【2021年版】tech boost(テックブースト)の口コミ・評判は?料金も紹介

【2021年版】tech boost(テックブースト)の口コミ・評判は?料金も紹介 プログラミングスクール

「プログラミングスクールに通いたいが、どのスクールを選べば良いか分からない」

とお悩みの人もいらっしゃることでしょう。そこで今回の記事では、現役エンジニアから実践的なカリキュラムを学べることで評判のtech boost(テックブースト)を紹介します。

 

テックブーストを実際に利用した人の口コミや評判をもとに、メリットやデメリットを徹底解説。さらに、料金やカリキュラムから無料説明会の流れまで詳しくお伝えします。なお、『テックブースト』はオンライン・通学のどちらでもOK!

 

スマホやPCから1分でカンタンに申込が出来て、無料のカウンセリングやキャリア相談を受けられます。あなたも未経験からプログラミング学習を始められるので、以下のボタンをタップして申し込んでみてください。

今すぐテックブーストの無料説明会へ申し込む

 

【2021年版】おすすめプログラミングスクール20選!特徴や評判を徹底比較!」では、おすすめのプログラミングスクールを20校紹介しています。他のスクールについても知ったうえで比較検討したい人は、ぜひ併せてご覧ください。

 

tech boostの口コミ・評判から分かるメリット7選

tech boostの口コミ・評判から分かるメリット7選

実際にスクールに通っている人、卒業した人の声はプログラミングスクールを選ぶ上で参考になります。ここでは、テックブーストを実際に利用した人の口コミや評判から分かるメリットを7つ紹介します。

  • 目的に合わせて自由にカリキュラムを組める
  • 手厚いサポートを受けられる
  • お得な料金で転職支援まで受けられる
  • 最新技術を学べる
  • オンラインで質問できる時間が長いから、挫折しにくい
  • 実践的なスキルを身につけられる
  • tech boost主催の交流会で仲間ができる

順に詳しく見ていきましょう。

 

①目的に合わせて自由にカリキュラムを組める

「いくつかのプログラミングスクールの無料カウンセリングを受けましたが、tech boostにしました。メンターが現役エンジニアのみで、自分のオリジナルカリキュラムを組んでもらえるところが決め手でした。自分に合ったカリキュラムで学べるので、初心者ですが安心して取り組めます。」

 

テックブーストでは、スタンダードコース、ブーストコースともにオーダーメイド式のカリキュラムで一人一人の学習をサポートする体制が整っています。受講期間や取り組む内容についてメンターと相談して決めることができるので、自分のレベルに合わせて学ぶことが可能です

 

②手厚いサポートを受けられる

「メンターのサポートがとにかく手厚い。質問に対するメンターからの回答も質が高く、ただのマニュアル回答ではないです。全員現役エンジニアなだけあって現場ではこう、という話が聞けて良い。」

 

テックブーストはサポートが手厚いという口コミが多く見られました。特にメンターへの評価が高く、質問への回答も早いためすぐに疑問が解決できます。

 

③お得な料金で転職支援まで受けられる

③お得な料金で転職支援まで受けられる

「未経験から3ヶ月、テックブーストで頑張ったおかげでエンジニアとして転職が決まりました。他のスクールと比較してもお得な料金で、しっかり転職サポートをしてもらえて安心でした。」

 

テックブーストは転職支援を行っているプログラミングスクールとしてはお得な料金で通えます。それは入学金+月額料金という料金体系のためです。テックブーストの運営会社はエンジニア向けの転職支援も行っているので、充実した転職サポートを受けられます。

 

実は、プログラミングを学べるのは、プログラミングスクールだけではありません。職業訓練校でもプログラミングを学ぶことが可能です。しかし、実際には職業訓練校でプログラミングを学んでも転職まで至るケースは多くありません。

 

プログラミングを学ぶなら、テックブーストのように充実した転職支援が受けられるプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

 

④最新技術を学べる

「AIエンジニアを目指すため、テックブーストに決めました。最新技術を学べるから、どんどん成長できそう。」

 

テックブーストでは、ブロックチェーンやAI、IoTなどの最新技術を学べます。AIやブロックチェーンの技術を持ったエンジニアはこれからさらに需要が高まることが想定されています。学習後の転職時にも有利に働くでしょう。高単価の案件をフリーランスで受注するという未来もあり得ます。

 

⑤オンラインで質問できる時間が長いから、挫折しにくい

「質問対応時間も10:00〜22:00までと長いし、メンターからすぐに返信が返ってくるので勉強がはかどる。エラーが起きてつまずいた時にすぐ解決するから、嫌になって挫折することがない。」

 

テックブーストはオンラインで質問できる時間が10:00〜22:00までとかなり長いです。自分の都合に合わせて学習する中で、疑問点があればすぐに質問することができます。分からないままに学習を進めてしまうと挫折をしてしまいがちです。テックブーストであれば疑問をすぐに解消できるのでスムーズに学習を進められます。

 

⑥実践的なスキルを身につけられる

⑥実践的なスキルを身につけられる

「プログラミングは初心者だったけど、テックブーストでオリジナルアプリを作ったおかげで転職の面接でも自信を持ってアピールできました。実践的なスキルが身についたので、就職に繋がったと思います。」

 

テックブーストでは、カリキュラムの中にオリジナルアプリの開発が含まれています。経験のない初心者であっても、開発実習により実践的なスキルを身につけることが可能です実際に転職活動の際に目に見える形で自分のスキルをアピールする材料としても活用できます。

 

⑦tech boost主催の交流会で仲間ができる

「勉強会や交流会が頻繁に開催されているから、そこで同じ目標を持つ仲間を見つけることができます。かなりモチベーションアップにつながるので、参加することをおすすめします。」

 

交流会で同じくエンジニアを目指す仲間から刺激を受けることができる、といった声が多くあがっていました。一人での学習は挫折してしまいがちです。同じ境遇の仲間と直接交流できる場が設けられていることは嬉しいポイントです。

 

前述のように仲間と励まし合いプログラミングを学べることは、テックブーストのメリットであり魅力です。ぜひ下記よりテックブーストの無料説明会に申し込んでみてください。今すぐtech boostの無料説明会に申し込む

tech boostの口コミ・評判から分かるデメリット5選

tech boostの口コミ・評判から分かるデメリット5選

テックブーストには多くのメリットがあることが分かりました。しかし、一方でデメリットがあることも忘れてはなりません。ここからは、実際にテックブーストを利用した人の口コミ・評判から分かるデメリットを5つ紹介します。

  • オンラインでの質問は対応する担当者が日々変わる
  • 教室が渋谷校のみしかない
  • 転職保証がない
  • テキストが分かりにくい
  • 短期間の受講だと他のスクールに比べて料金が高い

1つずつ見ていきましょう。

 

①オンラインでの質問は対応する担当者が日々変わる

「日によって対応してくれるメンターさんが変わるので、合わない人だと質問しづらくて進まなかった。また、日を跨いでの質問になると、別の人に一からまた説明しなければならず面倒だった。」

 

テックブーストのオンラインでのメンターへの質問は、曜日や日によって担当者が変わります。質問の途中で担当が変わるのが困るといった声や、合わない人が担当の日は質問がしにくくて進まないといった声が見られました。

 

回答の質の違いもあるので、お気に入りのメンターを見つけたら担当の日を確認しておきましょう。

 

②教室が渋谷校のみしかない

「テックブーストに通学していたけど、教室が渋谷校のみで常に満室。仕事帰りに通うのも結構大変だった。もっと教室数を増やして欲しい。」

 

テックブーストのオフライン教室は渋谷校しかありません。東京にしか教室がないため、教室は常に満室とのことです。また、そもそも地方に住んでいる人や、都内に住んでいても通学の便が悪い人はオンラインしか利用できません。学習方法の選択肢が限られてしまうことはデメリットと言えます。

 

③転職保証がない

③転職保証がない

「テックブーストを受講したけど転職保証がないから、今後のキャリア形成がとても不安です。受講後に無職になってしまうかもと考えると、とてもつらい。」

 

テックブーストは、転職のサポートをしてくれるものの、必ず転職できる保証はありません。転職するという前提でテックブーストに通ったとしても、次のキャリアが必ず用意されているわけではないのです。

 

ただし、サポートは手厚く転職支援も充実しているので、今後のキャリアについて受講前に一度メンターへ確認してみると良いでしょう。

 

④テキストが分かりにくい

「テキストに書かれている内容が難しくて理解できない。受講初日から頭がパンクしそうで、せっかく受講したのについていけるかとても不安でした。でも、いつでも質問できる環境とメンターの丁寧な指導のおかげで少しずつ学習を進められています。」

 

口コミの中で、テックブーストはテキストが難しいという声が見られました。特にIT関連の知識が全くない人からの声が多かったです。IT関連の知識がない人にとって、テキストを見た時に難しいという印象を受けるのは、テックブーストのテキストだけではないでしょう。

 

テックブーストではオンラインで質問できる時間が長く、メンターのフォローも手厚いので、自分のペースで学習を進められます。はじめはテキストを見て難しいと感じても、分からないところは質問し、1つひとつ理解しながら進めていきましょう。

 

気付いた頃にはしっかりと自分の身についているはずです。

 

⑤短期間の受講だと他のスクールに比べて料金が高い

「入学金の高さにびっくりしました。さすがに10万円を入学金で支払うのは少々抵抗があります。」

 

テックブーストの料金に関する口コミを見てみると、若干評判が悪い傾向にありました。口コミの多くは、入学金が高いというものでした。テックブーストのコースは主に2つあり、安い方でも入学金が10万円以上かかります。

 

入学金だけで比較すると、一見他のプログラミングスクールよりも高い印象を受けます。テックブーストの受講料は、月額支払いで自分の希望に合わせてプランを選択できることが特徴です。入学した後は、自分の納得のいくまで月額の受講料を支払って通うことができます。

 

短期間の受講で考えると入学金の高さが目立つでしょう。しかし、長期間受講するとなると、全体的な料金は他のプログラミングスクールと変わらないと言えます。

 

料金の安さを重視し、短期間でプログラミングを学びたいなら、テックキャンプがおすすめです。テックブーストとテックキャンプは学べる内容が似通っています。同様の内容を短期間でお得に学ぶことができるでしょう。

 

tech boostは未経験でもエンジニアへ転職できるプログラミングスクール

tech boostは未経験でもエンジニアへ転職できるプログラミングスクール

ここまで、実際の利用者の口コミ・評判からテックブーストのメリットとデメリットをお伝えしました。お伝えしたメリットから、テックブーストは未経験でもエンジニアへ転職できるプログラミングスクールであると言えます。

 

ここでは、テックブーストの基本情報を交えながら、未経験でもエンジニアへ転職できる理由を解説していきます。テックブーストの運営会社や料金プラン、選択できる受講コースの詳しい内容を紹介するので、ぜひご参考にしてください。

 

tech boostが転職に強いのは、運営会社が転職支援会社だから!

テックブーストの運営会社は、「株式会社Branding Engineer(​ブランディング エンジニア)」という東京にある東証マザーズ上場企業です。プログラミングスクールを運営する一方で、エンジニアの転職を支援する事業も行っています。

 

テックブーストでプログラミングを学ぶと、無料でプロの転職支援も受けられることが大きなメリットです。ただし、テックブーストで行うのは転職支援のみで、転職保証はないことをしっかり理解しておきましょう。

 

tech boostの料金プランは?月額制で満足いくまで通える!

テックブーストの料金プランは以下の表の通りです。

コース スタンダードコース ブーストコース
基本月額料金 32,780円/月
入学金 126,500円 219,780円
教室利用 22,000円/月

【メンタリング費用】

4回/月 6回/月 8回/月
34,760円 52,140円 69,520円

※料金は全て税込です。

上記の中から自分の目標に合わせてコースとメンタリング回数を選択し、自由にプランを作成します。入学金はコースにより異なります。入学後の受講期間は、自分の学習するペースにより自由に決めことが可能です。月額制の受講料金を支払いながら、自分の納得のいくまで通い続けることができます。

 

目標や将来のビジョンについてメンターへ相談することにより、学習プランの提案も受けられます。ぜひ自分に合ったプランを検討してみてください。

 

tech boostの学習スタイルは?オンラインと教室から選択可能!

tech boostの学習スタイルは?オンラインと教室から選択可能!

テックブーストでプログラミングを学ぶ方法は、「オンライン」と「教室への通学」の2つの方法があります。それぞれの学習スタイルのメリットとデメリットを以下で順に詳しく解説します。自分に合う学習スタイルはどちらか検討してみてください。

 

オンライン

オンラインで学ぶ最も大きなメリットは、パソコンとインターネット環境さえあれば全国どこからでも受講できることです。地方に住んでいて通学が難しい人や、自宅やカフェなど自分の気に入った場所で学習したい人におすすめです。

 

また、自分の好きな時間に学習できるので、忙しい人や自分のペースで学習したい人にも向いています。通学にかかる時間や費用が節約できることも嬉しいポイントです。一方、オンラインでの学習は、挫折しやすいというデメリットがあります。

 

しかし、テックブーストはオンラインで質問できる時間が長いことに加え、講師のサポートも手厚いと評判です。オンライン学習に最適な環境がそろっているテックブーストなら、オンラインでも挫折せずに学習を進めることができるでしょう。

 

教室

教室へ通学しプログラミングを学ぶメリットは、挫折しにくいことです。講師と対面し直接授業を受けられ、分からないことがあればその場ですぐに回答を得られます。また、教室には同じ目標を持った仲間が多く集まっています。仲間と競争をしたり、時に困難な課題を協力して解決したりすることが可能です。

 

メンターと直接対面して授業を受けたい人や、他の受講者と切磋琢磨しながら学習したい人に向いています。ただし、テックブーストの教室は現在、渋谷校1校のみしかないことを覚えておきましょう。

 

tech boostのコース2つを紹介!

テックブーストには、スタンダードコースとブーストコースという2つのコースがあります。コースによりカリキュラムの内容が異なります。ここでは、2つのコースの特徴と違いをお伝えします。

 

スタンダードコース

スタンダードコースは、端的に言えば基礎コースです。主にカリキュラムに沿って一般的なWebアプリケーションの作成を行い、基礎的な技術や知識を学んでいきます。プログラミングに触れて、プログラミングとはどのようなものかを知ることが可能です。

 

プログラムに関する知識がない未経験の人向けのコースです。料金は手軽なものの、本格的にエンジニアを目指したい人にとっては少し物足りないかもしれません。

ブーストコース

ブーストコースは、応用コースです。プログラミングに関する基本的な知識や技術の周到に加えて、オリジナルのWebアプリケーションを作成することが目標です。オリジナルのWebアプリケーションを作成する過程で、実践的な技術を学べます。

 

ブーストコースのアプリ開発は、要件定義フェーズから経験できます。要件定義とは、アプリの仕様や搭載する機能をクライアントとすり合わせる、開発プロジェクトにおける上流フェーズです。

 

企業に所属している新米エンジニアは一般的に、下流工程であるテストやコーディングからキャリアをスタートします。そして徐々に設計や要件定義などの上流フェーズへとステップアップしていきます。

 

しかし、テックブーストでは中堅以上のエンジニアが担当するようなフェーズを経験できるため、貴重な経験と言えるでしょう。スクール生時代からアプリ開発の一連フェーズを経験したことは就職、転職活動において大きな武器となります。

 

完成したオリジナルのWebアプリケーションは、自分の実績として転職活動の際のアピールポイントにすることが可能です。エンジニアとしての本格的な転職や、フリーランスとしての起業を目指している人におすすめです。

 

tech boostのカリキュラム3つを紹介!

テックブーストでは以下の3つのタームによるカリキュラムをベースに、プログラミング教育を行っています。

  • ベーシックターム
  • ディベロップターム
  • イノベーティブターム

3つのタームは、いずれもプログラミングを習得するうえで重要な工程です。1つずつ見ていきましょう。

 

①ベーシックターム

ベーシックタームは、文字通り基礎的な内容を学ぶタームです。主にHTMLやCSSといったスキルの他、データベースの理論やRuby、PHPといった言語も選択して学べます。期間は6週間です。

 

初心者が上記全ての言語を6週間でマスターすることは正直難しいでしょう。しかし、マスタープログラミングに関する基礎知識を身につけることで、次のターム以降での技術や知識の習得をスムーズに行えるのです。

 

②ディベロップターム

ディベロップタームは、実践編のカリキュラムと言えるでしょう。次の4週間でオリジナルのWebアプリケーション開発を通じて、実際の業務で必要なスキルを習得していきます。アプリケーションの立案からデータベースの設計など、Webアプリケーション開発に関わる一連の流れを体験するタームです。

 

簡単なアプリケーションでも、自分で全て作り上げる経験は大きいです。書籍を読み込むよりもはるかに深い知識をつけたり、濃い経験ができるでしょう。現役のエンジニアのサポートがあるため、挫折することはほぼないと言えます。

 

このタームで開発したWebアプリケーションは自分のポートフォリオとして転職活動の際にアピールすることができます。

 

③イノベーティブターム

イノベーティムタームは、近年のトレンドとなっている最新技術を学ぶタームです。ブロックチェーンとIoT、AIの3つの分野から選択して専門的に学習をしていきます。期間は2週間です。ブロックチェーンを集中的に学べる環境はそう多くはありません。

 

ブロックチェーンは近年注目の集まっている技術のため、知識を身につけておけば役に立つタイミングがきっと来ることでしょう。AIやIoTは現在さまざまな分野に応用され始めている技術です。コーディングができるレベルまで達しているエンジニアはまだ多くはないため、ここでスキルを身につけておけば強い武器となるでしょう。

 

学ぶ内容は各分野の基礎的なものですが、実際の現場でも活かすことができる貴重な知識です。

 

tech boostでは、AIやブロックチェーンなど最新技術も学べる!

tech boostでは、AIやブロックチェーンなど最新技術も学べる!

前述の通り、テックブーストではAIやブロックチェーンといった最新の技術を学べます。ここでは、テックブーストで学べる「AI」と「ブロックチェーン」とはどのようなものか説明します。「AI」は人間のようにふるまうコンピュータープログラムです。

 

人間のように様々な状況を判断し柔軟な対応ができるプログラムの開発方法を学べます。「ブロックチェーン」は、データ管理の技術です。一か所にデータを集めるのではなく、ユーザー同士でデータを共有することにより、データの改ざん防止が可能です。

 

仮想通貨もブロックチェーンを利用しています。送金システムのみでなく、経済に関わる様々なシステムへの応用が期待されている技術です。最新技術に関する知識を身につけておくことにより、エンジニアとしての価値が高まります。転職活動の際にも有利となる可能性が高いので、積極的に学びましょう。

 

tech boost卒業後の就職先は?将来的にフリーランスも目指せる

tech boost卒業後の就職先は?将来的にフリーランスも目指せる

転職に強いと言われているテックブーストでプログラミングを学ぶと、卒業後はどのような企業へ就職することができるのでしょうか。ここでは、テックブースト卒業後の就職先や、実際にテックブーストでプログラミングを学び転職に成功した人の体験談を紹介します。

 

tech boost卒業後の就職先は、SE企業が7割を占める

tech boost卒業後の就職先は以下の通りです。

  • SE企業:70%
  • 受託開発企業:20%
  • 自社開発企業:10%

SE企業が7割を占めています。SE企業とは、クラアントのニーズを聞き、情報システムの開発をする企業のことです。SE企業ではコードを書くだけでなく、設計や要求分析なども行う必要があります。

 

テックブーストではWebアプリケーション開発を通じて、企画立案や設計を行う思考力も養えます。SE企業でも即戦力として活躍することが可能です。上記の企業に勤務して実績を積めば、将来的にはフリーランスとして活躍できるエンジニアへ成長することもできるでしょう。

 

tech boostで転職に成功した体験談を2つ紹介

ここからは、テックブーストの公式サイトに掲載されていた利用者の体験談を2つ紹介します。いずれも実際にテックブーストを利用して、未経験から転職に成功したケースです。以下で順に見ていきましょう。

 

教育業界からIT業界への転職に成功した小田島さんの体験談

縮小していく教育業界で営業の仕事を続ける中で、作る側に回りたいという気持ちをもち、今大きく伸びているIT業界に興味を持った小田島さん。

 

未経験ながら複数企業からエンジニアとして内定をいただき、現在はサーバーサイドの運用保守業務や、APIの作成などを行なっています。エンジニアは場所や時間に縛られず、好きな働き方が選択できる仕事。

 

将来は地元の福岡にいながら、東京や海外で仕事をしたいと考えているそうです。

教育業界からIT企業に転職した小田島さんは、未経験でありながら複数企業からエンジニアとしてのオファーをもらうまでに成長しました。テックブーストの実践的なカリキュラムが実を結んだと言えるでしょう。

 

憧れからプログラミングを学び有名IT業企業への転職に成功した山下さんの体験談

漠然とWeb業界に憧れを抱いていた山下さん。現在は、法人向けサービスのRailsエンジニアをしています。「勉強=仕事」の毎日でとても大変ですが、ユーザーからの反応やサービスの向上がモチベーションの維持につながり、やりがいにあふれた毎日を過ごしているとのこと。

 

また、仕事とプライベートとのバランスも取れるようになり、週4でテニススクール、毎週日曜日のソフトボール、日帰りドライブ、御朱印集めなど、趣味にも没頭でき、充実した毎日を送っているそうです。

テックブーストのカリキュラムの修了後に法人向けのRailsエンジニアに転職した山下さん。新しい知識や技術の吸収が大変とのことですが、テックブーストでの学習習慣が生かされ、プライベートにも余裕が生まれています。仕事もプライベートも充実しているようです。

 

テックブーストは転職に強く、転職後も活かせるスキルを身につけられるので、下記のボタンよりぜひ無料説明会に申し込みましょう。

今すぐtech boost の無料説明会に申し込む

 

tech boostの転職サポートの特徴

テックブーストの転職支援には以下のような特徴があります。

  • 運営会社が転職支援や独立支援サービスを展開している
  • 30代でも転職支援を利用できる

テックブーストの運営会社は、TechStarsやMidworksといった転職・独立を支援するサービスを展開しています。転職またはフリーランスのどちらを目指すにしても、各サービスのプロのエージェントから手厚い支援を受けることができるのです。エンジニアに特化したサポートを受けたい人には大きなメリットと言えるでしょう。

 

多くのスクールでは、20代しか転職支援を受けられないことがありますが、テックブーストはそうではありません。年齢制限が設定されていないため、30代でも問題なく支援を受けることが可能です。

 

tech boostでの学習の流れ

tech boostは、入学後以下のような流れで学習を進めます。

  1. カウンセリングとカリキュラムの作成
  2. オンライン教材での自主学習
  3. 週1回のメンタリング

tech boostではまず、入学後にカリキュラム作成のためのカウンセリングを行います。プログラミング歴や、どのような物を作りたいかなどをヒアリングされ、それぞれに適した学習プランが提示されます。次に作成したカリキュラムを基に、オンライン教材を使って自習を行い、メンターからの課題に取り組むのです。

 

課題は毎週のマンツーマンレッスンで与えられ、出来次第提出することでその都度フィードバックがもらえます。週1回、専属メンターとのメンタリングがあり、ここで学習の進捗状況などのチェックを行います。時間は60~90分でしっかりと質疑応答の時間もあるので、疑問や悩みなどを解決でき、学習を継続しやすくなるでしょう。

 

tech boostのカリキュラムでエンジニアになれる理由3選

tech boostのカリキュラムでエンジニアになれる理由3選

卒業生の体験談からも分かるように、テックブーストのカリキュラムを使って学習すれば、実際の現場でも活躍できるエンジニアになることが可能です。主な理由としては、以下の3つが挙げられます。

  • 勉強時間は約300時間!目的に合わせて自由にカリキュラムを組める
  • オリジナルアプリ開発で実践的なスキルを身につけられる
  • 現役エンジニアによる指導を受けられる

順に詳しく確認していきましょう。

 

①勉強時間は約300時間!目的に合わせて自由にカリキュラムを組める

テックブーストが目安として提示しているプログラミング学習に必要な勉強時間は、約300時間です。300時間の中でベーシックタームとディベロップタームの学習を終えることを目標としています。未経験でも基本的な知識の習得だけでなく、実践的なWebアプリケーションの開発まで完了できるよう、メンターが手厚くサポートします。

 

学習を進めるペースは個人のライフスタイルやスキルに合わせて調整することが可能です。300時間の学習時間の中でどのタームにどれくらいの時間をかけるのか、メンターと相談しながら決めることができます。

 

②オリジナルアプリ開発で実践的なスキルを身につけられる

ディベロップタームで行われるWebアプリケーション開発は、テックブーストでプログラミングを学ぶ大きなメリットです。実際にオリジナルのWebアプリケーションを開発することで、実践に役立つスキルを身につけられます。Webアプリケーションの企画から設計、開発と一連の流れを体験することが可能です。

 

一連の工程を経験することにより、思考力や問題解決能力が身につきます。現場で役立つスキルを身につけられるので、実際に転職した後もスムーズに業務をスタートできるでしょう。さらに、開発したWebアプリケーションは自分の実績として転職活動時にアピールできることも嬉しいポイントです。

 

③現役エンジニアによる指導を受けられる

③現役エンジニアによる指導を受けられる

テックブーストの受講者を指導するメンターは、全員が現役エンジニアです。一般的なプログラミングスクールでは、メンターがスクール専属の職員であるケースも多いです。

 

一方、テックブーストのメンターは全員がエンジニアとして現場で活躍しているスタッフなので、実践的な指導を受けられます。現場の様子を肌で感じさせる指導により、就職後もスムーズに業務に取り組めると評判です。

 

tech boost無料説明会への参加の流れを3つのステップで解説

tech boost無料説明会への参加の流れを3つのステップで解説

テックブーストでは無料説明会を実施しています。ここでは無料説明会への参加の流れを3つのステップに分けて解説します。

  1. 公式HPから無料説明会への申し込みを行う
  2. 受信した確認メールより参加希望日時を選ぶ
  3. 無料説明会へ参加する

テックブーストでプログラミングを学んでみたいと思った人は、まずは無料説明会へ参加してみましょう。

 

①公式HPから無料説明会への申し込みを行う

テックブーストの無料説明会に参加するには、まずテックブーストの公式HPへアクセスします。公式HPのトップページにある「無料説明会はこちら」をクリックし、画面の説明に沿って必要事項を入力しましょう。

 

入力する項目は氏名とフリガナ、電話番号、メールアドレスです。入力したら個人情報の取り扱いについて同意し、「申し込む」をクリックすれば申し込みは完了です。わずか1分ほどで簡単に申し込みを完了することができます。

 

②受信した確認メールより参加希望日時を選ぶ

無料説明会への申し込みが完了すると、入力したメールアドレスにメールが届きます。メールに記載されているURLをクリックしましょう。クリックすると、無料説明会を受ける希望時間を選択する専用ページが開きます。自分の都合の良い日時を選んでください。ここまでで、無料体験会の予約は完了です。

 

③無料説明会へ参加する

③無料説明会へ参加する

無料説明会への予約が完了したら、後は当日に無料説明会へ参加するだけです。会場に行かなくても、オンラインで無料説明会に参加することができます

 

オンラインで参加する場合は、Whereby(ウェアバイ)というオンライン会議サービスを利用します。ブラウザで開くだけで迅速に映像と音声がつながる便利なツールなので、難しい設定は必要ありません。

 

tech boost無料説明会の流れを5つのステップで解説

tech boost無料説明会の流れを5つのステップで解説

テックブーストの無料説明会ではどんなことが行われるのか気になっている人もいらっしゃることでしょう。ここでは、テックブーストの無料説明会の流れを5つのステップに分けて解説します。

  1. アンケートに答える
  2. ヒアリングを受ける
  3. 現役エンジニアからエンジニア業界についての説明を聞く
  4. 自分に合うカリキュラムについて提案を受ける
  5. 疑問や不安を解消する

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

①アンケートに答える

無料説明会へ参加し、最初に行われることはアンケートです。無料説明会へ参加しようと思ったきっかけや、将来どんな風になりたいかなど、気軽に答えられる内容です。深く考えずに、自分の思ったことをテンポよく回答していきましょう。無料説明会の緊張をほぐすための目的だと思っても良いかもしれません。

 

②ヒアリングを受ける

アンケートの記入が終わったら、次はヒアリングです。ヒアリングでは、そもそもプログラミングを学ぼうと思ったきっかけや今の仕事、転職理由などを聞かれます。ヒアリングの内容をもとに、テックブ―ストでプログラミングを学習する際のカリキュラムをメンターが検討してくれます。

 

話せる範囲でできるだけ詳しく話しておくと良いでしょう。メンターと話しながら自分の目的を明確化したり、学ぶ理由を改めて理解したりできる良い機会です。

 

③現役エンジニアからエンジニア業界についての説明を聞く

③現役エンジニアからエンジニア業界についての説明を聞く

無料説明会では、メンターがエンジニア業界について詳しく説明をしてくれます。テックブーストのメンターは全員が現役エンジニアです。実際に現場で働いている現役エンジニアだからこそ分かる貴重な話を聞くことができます。具体的には、業界の展望や現場で求められている人材についてです。

 

無料説明会で現役エンジニアの話を聞くことにより、エンジニアを目指すうえで目標とすべきことがより明確になるでしょう。不安をあおるのではなく、現場で求められている知識やスキルを身につけることでどれほど活躍できるかといったポジティブな話もしてくれます。

 

説明を行うメンターが実際の現場で今も活躍しているため、現実味があり参考になる話ばかりです。

 

④自分に合うカリキュラムについて提案を受ける

先ほど行ったヒアリングをもとに、メンターから自分に合うカリキュラムの提案を受けます。テックブーストは基本的に自分で自由にカリキュラムを選択することが可能です。メンターから提案を受けることにより、効率的に学習を進めることができ、目標により早く近づくことができるしょう。

 

もちろん提案に対して自分の意見を述べ、より最適なカリキュラムに変更することもできます。メンターとよく話し合って、自分にピッタリなカリキュラムを作りましょう。

 

⑤疑問や不安を解消する

無料説明会の最後には、疑問や不安を解消する質疑応答の時間が設けられています。あなたが抱えている不安やテックブーストを利用するうえで確認しておきたいことを素直に伝えましょう。あなたの質問や疑問に対してメンターが丁寧に回答やアドバイスをしてくれます。

 

最終的にテックブーストを今後受講するかという質問もありますが、必ずしもその場で決める必要はありません。何でも自由に話せる雰囲気なので、プログラミングや将来の展望について不安なことは、この機会に全て解消しましょう。

 

まとめ:tech boostはオンラインでも未経験からエンジニアを目指せる

まとめ:tech boostはオンラインでも未経験からエンジニアを目指せる

引用元:tech boost公式HP

テックブーストは、現役エンジニアから実践的なカリキュラムを学べるプログラミングスクールです。教室は渋谷校1つのみですが、オンラインで学習できるため、全国どこからでも受講することが可能です。

 

質問できる時間が長く、第一線で活躍する現役エンジニアから、手厚いサポートが受けられるのでオンラインでも挫折しにくいと評判です。Webアプリケーションの作成がカリキュラムに含まれているので、現場で役立つ実践的なスキルを習得できます。

 

運営会社は転職支援事業も行っている会社なので、無料で転職支援が受けられることも魅力です。ただし、転職保証はないので注意しましょう。

 

テックブーストの無料説明会では、IT業界の展望や現場で求められている人材について貴重な話を聞くことができます。また、メンターにプログラミング学習や将来についての相談を行うことも可能なので、下記のボタンよりぜひ無料説明会に申し込んでみてください。

今すぐtech boostの無料説明会に申し込む