSを選ばずに動作するという利点もあり、自由度が高いというところも特徴です。しかし難易度が高く、使いこなせるようになるまでには時間がかかるという欠点も持っています。日本で一番常駐案件の多い言語で、JAVAを理解しておけば職を失うことはまずないと言って良いでしょう。

 

また、JAVAを覚えておけば他の言語への転換もしやすいという、有用性の高い言語となります。どうせ学習するならJAVAを覚えたい、という方も多いことでしょう。そういう方はあらかじめ挫折しないプログラムを組まれているプログラミングスクールを選んでいただくことをオススメします。

 

プログラマカレッジなら、完全無料でJAVAを学ぶことが可能です。未経験からでも実践力が身につくカリキュラムが用意されており、受講生の正社員就業率は96.2%という高さを誇っています。オンラインで無料相談できるので、下記より申し込んでみてください。

今すぐプログラマカレッジに無料で相談する

 

③PHP|歴史あるプログラミング言語

③PHP|歴史あるプログラミング言語

PHPは、1994年カナダ人ラスマス・ラードフによって開発されました。C言語をベースとしています。元々はラスマス氏が、Web上で公開している経歴書のアクセス履歴を調べる用途で開発されました。しかし人々の声に応える形でやがてデータベースが扱えるようになったり、フレームワークとして使えるようになりました。

 

これにより動的なWebアプリケーションが比較的容易に開発できるようになりました。Webサイト制作と非常に相性の良いプログラミング言語になります。htmlに埋め込むことができるためWeb開発でよく使われる言語です。

 

PHPはword pressなどのWebアプリケーションの開発に用いられているプログラミング言語です。インターネット上に情報がとても多く、学習しやすい傾向にあります。PHPを使いこなせば、Webデザインも可能です。日本で二番目に常駐案件の多い言語になります。PHPは、初心者でも学びやすい言語の一つです。

 

PHPの情報を扱う日本語のWebサイトや学習教材がとても多く、学習しやすい環境が整っています。実際に業務として携わっているときもネット上での情報収集がしやすくなっています。トラブルが起こったときも解決のヒントを得やすい言語といえます。

 

PHPは記述の自由度が高い言語です。一つの動作にコードが複数存在しています。Webサイトを閲覧する分にはわからなくても、コードを見ると初心者かどうか判別がしやすいといえます。PHPプログラマーの組み方の特徴や能力が、コードで判断されやすい言語です。

 

④Javascript |初心者にもおすすめの言語

Webサイトに動きを出すための言語がJavaScriptです。Javascriptが無くてもWebサイトは見ることはできますが、文章や写真をそのまま読むだけで、いろいろな操作ができません。JavaScriptを使用することで、ブラウザ上で画像を拡大表示して見やすくしたり、入力フォームを設置してメッセージを送付できます。

 

ブラウザ上で動作するのでコンピュータのOSには関係なく、開発環境の準備もいりません。JavaScriptはデスクトップのコンピューター、携帯電話、最新モデルの車など、それらのデバイスにが使われています。ウェブ検索をしたりコンピュータに囲まれた生活を送る上で、JavaScriptは欠かせない役割を果たしています。

 

以前は静的なWebサイトが多かったのですが、今は動的なWebサイトが当たり前になってきています。そういった動的サイトにJavaScriptは不可欠ですし、今後更に需要は高まっていくことでしょう。JavaScriptは、「InternetExproler」や「GoogleChrome」といったブラウザと、テキストエディタ(メモ帳)さえあれば実際に動かすことができます。

 

他のプログラミング言語は、パソコン上で動作させるための開発環境を準備する必要があります。それに対してJavaScriptの場合は、ブラウザとテキストエディタがあれば準備完了です。手軽に始められるのにWEBサイトへ動作を付けられます。そういった簡単に始められるという意味でも、初心者におすすめの言語となります。

 

⑤Ruby|日本生まれのプログラミング言語

Rubyは日本でまつもとひろゆき氏が開発して生まれたプログラミング言語です。Webアプリの開発や機械学習などに使われます。日本語の情報も豊富で知名度も高く、初心者には学びやすい環境が整っています。

 

コンパイルが不要なスクリプト言語のため、とても手軽で簡単なプログラミングとして普及しています。また、読みやすく作業効率の良いプログラミングとなっています。RubyはOSS(オープンソースソフトウェア)であり、無償配布されています。複製や変更、再配布も可能です。

 

Rubyでは、大規模Webサービス、アプリケーションサービスの開発、SNSの構築、ECサイトの構築、APIの開発、機械学習の開発といったことができます。日本の現在や未来を担う言語といっても過言ではありません。

 

リモート案件が多く、自宅での仕事にも適しています。将来的にフリーランスを目指したい人にもピッタリです。

 

Rubyを学ぶなら、プログラマカレッジがおすすめです。完全無料で実践に役立つスキルを身につけ、就職支援まで受けられます。まずは、下記よりオンラインの無料相談会に申し込み、詳しい話を聞いてみましょう。

今すぐプログラマカレッジに無料で相談する

 

⑥TypeScript|Microsoftによって開発されたプログラミング言語

⑥TypeScript|Microsoftによって開発されたプログラミング言語

TypeScriptはMicrosoftによって開発・発表されたプログラミング言語です。Googleの標準開発言語として承認されたことから、世界中から注目されている言語の1つです。Googleが開発しているフレームワークに導入され、他のフレームワークでもTypeScriptが使用できるようサポートされつつあります。

 

大人数のプログラマーが開発に携わる場合でも、エラーが発生しにくいように設計されています。TypeScriptは日本国内でも今後の普及が見込まれる、将来性の高い言語です。複雑で大規模なアプリケーションを開発していく上で非常に優れた言語とされています。将来性が高く、日本では年々需要が高まっています。

 

TypeScriptとJavaScriptは互換性が維持されていて、その違いは型があるかどうかになります。エンジニアによっては、JavaScriptを覚えるためにTypeScriptをまずは使用したという方もいます。JavaScriptよりも構文が短くなっているため、より簡単なものをまずは学びたいという方はTypeScriptから始めるということもできます。

 

また、JavaScriptを使用しているエンジニアの方にとって、今後TypeScriptを扱えることが必須になるとも言われています。そういった意味でも将来性が高く、学んでおく価値があるようです。現在動画サイトにもTypeScriptを学べるようなコンテンツが多く存在していて、学びやすい環境にもなっています。

 

⑦Swift|Apple社が開発したプログラミング言語

Swiftは、Apple社が開発したプログラミング言語で、iOSやmacOS等で使用します。iPhoneアプリやARアプリを作りたい人に向いているプログラミング言語です。処理速度も速く、エラーにも気づきやすい特性があります。

 

複雑な動作も実現可能です。Androidに比べて、非常にシンプルな構造となっているのが特徴で、初心者にもわかりやすく学びやすい言語です。しかし、ReactNativeがiPhoneとAndroid両方のアプリを作成できるので、Swiftの需要が減少傾向にあります。

 

また、Swiftはエラーなどに関しても調べても出てこないことも多い、学習コストが非常に高いといわれています。しかし、Swiftを扱うエンジニアが常に足りないという点は、評価に値するところとなっています。初めて学習していくプログラミング言語としては、独学で学ぶ事は厳しいようです。

 

学習環境があまり整っていないという点からみても、Swiftはスクールで学んでいただいた方が良いようです。一度Swiftを学んでしまえば、そのスキルで生活していくことはできます。一生仕事に困らないといえる言語だという点は現行のエンジニアからも評価されています。

 

⑧Go|APIサーバーやWebサーバーの開発に使用されている

GO言語は最初、Googleのエンジニアが既存の言語の良いところだけを抽出した言語を作ろうとして始まった言語です。シンプルで高速な処理が可能なプログラミング言語です。Webサービスの開発やサーバの構築などにも用いられます。YouTubeにGo言語を採用しています。

 

利用者や仕事の増大に対応できます。システムを大規模化してもコストが高くならないので、主に規模の大きいプロジェクトで利用されています。APIサーバー開発やWebサーバーの開発に使用されています。

 

案件は多くないのですが、エンジニアが少ないために単価が高いという利点があります。誰が読んでも分かる、プログラムを書きやすいという特徴があり、複数のエンジニアで並行してコーディングが行いやすいという利点があります。規模の大きいシステム開発に最適な言語です。

 

とてもわかりやすいため、初心者が学ぶにも理解しやすく、学習コストも安い傾向にあります。一人でコツコツ働きたい人よりも、大人数で一つの大きなものを作り上げたいという人に合っている言語になります。

 

⑨Python|AIや機械学習の開発に使用される

⑨Python|AIや機械学習の開発に使用される

Pythonはシンプルであることを重視したプログラム言語です。そのため、プログラマーが覚えなければならない構文規則が他の言語と比べて少ないという特徴があります。つまり、初めてでも覚えなければならないことが少なくて済みます。学習する上でもハードルが低くて入門者向きだといえます。

 

また現在では、Web上で簡単にPythonのコードを書いたり、実行したり、その結果を表示したりできる環境が幾つもあります。Pythonを学習するための環境を用意する必要がないということは、学習コストが安く済むということです。今後更に人気が出てくることでしょう。

 

そういう意味でも、はじめてのプログラミング学習に適しています。PythonはAIや機械学習、Webアプリケーションの開発ができるプログラミング言語です。特にAIやロボットを開発していく上での解析にこの言語が使われことが多くなってきていて、注目を集めています。幼児教育にもPythonが使われています。

 

⑩Kotlin|アプリ開発向きの言語

KotlinはJetBrains社が開発したプログラミング言語で、2011年7月に産業用汎用言語として発表されました。Androidアプリを開発するために作られた言語です。Android Studioで環境構築が簡単におこなえ、Androidアプリの開発現場ではシェアが確実に広がりつつあります。

 

アプリ開発以外にも、WEBサービスの作成も可能です。大手ポータルサイトでも、開発言語の一つとしてKotlinを採用しているところもあります。Java、JavaScript、C#などの言語に見た目の雰囲気が似ています。そういった言語を既に習得している人には書きやすいと感じる言語のようです。

 

Koltilinの開発が行われるときに、JAVAを簡潔にし、安全性を向上させることを念頭に作られました。そのためJAVAと比較して非常にシンプルで簡単になっているといえます。Koltilinを覚えてしまえば、JAVAも使いこなしていくことができることでしょう。

 

ただ、最近はReactNativeがiPhoneとAndroid両方のアプリを作成できるので、アプリ開発という面でみればKotolinの需要が減少傾向にあります。

 

⑪R言語|1996年ごろに登場したプログラミング言語

R言語は1996年ごろに登場したプログラミング言語です。統計解析に適した命令体系を持っています。その他には機械学習でも用いられています。コメントや関数名に日本語を使用することができるので、視覚的にも分かりやすいコードを書くことができます。

 

どんなOSでも使うことができ、Windows、Macを問わずLinuxやUNIX等でも動作します。統計解析に特化したプログラミング言語です。データ解析を行ってグラフなどに出力する機能に優れているため、さまざまなグラフの出力を簡単にプログラムできます。初期からグラフの作成などの基本的な機能が備わっています。

 

そのため比較的簡単に実践的な統計解析を行うことができます。R言語は統計学者によって開発された言語であるため、解析の正確さは他と比べてもR言語が最も優れています。しかしR言語を用いてWebアプリケーション開発などはできないため、あくまでテータの可視化などに向いているプログラミング言語となります。

 

その他、機械学習の分野でもR言語は使われていきます。統計解析も機械学習、AIといった分野に不可欠な技術です。R言語は比較的学びやすい言語となります。初心者向けの解説や学習用サイトなどもオンライン上にあります。更にR言語は結果を可視化しやすいという特性があり、今の日本には学習しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

難易度が低い!初心者に最適の言語TOP3

難易度が低い!初心者に最適の言語TOP3

ここでは11選の中でも特に初心者に最適の言語を紹介しています。

順位 言語名 おすすめの理由
1位 Python 学びやすく使う機会が多い
2位 JavaScript Webページ作成には必ず必要になる
3位 Ruby 求人数が多く人気のある言語

初めてプログラミングを学ぶ場合は上記の言語から始めてみてはいかがでしょうか。1つずつ詳しく紹介していきます。

 

1位:Python|学びやすく使う機会が多い

Pythonは文法がシンプルで読み書きしやすい初心者向けの言語です。Pythonの習得自体は簡単です。学習しやすく、応用もききます。スクリプト言語で、少ないコード量で動作し、文法もやさしいため、初心者でも始めやすい言語です。

 

インターネット上にPythonの学習を無料で支援するようなサービスも多くあります。そういったものを使って簡単に学んでいくことができます。また、学習したものを仕事で活かす場も多いのことも特徴の1つです。

 

ゲームの製作よりも、ゲームの分析・解析の方に興味があるのであれば、Pythonを習得すると良いでしょう。Pythonの強みを最大限に活かしたいのであれば、統計学や解析学といった数学的な理論にも触れておくとなお良いです。

 

Pythonは統計解析や機械学習、Webアプリケーション開発などをオールマイティに行うことができます。用途が広く、特に機械学習、AIなどの分野ではPyhonを用いられることが多いです。

 

2位:JavaScript|Webページ作成には必ず必要になる

現代の生活に密接に関わりがあり、非常に需要が高いプログラミング言語となります。Javascriptは初心者にもおすすめできる言語の1つです。世界的にも人気がある言語です。ネット上にもJavaScriptを学べるサイトなども多く存在しています。

 

海外で単価が高く、進化スピードが早い言語で、非常に人気があります。世界的に最新の情報を配信している方がいるので、人気のある分情報も多いところも魅力です。

 

習得難易度も簡単な方です。動きのあるさまざまな表現を作り出すことができるため、成果が目に見えやすく、楽しんで学べる言語です。Webページ作成上では欠かせない言語で、求人も多くあります。

 

Webのフロント開発に市場シェアを誇り、今後も需要が多い状態が続きそうです。また、Webサーバーでのアプリ開発も可能になりました。JavaScriptが活躍する場はさらに広がっています。将来性もとても高いため、習得する意味があるプログラミング言語になります。

 

3位:Ruby|求人数が多く人気のある言語

3位:Ruby|求人数が多く人気のある言語

文法がわかりやすく直感的に理解できます。日本人が開発したということもあって、Web情報や書籍も日本語のものが多いというのがポイントです。「Ruby on Rails」というフレームワークがあり、それを使えばWebサイトを簡単に作ることができます。

 

そのため、多くの企業が利用していて、求人数も多くあります。習得難易度もやさしく、初心者にはおすすめです。かつてはhtmlなどで作られた静的サイトが主流でした。しかし近年ではコンテンツの進化とともに、動的なウェブサイトが増えている傾向にあります。Rubyは動的サイトを作成するのに適しています。

 

ただし、正しくない文法でコードを書いても動くことは大変便利な反面、人によって異なる記述でコードが書けてしまうため、大規模開発には向かないところがあります。WebアプリケーションやSNS、ショッピングサイトなどを作ることができます。

 

稼げる!プログラミング言語TOP3

稼げる!プログラミング言語TOP3

ここでは11選の中でも特に年俸額が高い3つの言語を紹介しています。

順位 言語名 平均年俸額
1位 R言語 474万7434円 ~ 831万1375円
2位 Go言語 463万4384円 ~ 791万5711円
3位 TypeScript 460万5892円 ~ 787万5212円

学ぶ言語を選ぶ基準にするのも良いでしょう。習得すれば稼げること間違いありません。

 

1位:R言語|給与ランキング2年連続1位

給与ランキングは2年連続でR言語が1位になっています。ビッグデータの活用や機械学習の発展により、そこで使われるR言語の需要が高まっています。大規模なwebサービスを運営している企業やTech系の企業を中心に人気があります。また、ソーシャルゲームや金融工学の分野での活用事例もあります。

 

PythonやCなど多言語での開発経験や、機械学習やマーケティングの知識を合わせて習得すると、より高単価な案件の受注が可能になるでしょう。

 

2位:Go言語|人気の高い言語

googleが開発した言語です。高速の処理、並行処理が可能で、OSやハードウェアが異なる環境でも実行でき、バックエンド開発を中心に注目されています。Go言語はWebサーバー開発、Webアプリケーション開発が得意なプログラミング言語です。スマートフォンアプリ開発、AI開発でも徐々に需要を増やしています。

 

中でもAI開発で多くのシェアを持っているPythonと並ぶ程の注目があり期待されています。習得しやすい言語のため、今後も需要が高まる期待が大です。他プログラミング言語の定番処理もシンプルにし、だれが作っても同じになる様に設計されています。

 

経験が必要なプログラミング言語と比べて、人材の確保がしやすくメンテナンス性にも優れています。Go言語で作られたアプリはメモリの負荷が少なく高速で動作することも他のプログラミング言語には無い機能です。

 

そういった需要の高まっている反面、GO言語を扱えるエンジニアは少ないため、仕事には困らないことでしょう。技術を積んでいくことで収入アップが狙えます。

 

3位:TypeScript|人材が少なく希少性が高い

3位:TypeScript|人材が少なく希少性が高い

JavaScriptの欠点を補うためにMicrosoft社が開発したプログラミング言語です。JavaScriptと互換性が高く、JavaScriptよりも短いコードで記述できます。エラーを発見しやすくなったり、大規模開発がしやすくなっているため、需要も高いのが特徴です。

 

Google社内の標準言語として承認されたことがきっかけで注目されるようになりました。しかし反面、学習コストが高く、日本語の情報があまりありません。そういうこともあり、TypeScriptで開発できる人材が稀少です。そのため、TypeScriptを学んでおけば、仕事に困る事はありません。

 

TypeScriptを一から学んで希少エンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通って学ぶことをオススメします。希少だからこその高給となれるのです。

 

将来性がないと言われるプログラミング言語3選

プログラマーにとって、どの言語を優先して学習するかは永遠の課題と言われています。プログラミング言語は今、常に新しいものが生まれては廃れていく状況だからです。以下の3つの言語は、10年後には使用されなくなると言われています。

  • Perl
  • Objective-C
  • CofeeScript

Perlは、開発コミュニティがアクティブであるものの、絶滅危惧種とも呼ばれる言語です。機能はPythonなどの言語で代替が可能なため、現在は少数の熱心なユーザーのみが使用しています。Objective-Cは36年間使われている言語ですが、最近はSwiftへの切替が進んでいるために必要性がなくなってきています。

 

CofeeScriptは、すでに開発コミュニティが活動していない言語です。状況が一変するような出来事でもない限り、10年後には使われなくなるだろうと言われています。

 

学習するプログラミング言語の選び方

ここまで紹介したように、数多くある中からどの言語を学習するか選ぶ際には以下のポイントに気を付けて選んで見てください。

  • 転職を目指すなら流行りの言語
  • フリーランスや副業に利用するなら案件の多い言語
  • 制作したい物に必要な言語

プログラミング言語を習得して、転職することを考えているなら、業界で流行している言語を選びましょう。現在流行していれば、学習を終えるころには求人が増加している可能性があるからです。

 

フリーランスや副業に活用したい場合は、一度言語別で現在の案件数を調べてみましょう。案件数が多いとおのずと獲得時の競争率が下がります。それだけ、稼げる可能性が上がるということなのです。

 

制作したい物が決まっている場合は、必要な言語を調べて学習するのみです。モチベーションも高く保てて、学習も捗ることでしょう。

 

キャリアアップを目指すなら複数の言語をマスターしよう

プログラマーとしてキャリアアップを目指すのであれば、複数の言語を扱えるように学習しましょう。1つの言語しか扱えない人よりも、仕事の幅が明らかに広くなるからです。企業で職務に従事している場合は、任される仕事の増加につながります。

 

フリーランスであれば、対応できる案件が増え業務を選択する余裕ができます。1つの言語をしっかり学習した後は、共通部分の多い他の言語からでもいいので、対応できる幅を広げていくのがおすすめです。

 

すでに複数の言語を操れる人なら、トレンドの言語を習得してみるのも良いでしょう。自分の見聞を広げておくことで、より魅力的なプログラマーになることができますよ。

 

プログラミング言語の習得におすすめ!人気スクール5選!

プログラミング言語の習得におすすめ!人気スクール3選!

開発経験のあるエンジニアであれば、新しくプログラミング言語を習得しようと思っても、ある程度要領よく学んでいくことができるでしょう。それは一度やったことなので、自分の癖や過去の経験から自分に最も合ったやり方を知っているからです。

 

しかし、完全未経験からプログラミングを勉強していこうと思った場合、将来へのビジョンややる気はあっても何から手を付ければよいかわからないというのが現状。

 

プログラミング言語の習得するには、やはり効率よくスクールで学んでいくことが、一番のようです。どうすれば効率よく、プログラミングの知識を身につけさせ、そして就職先までたどり着けるか。その最短ルートのレールに乗せてくれるのがプログラミングスクールだからです。

 

プログラミング言語を学ぶ上で一番大切なことは、続けていけること。そして、就職ができることです。どんなに良いスクールに入っても、最後まで続けられなければ意味がありません。そこで、挫折しないようにあなたをサポートしてくれる、万全のサポート体制を持つスクールをご紹介していきます。

 

あなたのライフスタイルや目的に合ったスクールを見つけてください。

 

①DMM WEBCAMP|転職率の高さと離職率の低さが評判のスクール

①DMM WEBCAMP|転職率の高さと離職率の低さが評判のスクール

引用元:DMM WEBCAMP 公式HP

DMM WEBCAMPは、合理化されたオリジナルのカリキュラムで、短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけることのできるスクールです。自分の現状に合った学び方を選ぶことができます。オンラインでもオフラインでも対応しています。

 

会社に務めていて、仕事を辞めてから学ぼうとするのか仕事を続けたままで学ぼうとするのかでは、求める学習方法は異なります。どちらにも対応可能としているのが、DMM WEBCAMPです。また、97%以上の人が未経験の中スキルを学び、98%の方が転職に成功しています。

 

DMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コースが経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定され、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されました。条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%支給限度額560,000円が教育訓練給付金として支給されます。

 

仕事を辞めることをお金のことでためらっている方は、一度自分がその支給対象になるのかを確認してはいかがでしょうか。転職支援に年齢制限を設けるスクールも多い中、DMM WEBCAMPでは年齢制限を設けていません。30代未経験でもプログラマーとしての転職を目指せるプログラミングスクールです。

 

短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけたいのであれば、下記のボタンよりDMM WEBCAMPに申し込んでみましょう。

今すぐDMM WEBCAMPに申し込む

 

DMM WEBCAMPの口コミや評判

専任のアドバイスをくれるスタッフがいるので、わからない箇所があればすぐに聞ける体制がとれていて、プログラミングに集中して行うことができています。また、DMM WEBCAMPは国からも認められているスクールということもあり、受講している生徒が多い印象をうけました。それぞれの目標設定に応じて、プログラムが組まれているので、無理なく学習することができています。

DMM WEBCAMPでプログラミングを得勉強して良かったのはここのメンターの質が思っていたよりも高いと感じたのが良かったです。おかげでプログラミングで分からない事があった時もしっかり指導を受ける事ができて分からない事をそのままにしないですみました。

個人のレベルに合わせてくれる感じだったので、付いていけないかQOLは恐らくいないのではないかと思われるくらい丁寧な授業だった。質問に対してもコンスタントに返してくれるため、授業がそこで長い時間止まってしまうといったこともなく、スムーズに進めて行けたと思う。

すぐに質問ができ、疑問を解消できる体制であることが好評を得ています。学習に集中できる環境が整っていることに加え、各受講生で目標設定が明確なので、無理なく学習できているようです。

②TECH CAMP(テックキャンプ )|未経験から効率よく学習できる

②TECH CAMP(テックキャンプ )|未経験から効率よく学習できる

引用元:TECH CAMP 公式HP

TECH CAMPでは、挫折せずにいられる環境と教材の提供を行っています。通常1,000時間かかる学習時間を圧縮して600時間の学習で身につけられるように、教材にもこだわって進路が組まれています。

 

最短ルートでNo.1エンジニアを目指したいのであれば、TECH CAMPがオススメです。オンライン学習は孤独との戦いで、どうしても挫折しがちです。TECH CAMPのサポート体制は学習はもちろん、転職もオンラインで支えてくれます。

 

転職できなければ全額返金という手厚いサービスは信頼の証といえます。もちろんきちんとお金を払うことで、自分の覚悟を決められる方もいます。人生を変える覚悟をしたら、TECH CAMPに任せてみましょう。

 

最短ルートでNo.1エンジニアを目指したいのであれば、下記のボタンよりTECH CAMPに申し込みましょう。

今すぐTECH CAMPに申し込む

 

TECH CAMPの口コミや評判

抱いていたイメージとのギャップは、そんなになくて。カリキュラムをやりきったら何ができるか明確でしたし、内容もとてもわかりやすかったです。プログラミングの学習は受講前にも独学や職業訓練である程度やっていたので、Rubyを触るのは初めてでしたがそこまでつらいとは感じませんでした。

学び始めて2週間くらいで考え方に慣れてきて、自分なりにプログラムが書けるようになりました。自分のやりたいことが少しずつできるようになるので、だんだんと楽しさを感じられるようになったんです。

コロナの時期だったので上手く時間を活用してプログラミングを勉強したのですが講師とチャットでやり取りができるので何か分からない時、問題が発生した時はすぐに質問をすることが出来ます。

学び始めて2週間で自分なりにプログラムが書けるようになるのは、それだけ理解しやすいカリキュラムが採用されているということでしょう。目標が明確になることで、学習を楽しめるようになったという声もあります。事前にある程度学習しておけば、抵抗なくカリキュラムに入っていけるようです。

 

③プログラマカレッジ|就活直結型のプログラミングスクール

③プログラマカレッジ|就活直結型のプログラミングスクール

引用元:プログラマカレッジ 公式HP

プログラマカレッジは受講料が無料となっています。3,500社の就職先を受講生に紹介し、その企業に就職させます。その事で「協賛金/採用紹介料」が企業より支払われ、受講生の受講料を無料でスクール運営をしています。3,500社の就職先を保有しているからこそできる仕組みです。

 

あなたを欲しいという企業が、働く前からあなたに投資をしてくれるのです。これ以上にベストな環境があるでしょうか。無料とはいえ、現役で活躍するエンジニア講師がマンツーマンでサポートし、質問もし放題となっています。

 

企業も使えない人間の育成にお金を払いません。今までの実績があるからこそ成り立っている事業なのです。もちろん、就職サポートも充実しています。面接対策の他にも入社前研修まで行ってくれるます。就職に関する不安の一切を取り除いてくれるサポートを行ってくれています。

 

受講料無料でも必ず企業に就職ができる形。それがプログラマカレッジです。あなたの絶対的な味方となってくれるので、下記のボタンよりプログラマカレッジ に申し込みましょう。

今すぐプログラマカレッジ に申し込む

 

プログラマカレッジの口コミや評判

HTMLやCSSあたりまではすんなり理解できたのですが、オブジェクト指向やJava、PHPなどの知識に入ると難易度がグッと上がり、苦戦しましたね。コロナ禍ということもあり、全てオンラインでの授業だったのですが、先生方が丁寧に対応してくださったおかげで、オンラインならではの不便さはほとんど感じませんでした。

動画やスライドを使ったテキストはとても分かりやすかったですし、分からないことを質問すると、講師の方が丁寧に教えてくださいました。単に答えを教えてくれるわけではなく、一人でもエラーを解決できるよう指導してくれたので自力で解決する能力が身につきました。

無事希望していた会社様から内定をいただけました。無料でこれまでのサポートをしていただけるのは、ここだけしかないのかなと思いますし、このレベルの質のサポートもないかと思います。非常に感謝しております。ありがとうございました。

わからないことがあると講師が丁寧に教えてくれると評判です。単順に教えるだけでなく、自分で解決できるように指導しているようで、自然と問題解決能力が身につくそうです。少しでも安くプログラミングを学びたい人におすすめのスクールと言えます。

 

④侍エンジニア塾|挫折せずに学べる自分だけのカリキュラム

引用元:侍エンジニア塾公式HP

侍エンジニア塾での学習は、講師とのマンツーマンレッスンで完全オリジナルのサービスを完成させることを目標としています。オリジナルサービスを開発する際の最大の壁は、今までにないオリジナルのエラーです。

 

独学であれば挫折することが多いと言われるこの課題を、優秀な講師の指導によって乗り越えることで、受講者の能力強化を助けます。学習の習慣化にも力を入れており、プロのコーチによる現状の確認や目標設定、課題解決など徹底的にサポートしてくれます。

 

コースは4つに分けれており、中でも転職コースは最短4週間で転職を目指すことが可能です。さらに、侍エンジニアの転職サービスを使って転職に成功したら、授業料が全額無料になります。本気で転職を目指したい人にとってはうれしいサービスでしょう。他にも近年注目が集まっているAI開発を学ぶコースもありますよ。

 

優秀な講師と一緒に自分の考えるサービスを制作できるので、ぜひ侍エンジニア塾に申し込んで見てください。今すぐ侍エンジニア塾に申し込む

 

侍エンジニア塾の口コミや評判

「僕は対面でのレッスンだったので、環境構築とか案件とかも、一緒に作業をしたりしながら指導してくれました。教えてもらうというより、共同作業している感覚でしたね。もちろんほぼ9割くらいは自分でやるんですけど、わからなかったらすぐ相談できるのが良かったですね。」

「個人的な人間関係を築けたところが面白かったです。まず、自分の成長を間近に見てくれてる人じゃないですか。「今回、めっちゃ早くできましたね。」とか「こんなコード書くようになったんですか」とか。デザインができた時も「すごい立派なのができましたね」って言ってくれると嬉しいですし、モチベーションが上がりますよね。」

講師とのマンツーマンレッスンが成長のきっかけとなっているようです。疑問などをすぐに相談できたり、出来たことに対して評価されたりすることでモチベーションも維持できています。講師との良い信頼関係が築けるスクールと言えるでしょう。

 

⑤0円スクール

引用元:0円スクール公式HP

0円スクールは18歳〜35歳までの人なら完全無料でJava学べるスクールです。独学で挫折してしまった人や、受講費用を気にする人には非常におすすめと言えます。何か不都合があっても違約金は発生しないので、気軽に説明会に参加してみると良いでしょう。

 

カリキュラムは、Webアプリケーションの開発をしながらJavaを集中して学びます。作業用のPCも無料で貸し出してくれるので、初期投資も抑えられますよ。数ある無料のプログラミングスクールの中でも、以下主要6都市に教室があるのは0円スクールのみです。

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 仙台
  • 福岡

さらに、実際に現場であった問題をそのまま授業にフィードバックしているので、実践的なノウハウを身につけることが可能です。個人の進捗に合わせた個別指導のスタイルで、挫折することも少ないと評判のスクールでもあります。

 

ただし、学習できる言語がJavaのみの点には注意が必要です。Javaは汎用性が高く、案件も豊富なため初心者が学ぶ言語としては悪くありません。

 

0円スクールは、完全無料でJavaを学べるのでぜひ下記のボタンから申し込んでみてください。

今すぐ0円スクールに申し込む

 

0円スクールの口コミや評判

勉強したいけど、完全に未経験で何から手を付ければいいいのか…という状態でゼロスクに入りました。 基本の「基」から実際の開発現場で使える内容まで勉強できて、 未経験や独学で挫折した方などにもおススメです!!

コストを抑えて、楽しく勉強できるのが”ゼロスク”!!大学生など、時間に余裕はあっても、経済的にプログラミングの勉強が難しいという方にぜひ、ゼロスクの受講をオススメします。

未経験からでも、基礎から勉強出来たとの声が上がっています。開発現場でも使える内容を無料で学べることもあって、大学生などの経済的に余裕がない人にもおすすめです。一度独学挫折してしまった人も、講師に教えてもらうことで状況が変わるかもしれないので、条件が合う人は説明を受けてみてください。

 

まとめ:自分の目的に合ったプログラミング言語を習得しよう!

まとめ:自分の目的に合ったプログラミング言語を習得しよう!

プログラミング言語を習得して、プログラマーの道を選ぶこと。それは、プログラマーの給与面を考えても、需要の高さからいっても将来に向けての正しい選択といえます。ただ、プログラミング言語といっても、たくさんの種類があります。

 

どういった目的でプログラミング言語を習得しようとしているかで、選ぶプログラミング言語は変わってきます。簡単なものを選ぶのか、難易度は高いが望んでいる世界に身を投じたいのか、それはあなた自身が決めることです。就職するまできちんと学び続けられるのか、就職してからも即戦力となれるのか、不安なことでしょう。

 

プログラミングスクールのカリキュラムと講師にしっかりと支えてもらいながら、学習を確実に行っていきましょう。あなたが選んだプログラミング言語を、今のあなたに合うプログラミングスクールで学んでいきましょう。将来に向けて、正しい選択ができるように応援しています。

 

この記事で紹介している下記のプログラミングスクールは、プログラミング言語を学ぶ手助けをしてくれます。プログラミングを学びたい方はHPより申し込んでみましょう。

おすすめのプログラミングスクール

  1. DMM WEB CAMP|短期間で効率的にプログラミングスキルを身につけられる
  2. TECH CAMP|最短ルートでNo.1エンジニアを目指せる
  3. プログラマカレッジ|受講料が無料、3,500社の就職先を受講生に紹介している