30代未経験はプログラマーになるのは難しい!その理由と目指すにはどうするかを徹底解説!

30代未経験はプログラマーになるのは難しい!その理由と目指すにはどうするかを徹底解説! プログラミングスクール

「30代の未経験でもプログラミングを学ぶのに遅くはないのか」
「プログラマーとして転職し高収入を目指したいが、30代未経験でも転職できるのか」
高収入のプログラマーに憧れを抱いているが、上記のようにお悩みの人もいらっしゃることでしょう。

 

そこで、この記事では30代未経験でもプログラマーとしての転職を成功させる方法について徹底解説。30代未経験からプログラマーになるための重要なポイントや勉強法、プログラマーに転職するメリットを詳しくお伝えします。記事の後半では、30代未経験がプログラミングを学ぶのにおすすめのプログラミングスクールも紹介するので、最後までご覧ください。

 

この記事を読めば、30代未経験からプログラマーに転職して高収入を得るための最短ルートを知ることができます。

 

※ なお、『いますぐITエンジニアになりたい』という方は、「侍エンジニア」がおすすめ!

 

侍エンジニアなら、最短1ヶ月で未経験からITエンジニアへの転職が可能。現役エンジニアとマンツーマンでレッスンできるので、プログラミング初心者でも安心です。

スマホやPCから1分でカンタンに申込が出来て、無料のオンラインカウンセリングやキャリア相談を受けられます。あなたも未経験からITエンジニアへの転職を目指せるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐ侍エンジニア塾の
無料カウンセリングに申し込む

 

30代におすすめのプログラミングスクール3選

  1. 侍エンジニア塾|短期間で実践的なスキルが身に付く
  2. DMM WEB CAMP|最短3ヶ月でプログラマーに転職
  3. TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース|オンラインに特化した学習環境

【2021年版】おすすめプログラミングスクール20選!特徴や評判を徹底比較!」では、おすすめのプログラミングスクールを20校紹介しています。あなたに合うプログラミングスクールを選ぶ際の参考にしてください。

 

30代未経験からプログラマーになるのは無理?難しいが可能!

30代未経験からプログラマーになるのは無理?難しいが可能!

30代未経験からプログラミングを学び、プログラマーとして転職することは、決して無理なことではありませんしかし、他の転職に比べると難しいのは事実です。この記事では、プログラマー転職の大変なところと、プログラマーになるための方法を解説していきます。

 

30代未経験がプログラマーに転職するのが難しい理由

30代未経験でプログラマーに転職するのは無理ではないとはいえ、難しく、苦労するのは事実です。

  • 企業内の平均年齢が若いことが多い
  • これからの成長を期待されるわけではない
  • ほとんどの場合よりも収入が減ってしまう

以上のようなネガティブな要素があり、これらの事を踏まえた上で転職を判断しなければなりません。まずはこれらの要素を確認してみましょう。

 

企業内の平均年齢が若いことが多い

プログラマーを採用している企業における平均年齢は、他の企業に比べて平均年齢が若いことが多いです。政府の統計によれば、プログラマーを職業としている人の半数が20代となっています。

 

30代未経験者がプログラマーとして採用されたら周りはみな年齢がひと回り下だった、ということもあるようです。同僚と年齢が離れていると話が合わない、考え方が合わない、といった問題が発生する可能性もあります。

 

仕事内容に年齢は関係ありませんが、長い時間を職場で過ごすことも多く、過ごしやすいかどうかは重要なポイントです。年齢が自分より下の人に囲まれていても気にならない人にとってはこの点は問題にはならないでしょう。

 

これからの成長を期待されるわけではない

30代未経験のプログラマーとして採用される場合には、これまでの経験が重視されます。今までどんな仕事をしてきたか、その仕事での経験がどのように転職先で発揮されるか、という事が転職活動では重要なポイントです。

 

多くの場合、採用担当は20代に対してはこれからの成長の可能性を、30代以上に対してはこれまでの経験を求めます。この点を踏まえて転職活動をしないと、なかなか採用は勝ち取れません。

 

同じ条件の20代転職者の中でいかに将来性があるかのように振る舞おうとも、20代の方が有利なのは間違いありません。自分が良い人材である事をアピールするためにはこれまでの経験をアピールする必要があると言えます。

 

ほとんどの場合今よりも収入が減ってしまう

ほとんどの場合今よりも収入が減ってしまう

プログラマーの年収は高いイメージがありますが、未経験で転職していきなり高収入になるのは珍しい事です。ほとんどの場合、新卒や第二新卒として採用された人と同じような給料になります。

 

これまでの経験をそのまま活かせる職種ではないので、覚悟しなければいけない事です。もし高収入を目指してプログラマーになろうとしているのであれば、転職してすぐは思った通りの金額にならないことは覚悟しておく必要があります

 

ただし、これは採用された企業にもよるので前職での経験が評価されたり、年齢給の要素があったりするので確認しておきたいポイントになります。

 

30代未経験でプログラマーへの転職を成功させるために重要な5つのポイント

30代未経験でプログラマーへの転職を成功させるために重要な5つのポイント

30代未経験ではプログラマーになるのが難しく、なっても苦労する可能性がありますが、それでもプログラマーを目指し成功する人もいます。望みの転職を勝ち取り、転職後にも成功を収めるためにも重要なポイントは以下の5つです。

  • アピールできる成果物を作っておく
  • プログラミング以外の知識を身に付ける
  • 前職での成果を説明できる
  • 幅広いプログラミング言語を習得する
  • 新しいものに敏感になる

これらを採用時にアピールできれば採用される可能性がグンと上がります全てを満たさなければならない訳ではありませんが、これらのうち複数アピールすることができれば大きな強みとなるでしょう。

 

アピールできる成果物を作っておく

プログラマーとして仕事した経験がなくても、プログラムのスキルをある程度示す方法があります。それは勉強の途中で作った成果物(ポートフォリオと呼ぶ事もあります)を提示する事です。

 

プログラムの勉強をしていても提示できる成果物がない志望者と、提示できるものがある志望者とでは、どちらが採用担当に好印象でしょうか?余りに簡単すぎるものではいけませんが、完璧なものでなくてもいいのである程度しっかり作ったものを成果として提示できるようにしておきましょう。

 

 そうすれば他の志望者より一歩先を行くことができます。プログラマーをはじめとする「作る」仕事においては、「やり遂げる」のが何より大事なのです。

 

プログラミング以外の知識を身に付ける

プログラマーだからといって、プログラム以外の事を知らなくていいかというとそうではありません。どこで使われるプログラムか分からずにプログラムを作成するのは、多くの場合大変です。

 

例えば、通販サイトを使ったことがない人が通販サイトで使われるプログラムを作成するのは、需要が良く分からなかったりして苦労するでしょう。そう言うと、どんな知識でも身に付けなければならないのかと思うかもしれませんがそうではありません。

 

様々なものの「さわり」を知っているだけでも知識というのは活きてくるものです。そこまで深くなくてもいいので、幅広い分野の一般常識を少し深めておく、くらいの心構えを持っておきましょう。

 

前職での成果を説明できる

前職での成果を説明できる

採用担当者が30代未経験を選考する場合、転職希望者が前職でどんなことをやってきたかを重視しますもちろん未経験者の採用なので、同業での転職と違ってそっくりそのまま同じ成果を持ち込んでくれる事を期待している訳ではありません。

 

何を実現できた人材かを見られているということです。採用担当からすれば、前職での成果をアピールできない志望者は、採用しても成果がないと考えるでしょう。転職活動をする際には、前職でのアピールできる成果を用意しておく方が良いです。

 

アピールできる成果がない、という人もいるかもしれませんが長年働いてきているのですからきっとあるはずです。

 

幅広いプログラミング言語を習得する

未経験であっても、幅広いプログラミング言語を習得していることは大きなアピールポイントになります。短時間で全ての言語を習得することは不可能に近いですが、複数の言語を修得しているとそれだけ活躍できる現場が多いという事になります。

 

企業からすれば、便利な人材という事です。また、複数の言語を修得しているという事は、必要があれば新たな言語を修得できる可能性がある人材であるという証明にもなります。いくつかのプログラミング言語を修得している事をアピールするのは、採用面で大きな強みになるでしょう。

 

新しいものに敏感になる

新しいものに敏感であり続ける事は、プログラマーとして転職するときにも、プログラマーとして転職できたときにも大切なことです。テクノロジーの世界は日進月歩とされているので、常に新しいものをチェックしていかないと取り残されてしまいます。

 

新しいものに興味がないプログラマーは、今は良くても段々苦しくなってしまうでしょう。プログラマーとして就職できても、数年後にはついていけなくなって転職を考える、という事になってしまっては何のためにプログラマーに転職したのか分かりません。

 

最先端の技術を常に追い続けるのは難しいですが、新しいものに触れ続ける姿勢は大事です

 

プログラマーに転職するメリット

プログラマーに転職するメリット

プログラマーに転職するメリットはなんといっても収入面でしょう。手にした専門技術を活かして、いい条件で働く事ができるのがプログラマーの魅力となります。

 

実力次第で年収アップが可能ですし、外注の対象になりやすいため、独立しやすいですここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

 

実力次第で年収アップが可能

一般的に、プログラマーの年収は高いとされています。これは、そもそもプログラミングの専門知識が必要な職種であることと、プログラマーをはじめとするIT関係の職種が今のところ人手不足だからです。

 

また、専門知識を活かせる職種なので一つの会社に留まる必要もありません。一度プログラマーとしての実務を経験すれば経験者対象の求人に応募できるようになるので、同じような仕事でよりよい条件を求めて転職をする事もできます

 

外注の対象になりやすいため、独立しやすい

プログラミングの専門知識を身に着け、企業に所属して経験を積んだのちにフリーランスとして独立する事もできますある程度の技術が身に付いていれば、どこにいてもプログラミングの仕事をすることができるので、より自由な働き方を選択することができます。

 

そもそもプログラミングが必要になるのは、大規模な開発の中では一部分です。企業によってはプログラマーを社内に置かず、プログラミングが必要になると、外注しているということもあります。

 

働き方次第で年収は大きく変わりますが、フリーランスとして独立するのは企業に所属するよりもより高い年収を目指せる選択肢です。

 

案件は増加中だが人材不足のため仕事に困らない

プログラマーになるメリットとしては、将来的に仕事に困る可能性が低いことが挙げられます。現在、スマホやPCといったデバイスが増加し、5GなどのIT技術が目覚ましい発達を遂げています。それによって、IT技術を使った仕事が増えているのです。

しかし、IT技術者の数は依然として不足しており、2030年には79万人に及ぶと試算されています。以上のことから考えると、しっかりとスキルさえ身に付けておけば、将来も安心と言って良いでしょう。働き方改革などの効果により、プログラマーの待遇は改善されつつあります。30代でも目指す価値のある職業と言えるでしょう

 

30代未経験でプログラマーを目指すための勉強方法

30代未経験でプログラマーを目指すための勉強方法

30代未経験でプログラマーを目指すにはどのように勉強したら良いのでしょうか。ここでは3通りの方法を紹介していきます。

  • 専門学校の夜間コースなどで学ぶ
  • プログラミングスクールに通う
  • 学んでいる事柄に関する書籍を使う

そのそれぞれに良い点と注意すべき点があります。ここではそれぞれの勉強手順について紹介します。

 

①専門学校の夜間コースなどで学ぶ

生活のために仕事をやめる事ができないけれどブログラミングの勉強をしたい人におすすめなのが、専門学校の夜間コースという選択肢です。専門学校の夜間コースは、多くの場合、昼の間働いている人に配慮した時間割になっています。

 

仕事をしながら勉強する事ができるので、安心できる方法です。この方法は昼間仕事をしながら、夜は専門学校で学ぶという生活を年単位で続け、課程を修了したらプログラマーとしての転職を目指す道になります。

 

残業が多かったり、勤務時間が不安定だったりする人にとっては時間割が合うとは限らないので、自分の現状と合うかはよく確認しておく必要があるでしょう。

 

②プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うという選択肢が、修得の早さや手厚いケアなど様々な面からおすすめです。プログラミングを学べるのは、プログラミングスクールだけではありません。職業訓練校でもプログラミングを学ぶことが可能です。

 

しかし、職業訓練校の授業は学習のペースが早く、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。プログラミングスクールであれば、マンツーマンで講師のサポートを受けながら、集中的に勉強を行えるところも多いです。

 

短期間でプログラマーとして転職するのに必要な知識を身に付ける事ができるでしょう。ただし、短い間に集中してプログラマーを目指すコースでは、仕事を続けながらプログラミングスクールに通うのが困難な場合もあります。

 

十分な蓄えや学費をしっかり準備しておき、勉強の時間をしっかり取れるようにしておく事が必要です。

 

③学んでいる事柄に関する書籍を使う

③学んでいる事柄に関する書籍を使う

書籍を使って勉強をすることもできます。この方法は好きなときに勉強できて、お金もかからない選択肢です。自分で学ぶ事を決めて書店に行き、本を買って帰ればその日から勉強を始める事ができるので手軽な勉強方法とも言えます。

 

しかし、プログラミング未経験者が独学でプログラミングを身に付けるのは大変難しいとされています。時間はあるけれど時間帯が不安定であるとか、プログラミングスクールに通うための費用がすぐに用意できないという人にはおすすめの方法です。

 

スキルを証明するのに有効な資格

就職・転職の際に自身スキルを証明する資格を持っていると、有利に働くことは間違いないでしょう。以下のような資格試験が代表的なものです。

  • 基本情報技術者試験
  • Ruby技術者認定試験
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • Python試験
  • MCP

上記の中でも、基本情報技術者はITエンジニアとして働く際の登竜門のような資格です。プログラミングだけでなく、設計・開発・運用についての基礎知識も求められるので、30代で転職するなら取得して損はないでしょう。

 

MCPはマイクロソフトが提供するC#に関する資格試験です。マルチスレッド管理など非常に細かい部分まで出題されるので、C#のスキルを証明するのに役立ちます。他の3つは、言語の名前そのままの内容です。Pythonに関してはまだできたばかりの資格で、選択式で40問の試験なので、難易度はあまり高くありません。

 

30代が未経験からプログラマーを目指すなら今と言われる理由

30代の未経験者がプログラマーを目指すには、今が良いタイミングだと言われるのは以下の理由があるためです。

  • プログラマーは人材不足で売り手史上
  • 実際に30代で転職している人も多くいる

2018年時点で、プログラマーの人材は22万人不足していると言われています。以後、不足数は拡大すると見られており、2030年には45万人にまで上ると予測されているのです。そのため、現在は30代の未経験者に対しても広く門が開かれています。

 

加えて、スクールの公式HPなどを見ても30代でプログラマーに転職している人は意外と多くいます。学習は難しくても、キチンとこなしてスキルを習得すれば結果は付いてくると示していると言えるでしょう。

 

30代未経験でもプログラマーを目指せるプログラミングスクール5選!

30代未経験でもプログラマーを目指せるプログラミングスクール5選!

ここでは、30代未経験でもプログラマーを目指せるプログラミングスクールを5つ紹介します。

順位 スクール名 受講期間
1位 侍エンジニア塾 4週間~
2位 DMM WEB CAMP 3か月
3位 TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース 12週間
4位 tech boost 3か月~
5位 TECH::CAMP エンジニア転職 10週間~

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。プログラミングを学びはじめる際には、明確な目的を定めることが重要です。明確な目的を定め、目的を達成するために必要な言語を学べるスクールを選択する必要があります。

 

初心者がプログラミングを学ぶ方法を解説!絶対にしてはいけない学習法とは?」では、プログラミングを学びはじめる前に押さえておきたいポイントを解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

 

1位:侍エンジニア塾

4位:侍エンジニア塾

引用元:侍エンジニア塾公式

コースの一例 転職コース
概要 専属講師のマンツーマンレッスン、転職成功で実質無料
期間 4週間~
料金(税別) 入学金:52,800円
分割:3,208円~/月(24回分割の場合)
一括:77,000円

侍エンジニア塾は、マンツーマンでのプログラミングレッスンを提供しているスクールです。レッスンでは自分で考えたオリジナルのwebサービスを開発することが目標に掲げられています。オーダーメイドのカリキュラムにより、受講者の90%は未経験であるにもかかわらず、就職率は94%と高水準です。

 

受講できるコースには、転職に特化したコースや、近年注目を集めているAIを集中的に学べるコースもあります。特に転職コースは、侍エンジニアを介して就職が決まると入学金と授業料が全額無料になります。

 

現場で役立つ実践的なスキルを身につけられるでしょう。開発したwebサービスは、ポートフォリオとして自己アピールに使用することができることも、嬉しいポイントです。就職サポートについては、職務経歴書の書き方から面接対策までしっかりとサポートしてくれます。

 

マンツーマンレッスンにより、短期間で実践的なスキルを身につけることができます。下記より侍エンジニア塾の無料体験レッスンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

今すぐ侍エンジニア塾の無料体験レッスンに申し込む

 

2位:DMM WEB CAMP

1位:DMM WEB CAMP

引用元:DMM WEB CAMP公式HP

コースの一例 短期集中コース
概要 実際に転職するまでから逆算したカリキュラム、学習内容、キャリアサポート
期間 3か月
料金(税別) 分割:15,500円~/月(初回のみ20,843円/月)一括:628,000円

DMM WEB CAMPには、最短3か月で未経験からプログラマーへの転職を目指す短期集中コースがあります。プログラマーとして必要な知識や実践的なスキルを、チーム開発、ポートフォリオ制作を通して学べます。

 

プログラマーとして転職するためのキャリアサポートもコースの内容に入っているので、プログラマー転職を目指す人には心強いスクールです。短期集中コースの他にも、現職を続けながら無理のないペースでプログラマーへの転職を目指すコースもあります。そのため、自分の状況に合わせて勉強しやすいことが特徴です。

 

運営会社はIT大手DMMのグループ企業で、IT業界企業との接点が多いため、そのつながりを活かした優良求人を数多く保有しています。卒業生でしか受けられない優良企業に就職できることが、企業への定着率が非常に高い要因の一つでしょう。

 

さらに、転職サポートでは自己分析を一緒にしてくれたり、職務経歴書の添削、面接対策なども行ってくれたりします。転職サポートは最長1年間受けられるので安心です。

 

未経験から3か月で実践的なスキルを学べるので、DMM WEB CAMPの短期集中コースに申し込んでみてはいかがでしょうか。

今すぐDMM WEBCAMPに申し込む

 

3位:TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース

>2位:TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース

引用元:TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース公式HP

コースの一例 エンジニア転職保証コース
概要 オンラインで完結する受講形態、パーソナルメンターとキャリアカウンセラーの両方がフォロー
期間 12週間
料金(税別) 分割:12,417円~/月(分割手数料はカード会社による)
一括:298,000円

TechAcademy Proのエンジニア転職保証コースは、12週間で東京のIT企業への転職を目指すコースです。オンラインに特化した学習環境、現役エンジニアのパーソナルメンターによる学習サポート、キャリアカウンセラーのカウンセリングを受ける事ができます。

 

転職に関するサポートがパーソナルメンターとキャリアカウンセラーの両方から受けられるのが大きな特徴です。他のプログラミングスクールでは、メンターは学生など経験の浅い人がいることも少なくありません。しかし、TechAcademy Proのメンターは採用率10%の狭き門をくぐった現役エンジニアのみです。

 

最短12週間で東京のIT企業にプログラマーとして転職できるので、TechAcademy Pro エンジニア転職保証コースに申し込んでみてはいかがでしょうか。ほとんどの企業の一次面接はオンラインで実施できるので、地方に住んでいる人も安心です。

 

個人開発を重視したカリキュラムを採用しており、プロの講師のサポートを受けながら、オリジナルサービスの開発ができます。スクールにいる時点から開発能力を磨けるので、卒業後はフリーランスや副業で稼ぎたいと考えている人におすすめのスクールです。

今すぐTechAcademy Pro エンジニア転職保証コースに申し込む

 

4位:tech boost

5位:tech boost

引用元:tech boost公式HP

コースの一例 ブーストコース
概要 転職時に必要なポートフォリオ作成を目指す
期間 3か月~
料金(税別) 入学金:199,800円
月額料金:29,800円/月
メンタリング:31,600円/月(4回の場合)

自分に合ったオリジナルプランでプログラミング学習を進めたい人には、tech boost(テックブースト)がおすすめです。テックブーストでは、メンター(指導者)が1人ひとりの目標に応じた最適なプランを提案してくれます。

 

コースの中には、アプリ開発など就職後に活かせる実践的なカリキュラムも含まれています。コースはスタンダードコースとブーストコースの2種類とシンプルです。スタンダードコースは初心者向けのコースで、PCの操作から始まり、最終的にはWEBアプリの作成を目標として学習を進めます。

 

ブーストコースはエンジニアとしての就職やフリーランスを目指すコースです。特徴的なことは、アプリ開発の上流フェーズである要件定義を経験できること。また、受講中に作成したアプリはポートフォリオとしても利用できるため、面接でもアピールできます。

 

メンター(指導者)は100%現役のエンジニアです。より実践的なスキルを学ぶことができる機会に恵まれていると言えるでしょう。

 

テックブーストの運営会社はエンジニアに特化した転職支援を実施しています。プロのカウンセラーから充実した転職支援も無料で受けられるので、下記よりテックブーストの無料説明会に申し込んでみてください。

今すぐtech boostの無料説明会に申し込む

 

5位:TECH::CAMP エンジニア転職(テックキャンプ)

3位:TECH::CAMP エンジニア転職

引用元:TECH CAMP公式HP

コースの一例 短期集中スタイル
概要 転職成功率99%以上を誇るエンジニア転職を目指すコース
期間 10週間~
料金(税別) 分割:21,200円~/月

TECH CAMP(テックキャンプ)には、わずか10週間で未経験からプログラマーを目指せる短期集中型コースが用意されています。専属のライフコーチが学習の進捗管理を行ってくれるので、計画どおりに学習を進めることができると評判です。

 

テックキャンプは一般の求人媒体に掲載されない専用求人枠の紹介もあり、99%という高い転職成功率を実現している、魅力的なプログラミングスクールと言えます。転職活動中は無償で学習を継続できるので、ブランクになる心配はありません。

 

さらに、卒業後も無期限で受けられるキャリアサポートを実施することで、キャリアに関する悩みの解決に努めています。

 

専属のライフコーチに管理してもらって効率的に勉強できるので、下記よりテックキャンプに申し込んでみてください。

今すぐTECH::CAMP エンジニア転職に申し込む

 

まとめ:30代未経験からでも転職は可能だし活躍の場もある!

まとめ:30代未経験からでも転職は可能だし活躍の場もある!

30代未経験でプログラマーに転職するのは難しく、始める前に諦めてしまう人もいるかもしれません。ですが、この記事に書いてきた通り、決して不可能な道ではありません。30代として他の業種であっても転職に役立つスキルが身に付いている分、有利になる部分もあります。

 

未経験から転職は可能だと安心してしまわず、勉強を始めるのであれば早い方がいいです。早く勉強を始めれば、その分ライバルよりも先に進めて優位に立てますまずは自分がプログラミングスクールで実際に勉強するにはどうしたらいいか検討しながら確認してみてはどうでしょうか。

 

今回紹介するプログラミングスクールの中でも特におすすめなのが、以下の3校です。どのスクールもプログラマーを目指すには十分な体制を整えているので、ぜひチェックしてみてください。

30代におすすめのプログラミングスクール3選

  1. 侍エンジニア塾|短期間で実践的なスキルが身に付く
  2. DMM WEB CAMP|最短3ヶ月でプログラマーに転職
  3. TechAcademy Pro エンジニア転職保証コース|オンラインに特化した学習環境